第一印象で「明るい」「元気」に見せるメイク、ヘア、立ち居振る舞いのコツ

第一印象で大人しいと思われる人が「明るい」「元気」に見せる方法。

前回はファッションについて書きました。

今日はファッション以外の部分、メイク&ヘア、立ち居振る舞いなどについてお伝えします。

ファッションは今どき、でもメイクやヘアスタイルは大丈夫?

前回の記事でもお伝えしましたがイメージチェンジをするなら、ファッションは一番変えやすい部分。

目に入る面積が大きいですし、視覚情報の中でも「色」の占める影響は大。

なので、着る服を気にする人は多いのですがファッションと同じ位大切なのがメイクとヘアです。

逆に、ファッションを変えてもメイクやヘアスタイルがファッションに合っていないとイメージダウンにしかなりません。

服だけトレンドアイテムを取り入れてメイクは昔のマットなコンサバメイクのまま、しっかりとアーチを描いた眉毛、というひとを特に40代以降の女性で見かけます。

ファッションは時代と共にアップデートをしているのに、メイクは昔のまま変わっていないんですね。

心当たりのある人は要注意です。

明るく元気に見えるメイク&ヘア

対面したときに視野に入るのは顔なので、ファッション以上に、メイクとヘアには気を配ってください。

ポイントは、健康的に見えるかどうか。

それが元気な印象へと繋がります。

血色の良いメイク

もともと顔色が悪い、くすみが気になる人にはコントロールカラーがおすすめ。

コンシーラーは付け過ぎるとマットな仕上がりになるので、厚塗り感が嫌という人にも◎

黄色、オレンジ、ピンクなどの暖色はくすみをカバーして、血色をUPしてくれます。

このひと手間で随分変わりますよ。

肌の色に合ったメイクカラー

肌に馴染まないメイクカラーはくすみの原因になります。

メイクをしたてのときは良いけれど、夕方鏡を見てびっくり、という経験があるならメイクカラーがお肌に合っていない可能性が高いです。

ファンデーション、チーク、アイシャドウ、リップ。

メイクカラーに関してはトレンドよりも「似合う」を重視した方が、断然キレイな仕上がりになります。

チークはマスト、唇もヌーディーな感じより色味のあるものを。

健康的に見せるなら、チークはマストです。

あまり表情が豊かではなく、元々血色があまりない人だと、チークがないと陶器の人形っぽく冷たい感じに見えることがあります。

普段あまり使わない人も、ここぞの時にはぜひ使用してください。

テクスチャーによってツヤ感UP、透明感UPなど仕上がりが変わるのでなりたい印象によってパウダーかリキッドかなど選ぶと良いです◎

それから、明るい印象を与えたいならヌーディーなベージュ系のリップカラーはおすすめしません。

明るめの色を選ぶか、唇の血色が良い人は色付きのグロスでも十分な場合もあります。

ハイライトを入れて明るさをプラス

明るく若々しい印象を作りたいなら、ハイライトも有効です。

ハイライトもお肌に合った色味を選んで、顔型に合わせて入れてください。

基本メイクはしっかりと

素肌っぽい質感が最近のトレンドではありますが、仕事においてはある程度しっかりしたメイクが望ましいです。

髪のツヤ

乾燥したパサパサなヘアは不幸感につながります。

日頃のお手入れやスタイリング剤に注意して、ツヤのあるヘアを演出しましょう。

明るく元気に見える立ち居振る舞い、話し方、表情などのポイント

所作はきびきびと。

話し方は自信を持ってはきはきと。

声の大きさを意識することも大切です。

第一声を大きくすると、それだけでも元気な人と思われます。

声が小さい人は、まずは第一声だけでも意識してください。

それから表情において一番大事なのは笑顔。

笑顔を作るのが苦手な人は最初は意識をしないと出来ないと思いますが普段から意識することでそれが習慣になり無意識で出来るようになります。

まとめ

大人しそうに見える人は相手に主導権を握られたり、上から来られたりする。

暗い人と思われると信頼感に繋がりにくい。

など特にビジネスにおいてはマイナスに働く場合が多いと思います。

もっと存在感を出したい、内面とのギャップをなくしてもっとコミュニケーションをスムーズにとれるようになりたい、という人は「明るく」「元気」に見せる方法、簡単に出来るところから取り入れてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. コンサルタントの財布にならないように
  2. ASKAのようになろう
  3. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  4. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  5. 楽しい時間の罠

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    髪は女の命というけれど、日本人女性の7割が髪で損をしているらしい

    、斉藤です。突然ですが、美容院にはどの位の頻度でいきますか?…

  2. アパレル・ファッション

    美人力アップでもっと雰囲気美人になる方法

    前回に引き続き、今日も、雰囲気美人になるために必要な外見の磨き方につい…

  3. アパレル・ファッション

    自己肯定感とファッションの関係

    カモフラ柄って、知ってますか?迷彩柄とも呼ばれるお洋服でよく見…

  4. アパレル・ファッション

    若く見られて喜ぶ起業家は、イメージアップを履き違えています

    あなたは普段、年齢よりも若く見られますか? 年相応に見られ…

人気の記事

  1. ユダヤでは、妊娠40日までは堕胎してもよい
  2. 【※警告】今すぐFacebook(SNS)の友達をブロックせ…
  3. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話
  4. お見合いはどんな服装で行くのが正解?
  5. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…

ピックアップ記事

  1. ASKAのようになろう
  2. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  3. コンサルタントの財布にならないように
  4. メルマガ購読のやめ時
  5. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
PAGE TOP