Whatか?Howか?

ビジネスを進めるにあたって、あなたにとって大事なものは何でしょうか?

What(何をやるか)でしょうか?
あるいは、How(どうやる)でしょうか?

もちろん、どっちも大事ですし、Howと答える人が圧倒的に多いと思います。

ですが、キムタクでも、福山雅治でも、コンビニのバイトで月収100万円は稼げません。

あるいは、競輪のチャンピオンが狂ったように自転車をでこいだとしても、
新幹線に追いつけるわけがないですよね(笑)

つまり、ポテンシャルや才能があっても、What(何をするか)によって到着地点はほぼ決まってしまうということです。
 

ただ、Whatを決めてHowを決めても、うまくいかないことがほとんどなんですよ。

その原因はWhatの前にHowがないからです。
 

「What→How」ではなく、「HowWhat→How」が必要だということです。

つまり、「まずどうやってWhatを選ぶか」です。
 

How(どうやって)というのは、言い換えれば「何を基準に」とも言えますし、目的や目標とも言えます。

目的や目標が曖昧なまま、What(ビジネスモデル)を選定してしまうから、その後のHowで苦労するハメになります。

・どうやって集客すればいいのか
・どうやればリピートしてもらえるのか
・どんな価値を提供すればいいのか
・どんな商品やサービス作ればいいのか
・どうやって価格を決めればいいのか

などですね。
 

目標が月収10万円の小遣い稼ぎでいい場合と、月収100万円を稼ぎたいという場合では、取り組むべきビジネスが変わってきます。

もっと言うと、月収100万円を稼ぐというのと、月収100万円を”稼ぎ続ける”のとでは、相違ないようで実はまったく違ってきます。
 

最近、素人を相手にした、ファッション系の仕事が流行ってますが、このWhat(ビジネス)をチョイスした時点で、まず月収100万円には届きません。

エンジン付きの自転車にカスタマイズするか、新幹線を故障させるかしなければ、新幹線に追いつけないのと同じです(笑)
 

本当は月収100万円を稼ぎたいのに、好きなことを基準に選んでしまい、目的地までの予測距離も近くに設定しすぎて、いつまでもたどり着けなくなるんです。
 

コンサルタントというのは、WhatとHowというのは手伝うことができますが、最初のHow(目的や目標)というのは、あなたしか理解できませんし、決められません。
 

「あなたは●●するべきなんだよ!」っていう他人が決める無責任な言葉を信じて、途中で何をしているかわからなくなって、路頭に迷う人が多いのは言うまでもありません。

上手くいってない人は、HowWhat(どうやってビジネスを選ぶか)を、見直してみてはどうでしょうか。

それによっていっそ大きく転換してしまって、来年の準備をしていくのもありですよ。

The following two tabs change content below.
コンサルタント歴11年(フリーでは4年目)。プロフィット・ミックスも順調。毒舌だけどネガティブ思考。でも楽観主義。本業はコンサルタントでありながらブログは30万PVを超える月もある。セミナーが大嫌いなマーケティングコンサルタント。

最新記事 by 服部慎也 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. メルマガ購読のやめ時
  2. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  3. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  4. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  5. ASKAのようになろう

関連記事

  1. コンサルタント

    年収は出逢いのクオリティに比例する

    たまにはプライベート自慢の話も交えて。 なぜ、僕がそこそこ稼が…

  2. コンサルタント

    ビジネスは利回りの良い箱をつくること

    骨折話の続きになりますが、骨折しようが倒れようが相も変わらずビジネスは…

  3. ビジネス

    人と比べると上手くいく

    よく「人と比べるな」と言われますが、比べる理由によります。嫉妬…

  4. ビジネス

    ビジネスを加速したければ◯◯に敏感になれ!

    このIMSの趣旨は、知識や経験を収入に換える仕組みとビジネス戦略ですよ…

  5. コンサルタント

    あなたの綱渡りの高さは?

    ビジネスが上手くいっていない状況、つまり、「失敗」という状況に陥るパタ…

人気の記事

  1. ユダヤでは、妊娠40日までは堕胎してもよい
  2. 自己肯定感とファッションの関係
  3. 髪は女の命というけれど、日本人女性の7割が髪で損をしているら…
  4. 脱若作り! 年齢を重ねても若々しく見えるために必要なこと
  5. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話

ピックアップ記事

  1. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  2. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  3. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  4. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  5. シングルマザーの仕事選び。
PAGE TOP