モテファッションはTPPOに合わせるだけでは完成しない

、斉藤です。

前回記事の続きです。

 
「いつ」「どこで」「誰と」「何をするか」を考えて着る服を選ぶことが「モテるファッション」には必要だと前回お伝えしましたが

「モテるファッション」は、「TPPOを考える」だけでは完成しません。

綺麗に着る

服を綺麗に着ることは基本中の基本ですが、サボっている人、適当にしている人は案外多いと思います。

シワがよっていたり、
ヒールのかかとが汚れていたり
着古した感じがでてしまっていたり
ニットの毛玉が目立っていたり。

ヒールのかかとがすり減って、金具がむき出しになったまま「カンカン」音を立てて歩いている女性を見かけますがせっかく身ぎれいにしていても、これでは台無しです。

がさつな印象、品が良くない印象を与えてしまいます。

それから、意外と気にしない人がいるのが下着。

透けないか、透けても大丈夫な色、デザインかどうか。

気を付けていますか?

特に白のボトムを履くときには、ショーツのラインが出ないように透けない下着を選ぶのが普通。透けてる人やショーツのラインがくっきりな人、意外と多いですよ。

自分にとっての「モテ服」を見つけましょう

最後に重要なのが、
そのファッションが「あなたに合っているかどうか」です。

もこもこニットで柔らかさ、優しい印象を演出するつもりがなんか無理してる感じになっていませんか?着太りしてしまっていませんか?

また、肌を見せてヘルシーな色気を演出しようと思ったのになんだか寂しい印象になっていませんか?

男性が好むファッションと
あなたを魅力的に見せるファッションは違います。

とろみブラウスやふわふわニットといったアイテムを20代の頃はわたしも着ることがありました。

いわゆる飲み会や、デートのときに。

でも、どうしてもしっくりこないんです。

いつもよりもむっちりして見えるし、女性らしく見えるどころか、逞しく見える。

これらのアイテムはわたしのウィークポイントを助長するファッションだったのです。

お客さんの中にも女性らしい服が苦手という方がいますが、その多くは、挑戦したアイテムや合わせ方が単に似合っていなかっただけ。

という場合は多いです。

あなたに合った「女性らしいファッション」は必ずあります。

その人なりの「女性らしさ」を引き出すことが「モテ」に繋がるのだと思います。

TPPO(時間、場所、人、目的)だけでなく、綺麗に着ること、あなたを魅力的に見せてくれることこの2つも意識してくださいね。

The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  2. パレートの法則を崩す方法
  3. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  4. クリエイター(起業家)の勇気
  5. 農家も武器を持とう

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    美人力アップでもっと雰囲気美人になる方法

    前回に引き続き、今日も、雰囲気美人になるために必要な外見の磨き方につい…

  2. アパレル・ファッション

    自己肯定感とファッションの関係

    カモフラ柄って、知ってますか?迷彩柄とも呼ばれるお洋服でよく見…

  3. アパレル・ファッション

    選ばれる経営者、起業家になれる見た目の作り方

    前回の記事では、起業をしているひとにとって「若く見られる」ことは必ずし…

  4. アパレル・ファッション

    お見合いはどんな服装で行くのが正解?

    男性にモテるファッションのヒントを、こちらのブログで何度かお伝えしてい…

人気の記事

  1. 服選びが苦痛で家から出なくなりました。
  2. 沖縄の貧困の本質は「稼げない人間関係」にある
  3. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話
  4. パーソナルカラーに縛られすぎるとファッションが退屈になる理由…
  5. センスがいい、センスが悪いってどういうこと? ファッションセ…

ピックアップ記事

  1. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  2. クリエイター(起業家)の勇気
  3. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
  4. コンサルタントの財布にならないように
  5. 自分教という宗教をつくりたい人へ
PAGE TOP