脱若作り! 年齢を重ねても若々しく見えるために必要なこと

、イメージコンサルタントの斉藤です。

今日は前回記事↓の続きになります。

「イタイ若作り」と「若見え」の違いは年齢や全体で見たときの「違和感」によるとお伝えしました。

今日は、若作りではなく、年齢に合った若々しさを保つために必要なことについて書いていきたいと思います。

若作り→若見えにするためにはやりすぎないこと

前回の記事で若作りに見えるファッションやメイクを紹介しましたがまず一番に考えて欲しいのは若い頃のようにトレンドを追うより、自分の「スタイル」を確立すること。

特に40代以降の女性はシンプルでも質の良い服を着ることをおすすめします。

プチプラを自慢して着ていいのは20代まで。

もちろん、子育て中などのライフスタイルや経済的な事情によってお洋服にそれほどお金をかけられない場合はありますが、

だからと言って、大人女性のプチプラ自慢は時に「イタイ」と思われることがあります。

これはプチプラのお洋服がダメ、と言っている訳ではなくて、それをさも得意げにアピールしたり、自慢している姿が恥ずかしいですよ、ということです。

外見は、それまでの人生で経験したあなたの人としての深みや豊かさを表す、一番外側の内面です。

だからこそ、安いからという理由で服を選ぶよりも、今のあなたにフィットするもの、また色んな経験を経てきた40代からは、年齢に合った質のいいものにも目を向けるようにしてください。

それから、体型に合った服装であることも大切です。

「20代の頃から体重が変わっていないのが自慢です。」

という人がいますが、体重は変わっていなくても、体型は変わっているはずです。

若い頃はなかったところにお肉がついたりしていませんか?

今の体型に合った服を選んでください。

メイクはナチュラルを心がけましょう。

まつ毛エクステ、カラーコンタクトなどに頼るのも盛り過ぎはただの若作りになります。

外見だけでなく、内面の輝きも大事

外見以外のことでいうと、好きなことをしている人や行動している人新しい刺激を取り入れている人、挑戦し続けている人は年齢問わず、若々しく見えるものです。

そういった、内面から滲み出るオーラも大切ですね。

そもそも、若作りをしてしまうのは、

「若い頃の自分が一番価値がある」
「歳を重ねていくにつれて、ピークは過ぎていく」

といった心の表れではないでしょうか?

常に自分をアップデートし続けている人は、今の自分が一番魅力的と思っているはず。

そういう「生き方」をしていくことが、一番若々しくいられるコツですね。

最後に、若作りに走ってしまう、これからのファッションの軸が定まらない、という人におすすめの地曵さんの本『服を買うなら、捨てなさい』を紹介しておきます。

昨年話題になった本ですが、30代以降のおしゃれ迷子さんをはじめ、年齢の重ね方や自分らしい生き方を模索している人にもおすすめです。印象に残った一節を紹介します。

若いということは、今を生きること。

今という時代にフィットすること。

若く見せるということは若かった頃に戻ろうとすることではありません。


The following two tabs change content below.
Webデザイナーでイメージコンサルタント。Web業界12年目。アクセス解析が趣味。キラキラしない派。超絶着痩せテクで体重増加と戦う毎日。Web集客スキルを生かし、アフィリエイトブログも運営中。

ピックアップ記事

  1. 楽しい時間の罠
  2. 農家も武器を持とう
  3. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  4. コンサルタントの財布にならないように
  5. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒す秘密の質問方法

関連記事

  1. アパレル・ファッション

    自己肯定感とファッションの関係

    カモフラ柄って、知ってますか?迷彩柄とも呼ばれるお洋服でよく見…

  2. アパレル・ファッション

    美人にはなれなくても、雰囲気美人にはなれる

    前回記事の続きです。 前回の記事で、外見に自信のな…

  3. アパレル・ファッション

    これを知らないとイメージ戦略も外見演出もほとんどの人が失敗します

    「見た目」で選ばれる経営者、起業家になるためには「目的」に合った外見演…

  4. アパレル・ファッション

    見た目における若見えとイタイ若作りの境界線

    Facebookで流れてくる女性起業家の自撮り写真を見ていると、「若作…

  5. アパレル・ファッション

    髪は女の命というけれど、日本人女性の7割が髪で損をしているらしい

    、斉藤です。突然ですが、美容院にはどの位の頻度でいきますか?…

  6. アパレル・ファッション

    「美人は得をする、ブスは損をする」はウソ

    美人は得をするブスは損をする ということが一般的にはよく言…

人気の記事

  1. 服選びが苦痛で家から出なくなりました。
  2. トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報…
  3. 好きな色も生かしてパーソナルカラー(似合う色)とうまく付き合…
  4. モテファッションはTPPOに合わせるだけでは完成しない
  5. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話

ピックアップ記事

  1. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  2. メルマガ購読のやめ時
  3. 農家も武器を持とう
  4. コンサルタントの財布にならないように
  5. 楽しい時間の罠
PAGE TOP