おしゃれ迷子を助長するパーソナルカラーや骨格タイプの自己診断

最近はパーソナルカラーや骨格診断の本がたくさん出ていて、

「自己診断をしたことがあります。」
「本を読んで◎◎タイプかなって思いました。」

というお客様が少なくないです。

そんなお客様にイメージコンサルティングを受けに来られた経緯をきくと、

診断を受けるのはお金がかかる。

本を買う。

自分で診断してみる。

これっぽい。という答えが出たけど、100%の自信はない。

ネットで情報を調べる。

色んな情報が載っていてますます分からない。

悩んだ末、、、

プロに診断してもらおう!

この流れを辿る人が結構います 笑。

そして、診断の結果が自己診断の結果と全然違う場合も多々。

結構多いです。

判断しずらい自己診断の項目

はじめて「パーソナルカラー」というものを知ったときにわたしも興味を持って自分でチェックしてみたことがあります。

でも、正直よく分からなかったです 笑。

例えばこんな項目。

Q.あなたの地毛の色は?
・黄みの茶色
・やや赤みのこげ茶orソフトな黒
・橙がかった焦げ茶or緑がかった焦げ茶
・強い印象の真っ黒

Q.あなたの瞳の色は?
・明るい茶、キラキラしている
・焦げ茶or黒
・ソフトな茶orグレーがかった茶
・真っ黒or焦げ茶

茶色は茶色として認識していたので黄みよりの赤みよりのとか言われても「???」という感じでした。

ソフトな茶色ってどういうの?
キラキラした瞳ってどういうの?

と疑問がいっぱいで、自信を持ってジャッジすることは出来なかったですね。

自分を客観視するのは難しい

肌の色や髪の色といった素材の色を人と比べることってほとんどないですよね。

あったとしても、友だちと見比べてみた程度でサンプル数は多くないはず。

そのサンプルの中ではあなたの地毛や瞳の色は黄みより、赤みより、なのかもしれないけれど

そもそも平均がどの程度かも分からないのに自分はこっち寄りだと自信を持って判断できますか?

それから顔の印象も、

・明るくて可愛らしい
・上品で優しい
・落ち着いていて大人っぽい
・都会的でシャープ

なんていうのがあったとして、自分ではなかなか判断できるものではありません。

自分でジャッジをすると必ず内面やキャラクターも込みでの判断になってしまいますからね。

自己診断の末におしゃれ迷子を加速させる人たち

これまで述べてきたように、正確な自己診断というのは誰が見ても特徴が分かりやすいひとでなければ難しいもの。

今までお洋服選びに自信を持てなかった人がパーソナルカラーや骨格診断というものを知って「これでおしゃれの悩みが解消されるかも!」と思って自分で診断をしてみても、

もし、その結果が誤ったものだった場合おしゃれ迷子を加速させることになります。

しっかりと腑に落ちていないにも関わらず本に書いてあったことを鵜呑みにして

服を買ってみる。

あんまり着ない。

出番がなくなる。

たんすの肥やし。

また服を買う。

という負のサイクルを繰り返します。

全然似合わないものに、お金も時間も無駄に投資し続けるというデスロード。

これを何度も繰り返してしまう人もいます。

プロの手を借りるのは早い方が憂鬱な時間が短くてすみます

おしゃれをもっと楽しむために本を読んだり自分で診断して実践したのに迷う時間が長かったりいつまでもお洋服選びに自信が持てないのでは本末転倒です。

自己診断で分かるタイプというのは占いでよくある「◎◎診断」同様、3つ、4つのグループに分けて傾向を見るくらいの簡易なもの。

一人ひとり持って生まれた特徴は違うのにすべての人をグループに当てはめるのだからやはり無理があります。

また、黄みより、青みよりといった色み重視なタイプもいれば明るさ重視、鮮やかさ重視なタイプいるのでグループ分けに囚われるのではなく自分の特徴を知った方が間違いがないです。

プロにお願いすることで、パーソナルな提案をしてもらうことが可能です。

もちろん、本を買うよりは高くつきますが

一生お洋服選びに困らなくなる
お買い物の失敗がなくなる
もっとおしゃれが楽しくなる
もっと毎日にわくわくが増える

こんな未来を手に入れたいなら一度ちゃんと見てもらった方がコストパフォーマンスは断然高いですよ。

The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  2. シングルマザーの仕事選び。
  3. ASKAのようになろう
  4. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  5. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    本当の「モテるファッション」の選び方

    自分にとっての「鉄板デート服、モテファッション」ってありますか?…

  2. アパレル・ファッション

    パーソナルカラーに縛られすぎるとファッションが退屈になる理由

    人はそれぞれ、色んな外見的特徴を持って生まれてきます。顔立ち、…

  3. アパレル・ファッション

    若く見られて喜ぶ起業家は、イメージアップを履き違えています

    あなたは普段、年齢よりも若く見られますか? 年相応に見られ…

  4. アパレル・ファッション

    脱若作り! 年齢を重ねても若々しく見えるために必要なこと

    、イメージコンサルタントの斉藤です。今日は前回記事↓の続きにな…

  5. アパレル・ファッション

    これを知らないとイメージ戦略も外見演出もほとんどの人が失敗します

    「見た目」で選ばれる経営者、起業家になるためには「目的」に合った外見演…

人気の記事

  1. 第一印象で選ばれる「明るい」「元気」に見せるファッションのコ…
  2. パーソナルカラーに縛られすぎるとファッションが退屈になる理由…
  3. コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる
  4. 自己肯定感とファッションの関係
  5. モテファッションはTPPOに合わせるだけでは完成しない

ピックアップ記事

  1. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  2. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  3. パレートの法則を崩す方法
  4. ASKAのようになろう
  5. 架空の病名を宣告するコンサルタント
PAGE TOP