100万人に1人のレアな人になる方法

個人でビジネスをしていく場合、年収の目安としては1000〜2000万円です。

これは過去にも何度かお伝えしましたが、リサーチ、商品企画、プロモーション、マーケティング、経理といった事務作業など会社がやってくれることを全て自分でやる場合、それくらい無いと割に合わないからです。

で、こういうメルマガを書くと、クライアントや読者さんからは

「もっと大きな金額を提示してほしい」

と言われたりもしますし、実際、その数倍に達している人が多いので、そうした人たちにとってはより大きな金額を提示した方がモチベーションにはつながるんでしょうね。

とはいえ、ビジネスモデルによって相場は上下するので、最低ラインの設定としてはこの位でしょう。

年収2000万円以上のクラスの人たちはもはやモチベーションの心配は無いと思いますし。

ただ、大事なのは、一時的に年収1000万円を超えても無意味で、一瞬、5000万円のあぶく銭が入ってくるより、毎年1000万円を下回らない収入を維持する方が生活の質ははるかに高くなるということです。

実際、僕自身、今期の収入目標を5000万円に設定して取り組んでいるわけですが、仕組み化されていない5000万円は目指していません。

仕組み化できない5000万円なのであれば別に2000万円でも3000万円でもいいのです。

なので、年収1000〜2000万円というラインは達成すればOKというものではなく、最低限、維持するラインと考えてください。

で、そのために必要なのは、ラッキーホームランを狙うことや詐欺的な行為で売り逃げすることではなく、コンスタントに稼げる環境をつくることです。

特にめちゃくちゃがんばらなくても、体に鞭打って無理をしなくても、ベーシックな収入を年間1000万円にするということです。

もちろん、「寝ながら年収1000万円」的なありがちな情弱狙いの話ではなく、収入効率を上げていくということです。

そのアプローチの一つとして、藤原和博さんが提唱している「100万人に1人のレアな存在になりましょう」というのがわかりやすいですね。

要は、「100人に1人」のポジションを3つ持ちましょうということです。

1つのポジションだけで100万分の1になるのはかなり難易度の高いことですが、3つの各ポジションで100分の1になることはそんなに難しいことではないと。

100分の1を3乗すれば100万分の1ですから。

例えば、

「現状から抜け出して収入を増やすために自己投資して具体的な勉強をしている」

というだけでも100分の1の存在になります。

というのも、世間の人たちの大半は「年収1000万円稼ぎたいな」と思っても、書店でビジネス書を手に取ることも無ければ、「年収1000万円 方法」とGoogleで検索することもまずしないですからね。

