食育と仮装とハロウィン!アメリカのパンプキンパッチで学ぶもの

日本でもハロウィンイベントは過熱してきているようですが、アメリカではホリデー(祝日)にはならないものの仮装のためのコスチュームを販売するお店が期間限定でオープンしたりと相変わらず気合が入っております。

同様に、マーケットのデコレーションもハロウィンスタイルに変わります。

もちろんマーケットでもランタン用のかぼちゃも購入できます。

Pumpkin patch (パンプキンパッチ)とは

子どもが小さいとよく聞くパンプキンパッチというものがあります。

パンプキンパッチとは、ハロウィン用のパンプキンを直売している場所のこと。

ハワイでは農家の方が直接経営されていたりすることが多いです。

場所によっては、モール(ショッピングセンター)などの駐車場でも臨時でお店をしている場合もあります。

我が家も娘がもうすぐ3歳ですので、かぼちゃも大好きですし、農家で開催されるパンプキンパッチに本日お出かけしてきました。

自分たちに合ったかぼちゃを拾いに行くだけでなく、農家で直接野菜を収穫したり、ポニーライドを楽しんだり、ハワイの場合はトウモロコシのローストしたものがいただけたり、一面のかぼちゃの中で、記念撮影をしたりと子どもたちには楽しいイベントの一つになっています。

ハワイでは、10月の後半は毎週末パンプキンパッチが開催されて、ハワイ住人は楽しみに訪れます。

自分で好きな野菜を見つけて収穫する喜び

プリスクール(アメリカの幼稚園)では、パンプキンパッチがスクールトリップ(遠足)の一つになっていることも多く、おそろいのTシャツを着て、かぼちゃをみんなで運んだりと、これもまた楽しい思い出となります。

ハワイの場合、入場料金は1人3ドルサイズの違ったかぼちゃにそれぞれお値段がついていて、自分で拾ったものをその場でお支払いする形式です。

ハワイは一年中熱いですから、パンプキンパッチも秋の気配が感じれないのがさみしいですがむしろ灼熱の暑さとの戦いになります。

アメリカ本土の方は、秋の雰囲気の中で芋ほりと同じ感覚でパンプキンパッチを楽しめるのではないでしょうか。

収穫したてのかぼちゃで、ジャック・オ・ランタンを作るのもいいですよね。

我が家はシンデレラパンプキンという白いかぼちゃと小さいかぼちゃを娘が収穫してくれました。

パンプキンパッチだけでなく人が多く集まるところには、犯罪も発生してしまうこともあります。

お菓子を配る習慣があるハロウィンを楽しむために気を付けておきたいポイントを次回の記事ではまとめていきます。

1人1人がモラルをもって、仮装だけをすることがイベントではなく、背景も知っていくとまた楽しみ方も変わっていくのでは感じます。

あなたは来年どんなかぼちゃを収穫しましょうか? 

ピックアップ記事

  1. クリエイター(起業家)の勇気
  2. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  3. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  4. ASKAのようになろう
  5. メルマガ購読のやめ時

関連記事

  1. ショッピング

    驚異の格安特大セール!アメリカの感謝祭、ハワイのブラックセールで賢くお買い物!

    いよいよ近づいているアメリカのブラックフライデー 年末に向けて、消費が…

  2. ハワイ

    食育は、今信じていることをぶち壊すことも大事 

    私は食育、食について発信していますが、今のような添加物やお薬に頼らない…

  3. 美容・健康

    「うさぎとカメ」の物語から学ぶ「食育の始め方」

     美紀ピアです。この食品が良いとテレビで放送していたか…

  4. ハワイ

    ハロウィンでもらったお菓子のその後。トリックオアトリートと虫歯

    先週の月曜日は、ハロウィンでしたが、皆さんいかがでしたか?ハロ…

  5. ハワイ

    ハロウィン!ヘルシーなキャンディよりも親が気になる子どもの恐怖

    ハロウィンについて連載は何週にもわたりお送りしてきました。ハロ…

人気の記事

  1. 沖縄の貧困の本質は「稼げない人間関係」にある
  2. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話
  3. 超絶ヤバいビーバーの鳴き声を収入に変える方法
  4. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…
  5. 好きな色も生かしてパーソナルカラー(似合う色)とうまく付き合…

ピックアップ記事

  1. クリエイター(起業家)の勇気
  2. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  3. 農家も武器を持とう
  4. 楽しい時間の罠
  5. ASKAのようになろう
PAGE TOP