強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう

当たり前の話ですが会社または個人の「赤字=悪」ではありません。

キャッシュがないというわけではないので。
 

実際、僕の会社も300万円売りあげようが500万円売り上げようが赤字の月なんかいくらでもあります。
 

例えばあなたの月収が100万円だったとします。

生活費は30万円と決めているので、70万円残そうと思っていたけど、必ずリターンが見込める投資案件があったので奮発して100万円投資しました。

となるとその月の赤字は30万円になる訳ですが、仮に貯金残高が1000万円あったとしたら、残高が970万円に減るというだけの話です。
 

で、例えば2倍のリターンがあるのであれば、200万円になって返ってくるので一時的に赤字にしたことによってキャッシュ、つまり貯金残高は増えるわけです。
 

こういった考え方ができないとビジネスを成長させていくことは難しいです。
 

しかし、日本人の多くはお金の教育をキチンと受ける機会が少ないので

「赤字になる、キャッシュが減る=悪」
「人様から借金はしてはいけません」

という考え方が染み付いています。
 

もちろん、自分のコントロール下にない他者からの借金は慎重になる必要はありますが。

まぁ、それも「苦しいから借金する」でなければ問題のないことですが。
 

で、こういったお金のしがらみを振り解くためには、例え1ヶ月だけでも良いので意図的に赤字にしてみるという方法が有効です。

そうすることで、人は初めて「投資対効果」を真剣に考えるので。
 

つまり、赤字になることによって、

「これだけ投資したお金に対して何ヶ月以内にいくら取り戻すのか」

ということを真剣に考えて行動をするわけです。
 

守りに入ってしまったらもう衰退なんですね。
 

オンライサロンでは話しましたが、個人ビジネスにおいては必ず10年以内に撤退を経験することになります。

これはスキルやがんばりがどうこうではなくて市場の問題です。

ニュースを見ていればわかると思いますが、どんな大企業だろうが1日で景色が激変します。

これはもう仕方ないと割り切るしかありません。

沈みゆく船にしがみついていては同業者と一緒に海の底に沈むだけですからね。
 

なので、そうなってからあわてないように、時間や資金がある今のうちに利益を守るのではなく投下することによって今のビジネスをより強固にするということを経験しておいた方が良いんですね。
 

もちろん、これだけ変動が大きい世の中で、100%リターンが約束されているものなんかこの世には存在しません。

何かを守るために”一時的”に何かを捨てるという投資マインドを持ちましょう。

それができるかできないかによって、5年後10年後、早い場合であれば1ヶ月後でも立っている場所が変わってきます。

The following two tabs change content below.
コンサルタント歴11年(フリーでは4年目)。プロフィット・ミックスも順調。毒舌だけどネガティブ思考。でも楽観主義。本業はコンサルタントでありながらブログは30万PVを超える月もある。セミナーが大嫌いなマーケティングコンサルタント。

最新記事 by 服部慎也 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  2. メルマガ購読のやめ時
  3. クリエイター(起業家)の勇気
  4. 農家も武器を持とう
  5. コンサルタントの財布にならないように

関連記事

  1. ビジネス

    ビジネスの成功者←人格者?

    日頃から、僕のブログやメルマガをザーっとでも読んでいくれている人であれ…

  2. ビジネス

    仕事が嫌いになる前に

    コンサルタントに限らず、自分でビジネスをすることに慣れてくると、マネタ…

  3. ビジネス

    ビジネスを加速したければ◯◯に敏感になれ!

    このIMSの趣旨は、知識や経験を収入に換える仕組みとビジネス戦略ですよ…

  4. ニュース

    ASKAのようになろう

    決して覚せい剤を推奨しているわけではなく、覚せい剤に頼らずにアホになろ…

  5. ビジネス

    人と比べると上手くいく

    よく「人と比べるな」と言われますが、比べる理由によります。嫉妬…

人気の記事

  1. お見合いはどんな服装で行くのが正解?
  2. 本当の「モテるファッション」の選び方
  3. ユダヤでは、妊娠40日までは堕胎してもよい
  4. 今日からアメブロにハッシュタグをつけるのはやめましょう
  5. 超絶ヤバいビーバーの鳴き声を収入に変える方法

ピックアップ記事

  1. 農家も武器を持とう
  2. 楽しい時間の罠
  3. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  4. ASKAのようになろう
  5. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
PAGE TOP