センスがないは勘違い! ファッションセンスを磨くためにするべき2つのこと

今日は前回記事の続き。

ファッションセンスがない、悪いと思っているひとにファッションセンスを磨く方法をお伝えします。

センスは誰にでも備わっているもの。

そしてそのセンスは知識の集積によって磨くことが出来る。

というところまで、前回お伝えしましたね。

では早速。

センスを磨くために必要なのは

ファッションに関する知識を得ること。

自分について知ること。

この2つです。

至って当たり前のこと。

これを行えば、誰でもセンスは良くなります。

ファッションに関する知識を集める

ファッションのコーディネート提案をしていると、例えば

こんな組み合わせ思いつかなかったです。
こんな配色したことなかったです。

と言われることがありますが

トップスとボトムスの組み合わせ、小物の合わせ方、配色、着こなし方などは思いつかないだけ。

思いつかないのは、知らないから。

知っているかどうかの違いだけです。

わたしはファッションもデザインも好きですが、インテリアが苦手です。

共通点多いんじゃないの?とも思いますが、お洋服のコーディネートは出来てもお部屋のコーディネートはあまり得意じゃない。

これはやはり、知識がないから。

コーディネート事例をたくさん見てきたわけではないし毎月インテリア雑誌を買う訳でもなし。

インテリアを見るのは好きだけど、だからと言って積極的にお店に足を運だりもしていない。

わたしがインテリアに触れるのは、いつも買う雑誌のインテリア特集をパラパラ見たり、友人の新居に遊びにいったりした時くらい。

インテリアの分野にどんなカテゴリーがあるのかもよく分からないし、こういうアイテムとこういうアイテムの相性がいい。

といったことも説明出来ません。

もちろん、配色やバランスなどファッションやデザインと共通するところもあるのだろうけど分野が違えばやはり別物ですよね。

ファッションセンスも同じこと。

ただ単に知らないから、それが苦手意識に繋がっているだけです。

ファッションに関する知識といっても色々あるので、もっと具体的な行動に落とし込むなら

・色んな雑誌を見る(年代、カテゴリー問わず)
・おしゃれ指南本を見る
・友だちとファッションの話をする(服を買う場所とか、服を選ぶときのこだわりとか)
・街でおしゃれだなと思う人を探してみる ・ショップの販売員さんと会話してみる

といったように、「ファッション」のアンテナを立てて情報を得ようとすればいくらでも知識はインプットできるはずです。

また、いち早くトレンドを取り入れたファッションをしている人はセンスがいいと感じますが、ファッションのこれまでの歴史やトレンドの変化を知っていれば

日々、ファッション系のニュースに触れていて、過去からの情報が自分の中に蓄積されていれば

次に◎◎が来るという時代の変化にも敏感に反応でき、予測も出来るようになります。

トレンド=おしゃれではない

ファッションの知識を集めようとすると、トレンド情報がたくさん目に入ってくるはずです。

トレンドをうまく取り入れている人は「今」の時代にマッチしたファッションをしていてセンス良く見えますよね。

でも、たまにいませんか?

頭の先からつま先までトレンド要素高め。

だけどなぜかオシャレには見えないし、他の人と同じに見えるんだけど、、、という人。

そういう人は、ファッションにおいて必要なもう一つの情報が欠けているんですね。

客観情報を知る

もう一つの情報というのがこれ。

自分についての客観情報です。

要は、自分についての客観的な情報(体型や顔立ち、雰囲気など)をどれだけ知っているかということ。

オシャレが好きなAさんとBさんがいるとします。

トレンドで身を固めているわけではないのにオシャレに見えるAさん
トレンドアイテムで固めているけれど、オシャレには見えないBさん

この2人の違いは、自分の個性をどれだけ分かっているかにあります。

なんてことない服でもオシャレに見えるのは、自分の体型や顔立ち、雰囲気にはどんな服が似合うのか分かっているから。

注意するべきなのは情報を知ると言っても、思い込みや主観ではなく、客観情報を集めることです。

ピンクが好きだから、可愛い恰好が好きだから、といった好きor嫌いの主観で服を選んでいては、センス良くはなりません。

好きな格好をしていて、いつも何だか垢抜けないなぁ、しっくりこないなぁという人は客観情報が欠如している可能性が高いです。

まとめ

ファッションセンスを磨くために必要な2つの情報について書きました。

・ファッションに関する知識を得ること。
・自分について知ること。

ファッションセンスに自信がない、何を着たらオシャレに見えるのか分からない、雑誌やSNSで見るオシャレさんのように自分もなりたい。

と思うなら、今日紹介した2つのことを、今から始めてくださいね。

The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  2. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  3. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  4. クリエイター(起業家)の勇気
  5. 楽しい時間の罠

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    髪は女の命というけれど、日本人女性の7割が髪で損をしているらしい

    、斉藤です。突然ですが、美容院にはどの位の頻度でいきますか?…

  2. アパレル・ファッション

    本当の「モテるファッション」の選び方

    自分にとっての「鉄板デート服、モテファッション」ってありますか?…

  3. アパレル・ファッション

    第一印象で「明るい」「元気」に見せるメイク、ヘア、立ち居振る舞いのコツ

    第一印象で大人しいと思われる人が「明るい」「元気」に見せる方法。…

  4. アパレル・ファッション

    第一印象の良い起業家が損をする理由

    ビジネスにおいてもプライベートにおいても「第一印象が大事」というのはど…

  5. アパレル・ファッション

    選ばれる経営者、起業家になれる見た目の作り方

    前回の記事では、起業をしているひとにとって「若く見られる」ことは必ずし…

人気の記事

  1. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…
  2. 自己肯定感とファッションの関係
  3. 本当の「モテるファッション」の選び方
  4. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話
  5. 年収は出逢いのクオリティに比例する

ピックアップ記事

  1. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
  2. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  3. 農家も武器を持とう
  4. クリエイター(起業家)の勇気
  5. コンサルタントの財布にならないように
PAGE TOP