コンサルタントの財布にならないように

当然ですが、人には問題や欲求があります。

で、その問題や欲求というのをコンサルタントは見抜き、さらに深堀りして、解決策を提示します。

この手法は良いコンサルタントであってもタチの悪いコンサルタントであっても。基本的には同じです。
 

ただ、当然ですが、良いコンサルタントには解決策がありますし、タチの悪いコンサルタントはネットで拾った机上論しか持っていません。
 

問題や欲求を見抜き、煽ってパンチの効いたコピーを書くことはだいたい誰でもできます。

コピーのテンプレートとかがあるので。

なので、提供できるものが本物かどうかが善か悪かの肝になるわけですね。
 

そのソリューションが本物かどうかを見向く方法は例えばこういったものがあります。

1.良いことばっかり言っていないか
2.長期的にコンサルをやっているかどうか
3.本当に稼いでいるかどうか

 

まぁ、1、2に関しては分かると思いますが問題は3の「本当に稼いでいるかどうか」です。

本当に稼いでいるかどうかは、収入証明とか通帳とか見せてもらうのがイチバン手っ取り早いですが、モロ個人情報なので基本的に拒否られます。

じゃぁ、どこを見るかというと、

「忙しそうにしているかしていないか」

です。

 
一般的に忙しそうにしている人は、何となく儲かってそうに見えますし、実際に死ぬほど働いて儲けている人もいます。

一般的な経営者ならそれでも良いんですよ。
 

ただ、コンサルタントとなってくるとその視点で見てはダメなんですね。

なぜなら、忙しそうにしているコンサルタントは、単価が低いからやむを得ずそうしているからです。
 

つまり、高額なサービスを提供する能力もないし、売れる仕組みもつくれていないということです。

コンサルタントの仕事のメインは、クライアントに楽して儲けさせることなので、自分自身がそれができていないのはもはやコンサルタントとして致命的です。

労働集約型のビジネスなのに仕組み化ができていないのはアウトです。
 

そもそも稼げていないコンサルタントに稼がせてもらうことなんか不可能ですよね。

優秀なコンサルタントほどわりとゆったりと仕事をしています。

で、キレイゴトばっかり言わずに、好きな時に好きな場所で好きな事を言っています。

 
注意点としては、広告を出していることを見て、儲かってないと判断する人もいるんですが、それは考え方が逆です。

儲かっているから有料広告を出しますし、仕組み化できているのでそのリターンも推測できているわけです。
 

また、頻度の高いオファーや告知に関してはケースバイケースです。

というよりかはこれは単価で判断すれば良いです。

ずっと安いオファーをしている人や、ずっと期間限定無料アピールをしている人はまず稼げていません。

そこそこの単価(3~10万円くらい)または、それ以上の高額な企画や商品をオファーしている場合は、フロントエンドの仕組みはできているので、バックエンドのヒット商品をさらに開発企画をしていると判断できます。
 

ぜひ、この辺を参考にして見てください。

そうすれば、コンサルタントの餌にされなくて済みます。

The following two tabs change content below.
コンサルタント歴11年(フリーでは4年目)。プロフィット・ミックスも順調。毒舌だけどネガティブ思考。でも楽観主義。本業はコンサルタントでありながらブログは30万PVを超える月もある。セミナーが大嫌いなマーケティングコンサルタント。

最新記事 by 服部慎也 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. ASKAのようになろう
  2. クリエイター(起業家)の勇気
  3. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  4. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  5. メルマガ購読のやめ時

関連記事

  1. コンサルタント

    楽しい時間の罠

    自分の時給分かりました?先日書いたブログの内容がなかなか好評で…

  2. コンサルタント

    コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる

    知識や経験をお金に換えるにはかなりの経験や専門性が必要だと思われがちで…

  3. コンサルタント

    あなたの綱渡りの高さは?

    ビジネスが上手くいっていない状況、つまり、「失敗」という状況に陥るパタ…

  4. コンサルタント

    架空の病名を宣告するコンサルタント

    半分遊び、半分仕事というファジーな感じで、3日間ほど宮古島に行ってまし…

  5. コンサルタント

    コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒す秘密の質問方法

    情報発信をする上でも、情報を受信する上でも、質問力というのは重要になっ…

  6. コンサルタント

    クライアント(候補)は読まないで

    この記事はクライアントも読んでますし、将来クライアントになる方もいるか…

人気の記事

  1. パーソナルカラーに縛られすぎるとファッションが退屈になる理由…
  2. モテファッションはTPPOに合わせるだけでは完成しない
  3. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…
  4. コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる
  5. お見合いはどんな服装で行くのが正解?

ピックアップ記事

  1. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  2. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  3. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  4. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
  5. ASKAのようになろう
PAGE TOP