センスがいい、センスが悪いってどういうこと? ファッションセンスに自信がない人へ

ファッションセンスに自信がないです。

もともとセンスがないのでオシャレが苦手です。

という悩みを聞くことがあります。

その悩みが深くなると、

お店に行く度に相当悩む。

試着をして服を買っても、家に帰って着てみると全然似合わなくて買い物で失敗した、、と落ち込む。

お店に行って試着もするけれど、結局買えないで帰ってくる。

服を買うのが怖くなって、無難なものを選ぶようになり垢抜けない自分にため息がでる。

その内、外に出るのも億劫になってあまり出掛けなくなる。

というプロセスを辿ります。

たかが服くらいで、そんなに?と思う人がいるかもしれませんが、

実際にこういう話をお客さんからよく聞きます。

「もう出掛けるのも苦痛だし、毎日が楽しくないんです。」

という言葉を。

ファッションセンスは磨くもの

ファッションに限らずですが、この「センス」というもの。

センス=先天的な才能だと思われがちですが、センス自体は誰でも持っています。

だって、理由は分からなくても、この人オシャレだなとか、何か変だな、位は感じますよね?

ただ、ダイヤの原石は磨かないと輝かないのと同じで、センスも磨かないとよくなりません。

昔はダサかったのに、大人になって垢抜けたひと、あなたの周りにもいませんか?

ファッションセンスに自信がないなら、センスを磨いて、育てて行けばいいのです。

知識の集積がセンスアップにつながる

それから、センスは感覚的なもの、という認識をしている人も多いと思います。

これは、センスがいい、センスが悪いと言いますが、センスは数字で測れるものではないからです。

例えば足が速い、遅いはタイムを測定して平均値を算出すれば平均値をもとに早いor遅いをジャッジできます。

けれどセンスは数値化することができないので、100%感覚的なものであり、磨くのは難しいと捉えがち。

だけど、センスは知識に基づくものです。

ファッションにおけるセンスがいい、は、そのシーンや一緒に居る人、自分に合っていること。

これらによってセンスがいい人と判断されます。

取り立ててスタイルがいいわけでも服のクオリティーやデザイン性が高いわけでもないのになんとなくオシャレに見える、こなれて見える人のファッションは必ず計算されています。

なぜこのパンツ丈なのか
なぜこのトップス×ボトムスなのか
なぜこの靴なのか
なぜこのコーディネートなのか

なんとなくの感覚で選んでいるように見えても、一つひとつ説明が出来るはずです。

・この丈が一番足が細く、長く見えることを知っているから
・ボリュームのあるトップスにはタイトなボトムスを合わせた方がすっきり見えると知っているから
・上半身のボリュームを受け止めるためには、存在感のある靴の方がわたしの場合はバランス良く見えると知っているから
・◎◎素材は動きやすいと知っているから
・一緒に行く人はこういうファッションが好きだと知っているから

例えばこんな風に。

つまり、センスは知識の集積によって、磨くことが出来ると言えます。

じゃあ具体的にどんな風にどんな知識を増やしていけばいいのか。

次回は、ファッションセンスを磨くためにするべき2つのことについて書いていきますね。



The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. 楽しい時間の罠
  2. パレートの法則を崩す方法
  3. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒す秘密の質問方法
  4. メルマガ購読のやめ時
  5. 自分教という宗教をつくりたい人へ

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    自分を大切にしていない人は内面ブスの可能性あり

    前回まで、外見の磨き方について書いてきましたが今日は内面美人のお話を。…

  2. アパレル・ファッション

    脱若作り! 年齢を重ねても若々しく見えるために必要なこと

    、イメージコンサルタントの斉藤です。今日は前回記事↓の続きにな…

  3. アパレル・ファッション

    髪は女の命というけれど、日本人女性の7割が髪で損をしているらしい

    、斉藤です。突然ですが、美容院にはどの位の頻度でいきますか?…

  4. アパレル・ファッション

    「美人は得をする、ブスは損をする」はウソ

    美人は得をするブスは損をする ということが一般的にはよく言…

  5. アパレル・ファッション

    若く見られて喜ぶ起業家は、イメージアップを履き違えています

    あなたは普段、年齢よりも若く見られますか? 年相応に見られ…

人気の記事

  1. パーソナルカラーに縛られすぎるとファッションが退屈になる理由…
  2. センスがいい、センスが悪いってどういうこと? ファッションセ…
  3. 年収は出逢いのクオリティに比例する
  4. 自己肯定感とファッションの関係
  5. コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる

ピックアップ記事

  1. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  2. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
  3. シングルマザーの仕事選び。
  4. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  5. 農家も武器を持とう
PAGE TOP