シングルマザーの仕事選び。

お子さんのいるママさんはお仕事選びに苦労することがあります。

シングルマザーの方はどうでしょうか。

困った経験があるママも多いのではないでしょうか。

約30年前と現在の社会の違い

私の母親の時代のお話です。

あの頃は女性が働くということが難しい時代だったそうです。

小さい子供がいるというだけで断られることはとても多く、私の母親は子供が熱を出して休むことが多い時期に辞めさせられたこともあるそうです。

その経験もあったので、下の二人は履歴書に書かずに働いていたこともあります。

保育園はというと待機待ちがほとんどない状態で、なんと生後1か月から預かってくれたそうです。

それも、産後2週間からは仕事に戻らなければならなかったと言います。

今では考えられませんね。

事故などもあり見直され現在は認可園は生後6ヶ月からの保育開始で保育人数も決まっています。

無認可はまだゆるいところもありますが。

現在はシングルマザーを雇用すると会社側に手当が入るという取り組みもあります。

シングルマザーが働きやすくなるようにと

国が少しずつ動いてきてますね。

仕事選びで困ったこと

小さい子供がいるママさんが仕事を始めたい時や転職をしたい時に聞かれるのが

「子供が病気になった時にはどなたか預かってくれる方はいますか?」

というものです。

私の場合、預かってくれる人はいません。

これは離婚する前もそうでした。

「親に預けられないの?」

と聞かれたことも何度もあります。

私の両親も仕事をしているので預かってもらうことは出来ないのです。

預かってくれる人がいなければ勤務時間や休みも重要。

子供が学校お休みの時は休まなければなりません。

ではどんな職場を選べばいいの?

これは一人一人違いますが、一番は

子供がいても理解してくれる会社、またはあなた一人が休んでも支障のない会社です。

子供がいるということで首をかしげるような会社では自分も子供も犠牲になります。

あなたが休んでしまうと仕事が進まないような役割のある仕事もそうです。

あまり風邪をひかなくなる子供の年齢はだいたい幼稚園生ごろですよね。

それまではやはり子供優先のお仕事の選び方をする方がママにとってもストレスは軽減されるかと思います。

最後に。時代は変化しています。

子供の成長とともにライフプランを変容するのもいいことですよ。

次回は本当にやりたい仕事に就けない、今の仕事を辞めたいけど現在の仕事以外に経験がないから動くことに抵抗がある、継続は力なりと思っているあなたへのための記事を。

ピックアップ記事

  1. コンサルタントの財布にならないように
  2. クリエイター(起業家)の勇気
  3. 楽しい時間の罠
  4. パレートの法則を崩す方法
  5. シングルマザーの仕事選び。

関連記事

  1. 公務員の話

    公務員の年収は多い?少ない?

    さて「公務員の給与は高い」となんとなく認識してませんか?だから…

  2. お金の話

    「ハロウィンの仮装などにお金がかかるのが残念」が1位。お金の流れが悪い人へ。

    ハロウィンにちなんだお金のお話。それからお金というエネルギー、…

  3. 公務員の話

    私の「公務員の志望動機。」

    密かに好評のこの「公務員」シリーズ。自身の経験からこれから…

  4. 公務員の話

    公務員、「求められる能力」と「志望動機」のギャップ。

    「公務員になりたい」と公務員を志望する人は「給料が安定…

  5. 公務員の話

    公務員の競争率は高いけど、「人材不足」。

    公務員の仕事の概要の記事です。「予算」は「粘土」で「政…

人気の記事

  1. コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる
  2. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…
  3. 本当の「モテるファッション」の選び方
  4. 好きな色も生かしてパーソナルカラー(似合う色)とうまく付き合…
  5. センスがないは勘違い! ファッションセンスを磨くためにするべ…

ピックアップ記事

  1. シングルマザーの仕事選び。
  2. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  3. ASKAのようになろう
  4. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  5. メルマガ購読のやめ時
PAGE TOP