「ハロウィンの仮装などにお金がかかるのが残念」が1位。お金の流れが悪い人へ。

ハロウィンにちなんだお金のお話。

それからお金というエネルギー、流れのお話。

明日、2016年10月31日はハロウィンですね。

日本でもハロウィンが定着してきました。

10月に入るとあちらこちらでイベントが開催されていて仮装している人もちらほら。

街はお祭り騒ぎですね^^

ハロウィンで残念に思うところ1位はお金がかかるところ

株式会社マンダムが行ったインターネット調査ではお金がかかることが残念という人が多数だったそうです。

近年では仮装もみなさんクオリティーが高いですよね。

沖縄では北谷町で毎年ハロウィンの仮装コンテストが開催されています。

外国人が多い街なので余計にクオリティーが高い。

さらに、マンダムが行った”ハロウィンはどこまで仮装しますか(してみたいですか)”というアンケートでは

コスプレ(普段着・街着で再現できる程度)57.5%

本気のコスプレ(専門の衣装やかなり手を加えたもの)32.4%

となっていて、どうせやるなら思い切り楽しみたい!

という人が多いようです。

そうなると、衣装などにお金がかかってしまいますね。

お金をかけずに手作りで楽しむ方法もあります。

クリスマスも近いのでイベントごとはInstagramで検索するとみんなの仮装やアイディアが見れて参考になるし、楽しいですよ^^

お金のお話

さて。お金のお話に移りましょう。

お金がない、お金を受け取れない、という悩みをよく聞きます。

そういう方は、お金を使うとなくなると思っています。

まず、お金とは流れなのでなくなることはないです。

もう少しいうとお金はただの紙幣(物質)だと理解していると限りがある(有限)ということなので、流れをせき止めてしまい、増えません。

お金は半分エネルギーであり、半分物質です。

エネルギーの流れは目に見えないので「無限」なのです。

その昔人類は物と物を交換していました。

一生懸命育てた野菜やお米と、一生懸命育てた豚を交換するということは育てるときに費やしたエネルギーが入っていますよね。

それが目に見えないエネルギーです。

お金を使うとき、貰うとき、エネルギーも一緒に流れています。

必要なことに気持ち良く使う、貰う

お金は流れだからといって、不必要なものに使うのではなく自分にとって必要な物に使うことです。

お金の流れが悪い人は、働いても働いても追いつかない状況になります。

流れを知っている人は、もし手元になくなっても自分に必要な金額は入ってくるのです。

流れを知っている人は、自分の身になることに

お金を使っていくので今後に繋がり戻ってきます

別の方向から来ることも多くなります。

ハロウィンの仮装などイベント事にお金をかけるなら本気で楽しむといいと思います^^

気持ち良く使えないなら、「物質」と捉えていることになりますから。

ピックアップ記事

  1. クリエイター(起業家)の勇気
  2. メルマガ購読のやめ時
  3. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  4. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  5. 楽しい時間の罠

関連記事

  1. 公務員の話

    私の「公務員の志望動機。」

    密かに好評のこの「公務員」シリーズ。自身の経験からこれから…

  2. 公務員の話

    公務員の競争率は高いけど、「人材不足」。

    公務員の仕事の概要の記事です。「予算」は「粘土」で「政…

  3. 公務員の話

    公務員試験の日程が始まる前に電話をかけて話を聞こう。

    前回の記事に正に、公務員の人事をやっていた方から「私も公務員の…

  4. シングルマザー

    シングルマザーの仕事選び。

    お子さんのいるママさんはお仕事選びに苦労することがあります。シ…

  5. お金の話

    コンサルタントの財布にならないように

    当然ですが、人には問題や欲求があります。で、その問題や欲求とい…

  6. シングルマザー

    沖縄の離婚率は高い。が、スタートでもある。

    沖縄は離婚率が高いとよく言われますが私もその一人です。若い時に…

人気の記事

  1. 自己肯定感とファッションの関係
  2. ”やるかやらないか”自己啓発と決別する日
  3. 超絶ヤバいビーバーの鳴き声を収入に変える方法
  4. ユダヤでは、妊娠40日までは堕胎してもよい
  5. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…

ピックアップ記事

  1. 農家も武器を持とう
  2. 楽しい時間の罠
  3. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  4. シングルマザーの仕事選び。
  5. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
PAGE TOP