公務員試験の面接対策では、まず「過去を書き出す」をしました。

公務員試験対策の内容で一番苦痛だった「面接」の話をします。

公務員試験に限らず、面接はあります。

参考にしてみてください。

「面接」が死ぬほど嫌い

私は「面接」が死ぬほど嫌いでした。

理由はいくつかあります。

・何を話していいかわからない。
・自分にはPRできるものが無い。
・質問にうまく答えられるかわからない。
・志望動機が「給料・安定」。

などなど
落ちそうな要素満載だったから。

「ちゃんとした社会人の人と話す」って怖かったんです。

しかも「試験」。

試されるというプレッシャー。

「書くだけ」のテストと違って対面で。

「ちゃんとした答え」があるわけでもないし。

全然やる気が起きなかった。

そして何より「自分には何も無い」ってことを再認識しなきゃいけない気がしてすごく怖かった。

しかし試験であるので全然やりたくなかったけどやりました。

面接対策で、まずやったこと

部活もしてないしバイトも少ししかしてないしサークルもバンドしてただけだし学業は授業ほぼ身になってなかったし(評価はほぼ「可」)ボランティアもして無いし留学もして無い。

書店員の時もイノベーション起こしたわけでは無いし

とにかく自慢できることが無い。

さぁどうするか。

それでもウソはつきたくなかったし「今までの過去」で勝負するしか無いのはわかってたのでとりあえず「過去を振り返る」をやってみました。

そして数少ない褒められたことやサークルでのイベントでやったこと書店員の時にやったことひとつひとつ「書き出す」ってことをしてみました。

「なんにもない」と思っても何かやってる

いろいろ書き出してみると「いちいち言うほどの自慢では無いけど価値になるかもしれない」ってことが浮かんできました。

「サークルのイベント時パンフレットとか作るチームでやったこと」とか「書店員の時に1日必ず1枚はPOPを書いていた」とか「売り上げが上がるように工夫した」とか。

「面接でのPR」というと「何かの大会で優勝した」とか「ボランティアに行った」とか「アメリカに留学した」とかの実績が無いとダメだと思いがちですが「自主的にやった工夫」で十分です。

むしろ「一緒に働く人を決める側」からすると「優勝」とかより「自分で考えて動けるか」とそっちの方が重要です。

そして「自分にはなんにもない」と思っても何かしら工夫しています。

覚えてないだけです。

「いちいち自慢するほどのことでは無い」だけです。

そうやって私は過去を振り返って「自分のした工夫」を整理してPRしました。

志望動機は相変わらず「給料・安定」だったので緊張でゲロ吐きそうになりながら商工会に電話してアポ取って仕事内容を聞かせてもらいました。

そこで「おもしろそうな部分あるな」と思いました。

「会員さんの売り上げを上げる手伝い」をするというところ。

そして面接の日。

面接は緊張しました。

が私は200人近く受けた受験者の中から採用されました。

 まずは書き出してみよう

私はこの時に「書き出す」ってことの重要性を知りました。

だって「なにもない」と本気で思っていた「私の過去」は1ミリも変わっていません。

「書き出し」をして「再認識した」だけです。

そしてPRポイントを見つけて足り無いところがあれば(私は志望動機が足りなかった)埋める努力をする。

私は電話がすごく苦手です。

でも「何のためにする努力か」(足りない志望動機のため)と「これを乗り越えれば何があるか」(採用が近づく)がわかれば苦手な電話もする気になりました。

「自分には何もない」を再認識するのがこわくて苦手だった面接。

やってみると「意外とやるじゃん」と少し自信が持てましたよ。

採用されたので「価値があるんだ」と強く認識できたし。

採用されなくても「自分が思ってるほど何もないことはない」が認識できたと思うし。

面接試験の予定がなくても「書き出す」のはオススメです。

「価値を発見する」にはまず「書き出す」からはじめましょう。

すると

見えてくるものがありますよ。

The following two tabs change content below.
売上を上げるパンクバンド「ザ・電撃パンクゾンビーズ」です。

ピックアップ記事

  1. コンサルタントの財布にならないように
  2. メルマガ購読のやめ時
  3. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  4. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  5. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒す秘密の質問方法

関連記事

  1. 公務員の話

    公務員、「求められる能力」と「志望動機」のギャップ。

    「公務員になりたい」と公務員を志望する人は「給料が安定…

  2. お金の話

    「ハロウィンの仮装などにお金がかかるのが残念」が1位。お金の流れが悪い人へ。

    ハロウィンにちなんだお金のお話。それからお金というエネルギー、…

  3. 公務員の話

    公務員試験の日程が始まる前に電話をかけて話を聞こう。

    前回の記事に正に、公務員の人事をやっていた方から「私も公務員の…

  4. 公務員の話

    公務員の年収は多い?少ない?

    さて「公務員の給与は高い」となんとなく認識してませんか?だから…

  5. シングルマザー

    シングルマザーの仕事選び。

    お子さんのいるママさんはお仕事選びに苦労することがあります。シ…

  6. シングルマザー

    沖縄の離婚率は高い。が、スタートでもある。

    沖縄は離婚率が高いとよく言われますが私もその一人です。若い時に…

人気の記事

  1. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話
  2. 年収は出逢いのクオリティに比例する
  3. 脱若作り! 年齢を重ねても若々しく見えるために必要なこと
  4. コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる
  5. お見合いはどんな服装で行くのが正解?

ピックアップ記事

  1. シングルマザーの仕事選び。
  2. 楽しい時間の罠
  3. パレートの法則を崩す方法
  4. 農家も武器を持とう
  5. コンサルタントの財布にならないように
PAGE TOP