私の「公務員の志望動機。」

密かに好評のこの「公務員」シリーズ。

自身の経験からこれから進路を決める人や転職を考えてる人に参考になればと思い書いています。

過去記事はこちら↓

さて今回は「志望動機」について。

公務員志望者の「志望動機」はウソだとみんな分かってる。

志望動機の欄や面接で志望動機を聞かれて

「給料が安定してるから」
「定時で帰れるから」
「地元を離れたくないから」

という人はいません。

いませんがゼロなわけありません。むしろ9割これです。

なのに

「自身の◯◯な経験を通じて公務員の重要性を感じ、働きたいと思いました」

と言います。

面接官もバカじゃありません。

それがウソかどうかぐらい分かります。

でも書かなければならない。

面接で言わなければならない。

「志望動機」は自分と向き合わないと出てこない

筆記試験は「解き方」があるんです。

だから「解き方」を勉強さえしておけば考えなくてよかった。

ここでいう「考える」っていうのは「自分自身と向き合う」ってこと。

私はこれが大の苦手でした。

「なんでこの仕事をやりたいのか」
「なんでこう思ったのか」
「本当にやりたいことってなんなのか」

いろいろ考えなくちゃいけない。

しかも「答えが無い」。

「なんのために考えなきゃいけないのか」すら自分で見つけなきゃいけない。

めんどくさいんです。

しかも自分と向き合っても出て来るのは「公務員になりたいわけじゃなくて地元で給料安定してて休日があればそれでいい」という「本音」しかでてこなかったから。

;

それでは受かるわけないとわかってた。

だからと言って

「地元の子どもたちが減ってお年寄りが多くなり昔ほど活気がなくなっていることに問題を感じ公務員だからこそできることが多くあるので志望しました」

なんて思ってもないことを話しても絶対ばれるとわかってたから。

ウソだとわかってることをちゃんと話す自信もないし。

「志望動機」は「自身の経験からくるモノ」でないとリアリティはないし。

例えば何かの災害にあった人が志望動機を聞かれて

「災害があった時に、市役所の役割の重要性について感じた」

とかなら、本当のことだと思う。

でも私には「公務員になりたいと思った体験」なんて1ミリもありませんでした。

どうしていいかわかりませんでした。

「志望動機」は働いてる人に聞こう。

そこに働いてない自分がいろいろ考えるよりも「実際に働いてる人が感じるやりがい」を聞いてそこに共感できるかどうかが私には、とても参考になりました。

でも「公務員がどういう仕事をしてるのか」の説明会って無い。

就職説明会も無いし職場体験なんて無い。

「どうやったら受かるのか」はみんな教えてくれるけどそれに対して「公務員の仕事の素晴らしさ」を語る人は圧倒的に少ない。

でもいないわけじゃない。

だから自分が働きたい場所に話を聞きに行くってのがとても重要になってくる。

人は自分からは話しませんがちゃんとこちらが理由を説明して聞くと割りと答えてくれます。

私の志望動機

私が試験要項に入ってないのに電話でアポをとって仕事内容を聞きに行った商工会で

「どんな時にやりがいを感じますか?」

っていう質問の答えで

「自分が勉強したことが会員さんの役に立てた時」

ってのはなんかスッと腑に落ちました。

私はそれまで「自分のための勉強」しかしてこなかった。

「高校受験のため」
「大学受験のため」
「就職活動のため」。

「なんのために勉強するんだろう」って問いもそばに放置していた。

「自分で考える」のが大の苦手だったから。

でもその時

「自分で勉強したことで誰かの役に立てるってのは嬉しいだろうな」

って思ったんです。

それ以前に働いてた遊べる本屋ヴィレッジヴァンガードでは

「売り上げをどうやったらあげられるか」について考えてたし本を読んだりしていたし売り場で実践していたから。

「この自身の体験が、誰かの役に立つなら嬉しいだろうな」と自分の中で志望動機にはじめて「実感」が湧きました。本当に「働いてみたい」と、思ったんです。

志望動機は働いたことない自分で考えるよりも働いてる人に聞いて共感するところを探したほうがいいですよ。

もしくは「この人と働いてみたい」っていうおもしろい人がいればそこでもいいし。

共感出来るところがないならそこに入れたとしても「他者に貢献している」という意識は持ちにくいです。

人は「他者に貢献してる」って意識がないと苦しくなります。

おもしろい人もいないなら「仕事関係に興味が出ない」ので別の場所を探したほうがいいと思います。

「興味・意味」が見いだせないと仕事自体が苦しくなる。

公務員に限らず「実際に働いてる人」の話を聞いて「共感できるところ」を探したり「この人と働いてみたい」ってのを探すのがいいと思います。

働く場所を選ぶ時には。

自身のためにも。

The following two tabs change content below.
売上を上げるパンクバンド「ザ・電撃パンクゾンビーズ」です。

ピックアップ記事

  1. メルマガ購読のやめ時
  2. コンサルタントの財布にならないように
  3. パレートの法則を崩す方法
  4. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒す秘密の質問方法
  5. 農家も武器を持とう

関連記事

  1. お金の話

    「ハロウィンの仮装などにお金がかかるのが残念」が1位。お金の流れが悪い人へ。

    ハロウィンにちなんだお金のお話。それからお金というエネルギー、…

  2. 公務員の話

    公務員試験の日程が始まる前に電話をかけて話を聞こう。

    前回の記事に正に、公務員の人事をやっていた方から「私も公務員の…

  3. 教育

    沖縄の貧困と子供たち、戦後の歴史から考える

    今回は歴史に基づいて沖縄の貧困について考えてみました。戦後70…

  4. 公務員の話

    公務員試験の面接対策では、まず「過去を書き出す」をしました。

    公務員試験対策の内容で一番苦痛だった「面接」の話をします。公務…

  5. 公務員の話

    公務員の年収は多い?少ない?

    さて「公務員の給与は高い」となんとなく認識してませんか?だから…

  6. 教育

    沖縄の貧困の本質は「稼げない人間関係」にある

    今日は沖縄について書きたいと思います。沖縄県民は貧困なのでしょ…

人気の記事

  1. 沖縄の貧困の本質は「稼げない人間関係」にある
  2. 【※警告】今すぐFacebook(SNS)の友達をブロックせ…
  3. コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる
  4. 服選びが苦痛で家から出なくなりました。
  5. 髪は女の命というけれど、日本人女性の7割が髪で損をしているら…

ピックアップ記事

  1. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  2. 農家も武器を持とう
  3. メルマガ購読のやめ時
  4. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  5. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
PAGE TOP