お見合いはどんな服装で行くのが正解?

男性にモテるファッションのヒントを、こちらのブログで何度かお伝えしています。

先日ワードローブ診断にうかがったお客様宅でのはなし。

断捨離希望とのことだったので、ワードローブを絶対スタメンの一軍、とりあえず保留の二軍、断捨離しましょうの三軍に分けていたのですが、
お客様が最も苦手とするタイプのトップスを発見。

以下、その時の会話です。

「フリフリやパールがついたUネックのカーディガンは、◎◎さんには苦手度が高くなりますね。年齢的にも若作りに見えちゃうかも。メインのワードローブとも合わせにくいと思いますよ。これも、昔のコンサバ時代の名残ですか?」

「あ、その辺のアイテム、、違うんです。」

「??」

「実はお見合いのおばさんにすすめられて。こういうのが男性には好印象だからって。自分でもこういうの似合わないの知ってたんですけど、おばちゃんが言うので買ったんです。。でもやっぱり似合わなくて。」

「…。」

おばちゃん!!!!

お見合いで求められるイメージって?

お見合いで求められる女性のイメージは

いいところのお嬢様感。
いい嫁になりそう感。
清楚な女子アナ風。

こんなところでしょうか。

そのために選ばれたであろう、いかにも可愛らしいトップスとアウター。

守ってあげたい女子を演出するファッション。

おばちゃんは知らなかったのでしょうね。

そういったアイテムは誰もが似合うわけではないことを。

好印象を与えるのは、その服装とその人の顔立ちやスタイルがマッチしていたから。

似合うかどうかは人それぞれです。

ちょっと話はそれますが、ふわふわモコモコの部屋着。

男性に人気ですよね。くっついても気持ちいいし、女の子らしさを感じると。

あれも言わせてもらえば、誰でも似合うわけではありません。

着る人が着ると、ただの太った人になります。

もしくはガタイが良く見えるか、おばさんぽく見えるか。決して可愛くみえません。

心当たりのある人、いませんか?

「お見合い 服装」で検索してみた結果

お見合いファッションについて検索してみると、色んな「モテ」ファッションが紹介されています。

例えば

明るい色(特に白)のトップスシフォンのブラウス
ぴったりとしたニット
Aラインのワンピース
やわらかい素材

どれも人によって似合う、似合わないが分かれるアイテムです。

「白のトップス」に関していえば、真っ白が似合う人もいれば少し黄みがかったアイボリーの方が顔色よく見える人もいます。

ぴったりとしたニットのせいで+◎キロに見えてしまう人もいれば、やわらかい素材を選んでもちっとも女性らしい丸みが出ない人もいます。

「ネットで集客をしたいなら、アメブロを使いなさい。自撮りを上げなさい。SNSを使いなさい。」

と言われてやってみても、成果が出る人と出ない人がいるのと同じで、その人に合った方法というのは性格や適正、知見といったその人の内的要因によって、また置かれている環境など外的要因によって決まるもの。

ファッションだって同じです。

あの人にとってのモテファッションがあなたにとってもモテファッションになるわけではないのです。

意見を聞くなら遠くのおばちゃんより近くのオトコ

世間一般の「モテ」コーデを傾向として知っておくのはいいけれど、あまり間に受けないように。

一人ひとりに合ったアドバイスをしてくれるならいいですが、お見合いファッションについて通り一辺倒のことしか言わないお見合いおばさんの意見は無視してよし。

もっとパーソナルな提案をしてくれるパーソナルスタイリストやイメージコンサルタントに相談してください。

もしくは、身近にいる、異性の友人、知人複数人から聞いて統計をとった方が
よっぽどあなたの魅力を生かした上で好印象を与えるファッションが分かると思いますよ。

無理してファッションだけ作っても、顔立ちやスタイル、ヘア、メイク、立ち居振る舞いにマッチしていないと、あなたの魅力が埋もれてしまいますからね。

The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. 楽しい時間の罠
  2. ASKAのようになろう
  3. シングルマザーの仕事選び。
  4. 農家も武器を持とう
  5. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒す秘密の質問方法

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    自己肯定感とファッションの関係

    カモフラ柄って、知ってますか?迷彩柄とも呼ばれるお洋服でよく見…

  2. アパレル・ファッション

    美人にはなれなくても、雰囲気美人にはなれる

    前回記事の続きです。 前回の記事で、外見に自信のな…

  3. アパレル・ファッション

    髪は女の命というけれど、日本人女性の7割が髪で損をしているらしい

    、斉藤です。突然ですが、美容院にはどの位の頻度でいきますか?…

  4. 恋愛

    PDCAじゃなくてOODAで彼(彼女)のハートを射止めちゃう!

    一見難しいような用語や考え方も、身近なことにあてはめてみると、理解しや…

  5. アパレル・ファッション

    若く見られて喜ぶ起業家は、イメージアップを履き違えています

    あなたは普段、年齢よりも若く見られますか? 年相応に見られ…

  6. アパレル・ファッション

    「美人は得をする、ブスは損をする」はウソ

    美人は得をするブスは損をする ということが一般的にはよく言…

人気の記事

  1. 自己肯定感とファッションの関係
  2. 年収は出逢いのクオリティに比例する
  3. 服選びが苦痛で家から出なくなりました。
  4. 沖縄の貧困の本質は「稼げない人間関係」にある
  5. 今日からアメブロにハッシュタグをつけるのはやめましょう

ピックアップ記事

  1. シングルマザーの仕事選び。
  2. クリエイター(起業家)の勇気
  3. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  4. ASKAのようになろう
  5. 農家も武器を持とう
PAGE TOP