カウンセラー・セミナー講師向け、大人しく見られる人が第一印象で明るく元気に見せる方法

今回からは実践編。

具体的な外見演出の方法をお伝えしていきます。

今回のテーマは

「大人しく見られる人が明るく元気に見せる方法」

これは実際に、わたしのところに来て下さったお客様の例。

企業研修など人前に出ることの多いお仕事の方で、

「疲れてる?」「元気なさそうに見えるけど大丈夫?」と最近言われるので、明るくて元気な印象になりたいです。

と相談をいただきました。

明るい、元気=「陽」のイメージなのでそういった印象が求められる主に人を元気にさせる職業の人やセミナー講師などをされる方は知っておくといいです。

イメージアップの方法をお伝えする前にどういう人が「大人しそう」な印象を与えるのか今日はそこを詳しく書いていきたいと思います。

大人しく見える人の特徴

性格はサバサバしていて明るいのに第一印象で大人しそうと思われる、という人が結構います。

プライベートであれば内面を知ってもらう事で外見と内面のギャップを埋めていけますがビジネスではそうはいきませんよね。

この人にお願いしたいと思うかどうか話に説得力を持たせられるかは内面を知る前に「見た目」で決まってしまうことがあるからです。

「大人しそう」な印象を与える人は主にパッと見たときに「地味」だったり「覇気がない、元気がない」ように見える人とも言えます。

大人しそうに見える装い

ファッション

視覚情報の中でも「色」の影響は大きいのでやはりファッションはその人の第一印象を大きく左右します。
・ベーシックカラーばかり選ぶ
・くすみの強い落ち着いた色が多い

という人は要注意。

特に「くすみの強い色」は、似合わないと地味な印象になってしまいます。

疲れて見えるか、不健康そうに見えるか、年齢よりも上に見えるなどします。

ヘアスタイル

おでこやフェイスラインを覆ってしまって顔があまり出ないヘアスタイルは、暗い印象、自信のない印象を与えます。

メイク

ナチュラルメイクの人も多いですね。

お化粧をしているのかしていないのかあんまり分からない、とかすぐに化粧が落ちてすっぴんみたいになってしまう、という人も。

それから、クマやくすみの目立つ人。

クマやくすみはそのままダイレクトに疲れた印象に繋がります。

年齢を重ねるとより強く表れるのでメイクでしっかりとカバーしてあげることが大切です。

大人しそうに見える容姿

身体的な特徴としては、まず、色白で痩せている人。

病弱な印象を持たれやすいので、大人しいというイメージに繋がります。

また、顔型が面長の人はもともとの顔立ちで落ち着いた印象、大人っぽい印象を与えます。

これが時に「大人しそう」なイメージに繋がる場合も。

大人しそうに見える振る舞い、仕草

話す声がこもっていたり、声が小さい人は自分の意見をはっきり言えなさそう、というところから大人しい印象を与えます。

あまり目を合わさない人もいますね。

これも自信がないという印象に繋がってしまいます。

笑顔が少ない。表情の変化があまりない、というのも挙げられます。

まとめ

それぞれの印象には、その印象を与える「原因」が必ず存在します。

今回取り上げた「大人しそう」という印象は、何が原因でそう見られるのか。

まずは原因を知ることが大切。

そして、その特徴と真逆の演出をしてあげることで明るく元気な印象を作っていくことができます。

次回はその方法について、お伝えしますね。

The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  2. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  3. メルマガ購読のやめ時
  4. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  5. クリエイター(起業家)の勇気

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    おしゃれ迷子を助長するパーソナルカラーや骨格タイプの自己診断

    最近はパーソナルカラーや骨格診断の本がたくさん出ていて、「自己…

  2. アパレル・ファッション

    自己肯定感とファッションの関係

    カモフラ柄って、知ってますか?迷彩柄とも呼ばれるお洋服でよく見…

  3. コンサルタント

    年収は出逢いのクオリティに比例する

    たまにはプライベート自慢の話も交えて。 なぜ、僕がそこそこ稼が…

  4. アパレル・ファッション

    本当の「モテるファッション」の選び方

    自分にとっての「鉄板デート服、モテファッション」ってありますか?…

  5. アパレル・ファッション

    美人にはなれなくても、雰囲気美人にはなれる

    前回記事の続きです。 前回の記事で、外見に自信のな…

  6. アパレル・ファッション

    見た目における若見えとイタイ若作りの境界線

    Facebookで流れてくる女性起業家の自撮り写真を見ていると、「若作…

人気の記事

  1. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話
  2. 服選びが苦痛で家から出なくなりました。
  3. センスがないは勘違い! ファッションセンスを磨くためにするべ…
  4. お見合いはどんな服装で行くのが正解?
  5. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…

ピックアップ記事

  1. 農家も武器を持とう
  2. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
  3. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  4. パレートの法則を崩す方法
  5. 架空の病名を宣告するコンサルタント
PAGE TOP