ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話

夢を追いかけて日々必死にがんばることは人生において素晴らしいことですし、自分の人生なので自由に生きれば良いと思います。

起業に関しても、納得いくまでやってみればいろんなことにと気づくことができますし。

ですが、現実に目を向けることも重要です。
 

僕はスピリチュアルカウンセラーでもなければ「夢実現~」とか「強み発掘~」系のキラキラ系のコンサルタントではなく、ゴリゴリのマーケティングコンサルタントです。

ビジネスにおける残酷な現実や失敗例なども容赦なくお伝えした上で、勝率の高い施策を提案してサポートするのが僕のコンサルタントとしての仕事なのです。

なので、「がんばれば誰でも成功できる」的な甘っちょろいことはお伝えしませんし、やめた方が良い人にはキッパリとお伝えしています。
 

ということで、今回は「やめた方が良い人」がどいう人なのかを解説する残酷な話です。

忙しくても、稼げなくても、好きなことを続けていければ幸せという人は、全く読む必要はありません。

別にそれが悪いわけではありませんので。

滑走路はいつか無くなります

起業して1~2年もがんばってるのに月収が100~200万円もいかないのであれば向いていないのでやめた方が良いということは度々言っているわけですが、もちろんこれには根拠があります。

本気でビジネスを軌道に乗せたいのであれば、寝る時間と風呂トイレ、食事以外の時間は当然にようにビジネスに費やしているハズです。

つまり、1日14~15時間は働いています。
 

で、1日15時間で1か月働いたら、労働時間は450時間ということになります。

もちろん、この450時間の中には、直接的なものも、間接的なものも含まれます。

例えば、

・接客対応
・各種準備
・アフターフォロー
・商品の企画
・商品の制作
・アイデア捻出
・事務作業
・集客活動
・インプット(学び)

などなどに加えて、自分のビジネスについて思考している時間もそこに含まれます。
 

では、月450時間という時間を費やして月収(手取り)が30万円だったとします。

この場合、時給は666.6円になります。

さらに、税金等を収めることを考えるともっと下がります。

最低賃金を余裕で下回っているわけです。

冒頭でもお伝えしましたが、「好きなことができているから稼げなくても良い」という人であれば全然良いんですが、そうでなければアルバイトや派遣の方がマシです。
 

もちろん、ある程度の下積みは必要なのですぐにはリターンがなくても、一定期間は時間やエネルギーを投資することは必要です。

飛行機が大空に飛び立つ前と同じですね。

ただ、いつまでもずーっとその状態のままだと

「いつまで滑走路を走ってるの?」

という話になってきます。
 

当然、いつまでも飛び立てなければ滑走路から外れて大事故になりますよね。

ビジネスも同じで、軌道に乗せられなければそのうち破滅します。

1年以上続けていて時給が上がらないのであればハッキリいってやめた方が良いです。
 

必ずしも、起業をやめろというわけではないですが、少なくともそのビジネスはやめた方が良いです。

あるいは、効率化できるのかどうか、仕組み化できるのかどうかをちゃんとしたコンサルタントに相談してください。

あなたの1ヶ月は何時間ありますか?

たとえ、今は450時間で月収30万円でもあきらめずに継続的にがんばってさえいれば、そのうち月収100~200万円に届くのかというとそれも違います。

月収30万円から月収100万円を目指すためには、効率化や仕組み化をしないまま続けるとすれば3倍以上がんばらないといけません。

となると、

450時間 × 3 = 1350時間

で、「1350時間がんばれば良いじゃん」という計算になってくるわけですが、そもそも1日って何時間ですっけ?

24時間ですよね。

なので、1ヶ月で720時間しかありません。

これってどういうことかわかりますか?
 

個人でビジネスをする上で、時給が最低賃金以下、マンパワーだけでは稼げないということは、ビジネスモデルが破綻しているということです。

効率化、仕組み化することによって、ある程度、労働時間を減らして収入は増やせますが、それも最初のビジネスモデルによって可能か不可能かはほぼ決まってしまいます。

集客やマーケティングは二の次の話

月収が100万円あっても、450時間も働いていれば時給は2000円くらいです。

ちょっとキツイ派遣やアルバイトをすればそれくらいはもらえます。

月収100万円を稼げるようになったとしても健康も時間をい手放してたら意味がありません。

お金、健康、時間、があってこそ好きな時に、好きな場所で、好きな人と、好きなことを、好きなだけできるわけです。
 

まともなコンサルタントであれば、クライアントの夢や希望をそのまま受け止めて、集客やマーケティングを教えたりはしません。

そもそも物理的に100万円稼げないビジネスモデルで、ブログの書き方がどうこうとかメルマガがどうことか教えたところで全く意味がないですからね。

もちろん、それでも良いといういう人には可能な限り教えていますが。
 

あなたは、いつまでにいくら稼ぎたいんですか?

そのためにどれくらいの時間を費やしていますか?

その結果、あなたの時給はいくらですか?

そのままがんばって目標を達成できますか?

それは物理的に可能ですか?

可能にするための効率化の方法は?

仕組み化するためのルールを知っていますか?
 

今の自分の状態が「大変な状態」だと気づいた人は、早めにアクションを起こしましょう。

The following two tabs change content below.
コンサルタント歴11年(フリーでは4年目)。プロフィット・ミックスも順調。毒舌だけどネガティブ思考。でも楽観主義。本業はコンサルタントでありながらブログは30万PVを超える月もある。セミナーが大嫌いなマーケティングコンサルタント。

最新記事 by 服部慎也 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 楽しい時間の罠
  2. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  3. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  4. コンサルタントの財布にならないように
  5. パレートの法則を崩す方法

関連記事

  1. コンサルタント

    楽しい時間の罠

    自分の時給分かりました?先日書いたブログの内容がなかなか好評で…

  2. メディアリテラシー

    トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報弱者であり続ける」理由

    僕のブログを何度か読んでいただいた方から、「情報弱者という言葉…

  3. メディアリテラシー

    クリエイター(起業家)の勇気

    目標設定をする上で重要なことは、実は「今年何をするか」ではありません。…

  4. ニュース

    ASKAのようになろう

    決して覚せい剤を推奨しているわけではなく、覚せい剤に頼らずにアホになろ…

  5. コンサルタント

    クライアント(候補)は読まないで

    この記事はクライアントも読んでますし、将来クライアントになる方もいるか…

  6. コンサルタント

    あなたの綱渡りの高さは?

    ビジネスが上手くいっていない状況、つまり、「失敗」という状況に陥るパタ…

人気の記事

  1. ユダヤでは、妊娠40日までは堕胎してもよい
  2. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…
  3. センスがないは勘違い! ファッションセンスを磨くためにするべ…
  4. コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる
  5. ”やるかやらないか”自己啓発と決別する日

ピックアップ記事

  1. シングルマザーの仕事選び。
  2. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
  3. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  4. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  5. ASKAのようになろう
PAGE TOP