お見合いはどんな服装で行くのが正解?

男性にモテるファッションのヒントを、こちらのブログで何度かお伝えしています。

先日ワードローブ診断にうかがったお客様宅でのはなし。

断捨離希望とのことだったので、ワードローブを絶対スタメンの一軍、とりあえず保留の二軍、断捨離しましょうの三軍に分けていたのですが、
お客様が最も苦手とするタイプのトップスを発見。

以下、その時の会話です。

「フリフリやパールがついたUネックのカーディガンは、◎◎さんには苦手度が高くなりますね。年齢的にも若作りに見えちゃうかも。メインのワードローブとも合わせにくいと思いますよ。これも、昔のコンサバ時代の名残ですか?」

「あ、その辺のアイテム、、違うんです。」

「??」

「実はお見合いのおばさんにすすめられて。こういうのが男性には好印象だからって。自分でもこういうの似合わないの知ってたんですけど、おばちゃんが言うので買ったんです。。でもやっぱり似合わなくて。」

「…。」

おばちゃん!!!!

お見合いで求められるイメージって?

お見合いで求められる女性のイメージは

いいところのお嬢様感。
いい嫁になりそう感。
清楚な女子アナ風。

こんなところでしょうか。

そのために選ばれたであろう、いかにも可愛らしいトップスとアウター。

守ってあげたい女子を演出するファッション。

おばちゃんは知らなかったのでしょうね。

そういったアイテムは誰もが似合うわけではないことを。

好印象を与えるのは、その服装とその人の顔立ちやスタイルがマッチしていたから。

似合うかどうかは人それぞれです。

ちょっと話はそれますが、ふわふわモコモコの部屋着。

男性に人気ですよね。くっついても気持ちいいし、女の子らしさを感じると。

あれも言わせてもらえば、誰でも似合うわけではありません。

着る人が着ると、ただの太った人になります。

もしくはガタイが良く見えるか、おばさんぽく見えるか。決して可愛くみえません。

心当たりのある人、いませんか?

「お見合い 服装」で検索してみた結果

お見合いファッションについて検索してみると、色んな「モテ」ファッションが紹介されています。

例えば

明るい色(特に白)のトップスシフォンのブラウス
ぴったりとしたニット
Aラインのワンピース
やわらかい素材

どれも人によって似合う、似合わないが分かれるアイテムです。

「白のトップス」に関していえば、真っ白が似合う人もいれば少し黄みがかったアイボリーの方が顔色よく見える人もいます。

ぴったりとしたニットのせいで+◎キロに見えてしまう人もいれば、やわらかい素材を選んでもちっとも女性らしい丸みが出ない人もいます。

「ネットで集客をしたいなら、アメブロを使いなさい。自撮りを上げなさい。SNSを使いなさい。」

と言われてやってみても、成果が出る人と出ない人がいるのと同じで、その人に合った方法というのは性格や適正、知見といったその人の内的要因によって、また置かれている環境など外的要因によって決まるもの。

ファッションだって同じです。

あの人にとってのモテファッションがあなたにとってもモテファッションになるわけではないのです。

意見を聞くなら遠くのおばちゃんより近くのオトコ

世間一般の「モテ」コーデを傾向として知っておくのはいいけれど、あまり間に受けないように。

一人ひとりに合ったアドバイスをしてくれるならいいですが、お見合いファッションについて通り一辺倒のことしか言わないお見合いおばさんの意見は無視してよし。

もっとパーソナルな提案をしてくれるパーソナルスタイリストやイメージコンサルタントに相談してください。

もしくは、身近にいる、異性の友人、知人複数人から聞いて統計をとった方が
よっぽどあなたの魅力を生かした上で好印象を与えるファッションが分かると思いますよ。

無理してファッションだけ作っても、顔立ちやスタイル、ヘア、メイク、立ち居振る舞いにマッチしていないと、あなたの魅力が埋もれてしまいますからね。

The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. 農家も武器を持とう
  2. パレートの法則を崩す方法
  3. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  4. クリエイター(起業家)の勇気
  5. コンサルタントの財布にならないように

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    これを知らないとイメージ戦略も外見演出もほとんどの人が失敗します

    「見た目」で選ばれる経営者、起業家になるためには「目的」に合った外見演…

  2. アパレル・ファッション

    脱若作り! 年齢を重ねても若々しく見えるために必要なこと

    、イメージコンサルタントの斉藤です。今日は前回記事↓の続きにな…

  3. アパレル・ファッション

    女性起業家の外見力UPに有効な「似合う」の定義と活かし方

    「見た目」で選ばれる経営者、起業家になるための方法を書いています。…

  4. アパレル・ファッション

    美人にはなれなくても、雰囲気美人にはなれる

    前回記事の続きです。 前回の記事で、外見に自信のな…

人気の記事

  1. 今日からアメブロにハッシュタグをつけるのはやめましょう
  2. コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる
  3. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…
  4. 沖縄の貧困の本質は「稼げない人間関係」にある
  5. センスがいい、センスが悪いってどういうこと? ファッションセ…

ピックアップ記事

  1. シングルマザーの仕事選び。
  2. 農家も武器を持とう
  3. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  4. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  5. コンサルタントの財布にならないように
PAGE TOP