自己啓発セミナーなどに参加する人はいても年収を増やすために具体的なアプローチを取る人は100人に1人もいないのが実情だということです。

なので、このメルマガを継続して読んでいる段階で、あなたは100分の1の要素を1つ持っているわけです。

さらに、僕のコンサルを受けている人や実際に稼いでいる指導者をつけている人となると1000分の1くらいのレアさはあるでしょう。

あとは、もう1つ、「自分は100人に1人の存在だ」と言える要素を身につけることができれば、1万分の1になれます。

それを見つけてください。

「見つけてください」と言ったのは、すでに自分自身が持っていることが多いからです。

藤原和博さんの本にも書かれていますが、どんなことでも1万時間かけて取り組むことでプロ級のレベルになるんです。

まぁ、1万時間と言わずとも、世間の99人が苦労していることを自分だけは簡単にできてしまっていることなども同じことが言えます。

トップ販売員としてのスキルや営業マンとしての経験、リピート率No.1の接客をしていたとかですね。

この段階でほとんどの人は、

1/100 × 1/100 = 1万分の1

は、すでにクリアしているということになります。

何かしら副業や起業で収入を得始めている人やすでに指導者をつけている人で、5万程度でも稼げている人はもっとレアですね。

自分でビジネスを始めて月5万円以上の収入を得ている人がいる確率はかなり低いですから。

周囲の知人に聞いて歩くだけでもわかりますよ。

この1万分の1を言語化すると、
「自分なりにビジネスの勉強をしていて会社に依存せず毎月5万円稼いでいる」

という存在ですね。

もちろん、「毎月5万円稼いでいる」という部分は

・誰よりも旅行経験がある
・美味しいお店は誰よりも知っている
・学生時代からずっと音楽をしている
・中学性の頃からオシャレにはウルサイ

といったことも100分の1に代替え可能でしょう。

しかし、これではまだ1万人に1人の存在ですね。

藤原和博さんは、さらに、別のポジションで100分の1の要素を掛け合わせて1万人に1人になりましょうと言っています。

要は、さらに自分をレアな存在にすることによって市場での価値を高めるということです。

が、いくらレアで個性があっても、価値を伝えられなければお金になりません。

派手な見た目や、面白い経験などを提示することで最初はある程度稼げるかもしれませんがベーシックに年収1000万円を稼ぐことは難しいです。

”自称●●コンサル”などが日々消えていく理由は、

・今まで1万時間かけてきたものが無い
・マネタイズの仕方がお金にならない

つまり、そもそもの掛け算の値が薄っぺらいか、最後の掛け算を間違えているからです。

年収1000万円をベーシックにするために必要な最後の3つめの要素は、「稼ぎ方の上手さ」で100人中1人にならないといけないということです。

で、この「稼ぎ方の上手さ」を細分化すると

・情報発信スキル
・コンテンツメイクスキル
・プロモーションスキル
・マネタイズスキル

といったことになります。

マーケティングというのは、こういったスキルを自在に使うことによって仕組み(自動)化していくことを考えてください。

要は、ベーシックな年収を、後々、5000万円、1億円にしていくために必要なことがマーケティングだということです。

まとめると、、、

ビジネスの勉強が不足していると思うなら、そこに時間とお金を投資を集中投下することで1つ目の要素は満たされます。

2つ目の要素はすでに持っていることが多いので、それを見つけるために自分の経験や特技、あるいは、好きなことを棚卸しすることでクリアすることができます。

3つ目の要素はレバレッジが高い上に、世間の99.9%の人が持っていないスキルなので学んで実践することで100分の1どころかそれ以上のレア度も獲得できます。

それゆえに、我流で学ぶことは難しいのです。

The following two tabs change content below.
コンサルタント歴11年(フリーでは4年目)。プロフィット・ミックスも順調。毒舌だけどネガティブ思考。でも楽観主義。本業はコンサルタントでありながらブログは30万PVを超える月もある。セミナーが大嫌いなマーケティングコンサルタント。

最新記事 by 服部慎也 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  2. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  3. ASKAのようになろう
  4. パレートの法則を崩す方法
  5. 架空の病名を宣告するコンサルタント

関連記事

  1. コンサルタント

    年収は出逢いのクオリティに比例する

    たまにはプライベート自慢の話も交えて。 なぜ、僕がそこそこ稼が…

  2. ニュース

    強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう

    当たり前の話ですが会社または個人の「赤字=悪」ではありません。…

  3. ビジネス

    人と比べると上手くいく

    よく「人と比べるな」と言われますが、比べる理由によります。嫉妬…

  4. コンサルタント

    あなたの綱渡りの高さは?

    ビジネスが上手くいっていない状況、つまり、「失敗」という状況に陥るパタ…

  5. ビジネス

    欲求が変わってきたら

    ファンを増やしていくことはビジネスをしていく上で当然のことです。…

人気の記事

  1. センスがいい、センスが悪いってどういうこと? ファッションセ…
  2. 沖縄の貧困の本質は「稼げない人間関係」にある
  3. パーソナルカラーに縛られすぎるとファッションが退屈になる理由…
  4. 髪は女の命というけれど、日本人女性の7割が髪で損をしているら…
  5. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話

ピックアップ記事

  1. クリエイター(起業家)の勇気
  2. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  3. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
  4. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  5. 農家も武器を持とう
PAGE TOP