美人にはなれなくても、雰囲気美人にはなれる

前回記事の続きです。

 
前回の記事で、外見に自信のない人は外見を磨けばいいし内面に自信のない人は内面にアプローチをしていけばいい。

とお伝えしました。

今日は、外見に自信のない人の外見の磨き方について書いていきたいと思います。

自分の魅力を磨いていないひとがほとんど

その前にまず、外見に自信のない人に質問したいのですが、普段から外見に気を使っていますか?

オシャレになろうと努力をしたり
メイクを試行錯誤してみたり
笑顔の練習をしたり

やっていますか?

どうせ何着てもそんなに変わらないし
ショッピングに行っても何買っていいか分からないし
オシャレ苦手だし、メイク苦手だし

って、適当にしていませんか?

同じ「外見に自信がない人」でも努力をしている人と努力を放棄している人とでは話が違ってきます。

前者は努力の方向性を見直すか質を上げていけば良いですが後者の努力をしていない「外見に自信のない人」の多くは、自分の魅力に気付いていないだけ。そして磨いていないだけ。

もしくは、おざなりなファッションやメイクによってむしろ魅力を隠してしまっていることがほとんどです。

そういう人は、ぜひ、出来るところから、興味を持てそうなところからでいいので外見を磨く行動をしてください。

雰囲気美人は作れる

顔が小さい
パーツのバランスが良い
くっきり二重で整った顔立ち

など、生まれつきの天然美人には、簡単に太刀打ち出来るものではありません。 (整形は別として)

でも、ファッション、ヘア、メイク、姿勢や所作などそれなりに気を使えば、誰だって雰囲気美人にはなれます。

顔立ちが女優さんのように整っていなくても顔の比率が黄金比になっていないくても知識とテクニックさえあればトータルで美人に見えるものです。

特に、女性の場合、メイクの力は大きいですよね。

衝撃的なメイクのBefore→After写真や動画が話題になったことがありましたが、ほんと、これを見ると元々の顔の造形なんて、全く関係ないじゃん。

と思ってしまいます。

まさに、詐欺レベルです 笑。

ここまでとは言いませんが、でもメイクのテクニックさえ磨けば、誰だって美人になれちゃうんですよね。

具体的には外見はどう磨く?

じゃあ、具体的に外見磨きは何をどうすればいいのか?

ということで、参考までにわたしの話を。

コンプレックスが無い人は居ないと思いますが、わたしも人並みにコンプレックスを抱えています 笑。

例えば、、、

目つきは悪いし、目はちょっと離れてるし、
エラもあるし、くすみはひどいし、
笑うと法令線にファンデーションがたまるし、
すっぴんだと顔色悪いねって言われるし

着太りしやすいし、がっしり見えるし、
二の腕はぽよんぽよんだし
太ると顔がパンパンになるし、地黒だしetc…

まぁ、数え上げればきりがありません。

なので、そんなコンプレックスをカバーすべく、それなりにファッション、ヘア、メイク、外見には気を使っています。

ファッションであれば、

・少しでも細くすっきり見せる方法は?
・女性らしく見えるコーディネートバランスは?

メイクであれば、

・顔色良くみえるメイク術は?
・優しく見えるアイメイクのテクニックは?
・目が寄って見えるアイラインの入れ方は?

などなど。。

ファッションもヘアもメイクも基本的には似合うものを軸に考えます。

その方が、コンプレックスよりもチャームポイントを引き立たせてくれるので。

それから、気になる部分をカバーする方法を試行錯誤。

また、「似合う」要素だけでは垢抜けないので、時代感も取り入れるようにしています。

見た目年齢、実年齢とのバランスも考えています。

美意識が高いですね。と、会ったことのない人や初対面の人、初対面に近い人に言われることがありますが自覚は全くありません。

しいて言えば、その手間が習慣になっているだけ。

あとは単純に、ファッションもメイクも好きだから。

「ファッションもメイクも苦手なのでなんとかしたいです。」

と言ってわたしのところに来て下さるお客さんは

自分の変化を感じることで、それまで興味がなかったファッションもメイクも楽しくなりもっともっとと変わりたいスイッチが入って、自発的に行動されるようになりどんどん美しくなります。

比べるのは隣の美人ではなくて、昨日の自分、過去の自分。

まずは出来るところから動いてみる。

雑誌を買って好きなコーディネートを切り抜いてイメージボードを作るでもいいし、メイクの本を買ってコンプレックスを目立たなくする方法を実践するでもいい。

小さな行動でも、変化を感じることで、もっと美しくなりたい!という向上心が自然と沸いてくるものです。

The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  2. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  3. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  4. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  5. 農家も武器を持とう

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    女性起業家の外見力UPに有効な「似合う」の定義と活かし方

    「見た目」で選ばれる経営者、起業家になるための方法を書いています。…

  2. アパレル・ファッション

    本当の「モテるファッション」の選び方

    自分にとっての「鉄板デート服、モテファッション」ってありますか?…

  3. アパレル・ファッション

    髪は女の命というけれど、日本人女性の7割が髪で損をしているらしい

    、斉藤です。突然ですが、美容院にはどの位の頻度でいきますか?…

  4. アパレル・ファッション

    自己肯定感とファッションの関係

    カモフラ柄って、知ってますか?迷彩柄とも呼ばれるお洋服でよく見…

人気の記事

  1. 好きな色も生かしてパーソナルカラー(似合う色)とうまく付き合…
  2. 今日からアメブロにハッシュタグをつけるのはやめましょう
  3. 自己肯定感とファッションの関係
  4. 本当の「モテるファッション」の選び方
  5. ”やるかやらないか”自己啓発と決別する日

ピックアップ記事

  1. コンサルタントの財布にならないように
  2. ASKAのようになろう
  3. メルマガ購読のやめ時
  4. シングルマザーの仕事選び。
  5. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
PAGE TOP