第一印象で選ばれる「明るい」「元気」に見せるファッションのコツ

前回の記事の続きです。

 
前回は、第一印象で大人しく見られる人の特徴をお伝えしました。

今日はその解答編。

具体的に何をどうしたら「明るい」「元気」な印象を与えることが出来るのかを書いていきますね。

まずはファッションから

ファッションは、視覚情報の中でも占める面積が大きいのでそれだけ影響力のある部分です。

なので、イメージを変えるならまずはファッションを見直すのがおすすめ。

なにより手っ取り速いですし、簡単に変えられるところですよね。

色の力を借りる

色にはさまざまな心理効果があります。

「明るい」「元気」「陽気」「エネルギッシュ」など「動」や「陽」の印象を与えたいときには、暖色系のカラーを取り入れてください。

赤、ピンク、オレンジ、黄色、ですね。

反対に、青のような寒色系の色は心を落ち着かせる効果があるので、「冷静」「クール」「知的」など「静」や「陰」の印象を与えます。

また、くすみの強い色は似合う、似合わないがはっきりと分かれる色にもかかわらず結構選んでしまっている人が多いです。

人によっては地味で冴えない印象になるので避けましょう。

どこかに華やぎアイテムを

ベーシックカラーでまとめたコーディネートや華やかさが足りないと感じるときにはどこかに一点、カラーアイテムや存在感のある主役アイテムを投入するだけでも印象は変わります。

例えば靴。

これだけでも十分華やかになりますね。

また、シンプルなファッションのときにはネックレスやピアスといったアクセサリーを主役にするのも有効です。

シンプルだからこそ、存在感のあるアクセサリーが更に引きたちます。

似合うものを活用することで更にイメージアップを

一つひとつのアイテムの素材やデザイン、コーディネートのバランスは、人によってベストなものが違ってきます。

デザインのある服が似合う人もいれば、シンプルな服の方が魅力が引き立つ人も。

仮に、シンプルな服が似合うひとがデザイン性の高い服を着ると、太って見えたり、垢抜けなかったりしますし

デザインのある服が似合うひとがシンプルな服を着ると地味な印象が強化されたり、寂しい印象になってしまいます。

なので、お洋服選びについては「似合う」をベースに上述した要素を活用するようにしてください。

次回は、メイク、ヘア、立ち居振る舞いなどの点からお伝えします。

特にメイクは、ファッションと合ってなくてちぐはぐでは意味がない、というかかえってマイナスなイメージになってしまうのでファッションと同じくらい気を付けたいところです。

普段あまりメイクに時間をかけない、またいつも同じメイクをしているという人は簡単なポイントを抑えるだけで簡単に印象を変えられるのでぜひ読んでくださいね。

The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. ASKAのようになろう
  2. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  3. クリエイター(起業家)の勇気
  4. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  5. 農家も武器を持とう

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    若く見られて喜ぶ起業家は、イメージアップを履き違えています

    あなたは普段、年齢よりも若く見られますか? 年相応に見られ…

  2. アパレル・ファッション

    選ばれる経営者、起業家になれる見た目の作り方

    前回の記事では、起業をしているひとにとって「若く見られる」ことは必ずし…

  3. アパレル・ファッション

    服選びが苦痛で家から出なくなりました。

    経営者向けではなく一般の人向けにやっている、ファッションコンサルやショ…

  4. アパレル・ファッション

    見た目における若見えとイタイ若作りの境界線

    Facebookで流れてくる女性起業家の自撮り写真を見ていると、「若作…

  5. アパレル・ファッション

    おしゃれ迷子を助長するパーソナルカラーや骨格タイプの自己診断

    最近はパーソナルカラーや骨格診断の本がたくさん出ていて、「自己…

人気の記事

  1. お見合いはどんな服装で行くのが正解?
  2. パーソナルカラーに縛られすぎるとファッションが退屈になる理由…
  3. 脱若作り! 年齢を重ねても若々しく見えるために必要なこと
  4. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…
  5. 沖縄の貧困の本質は「稼げない人間関係」にある

ピックアップ記事

  1. シングルマザーの仕事選び。
  2. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  3. メルマガ購読のやめ時
  4. クリエイター(起業家)の勇気
  5. ASKAのようになろう
PAGE TOP