ビジネスは利回りの良い箱をつくること

骨折話の続きになりますが、骨折しようが倒れようが相も変わらずビジネスは回っていきます。

つまり、収入が途絶えることはありません。

さすがに、病院に直行した日は、コンサルの日と被ってしまっていたので、急遽スケジュール変更をお願いし、突然のご迷惑をおかけしてしまいましたが。
 

とはいえ、ビジネスへの支障は全くありません。

通常、仕事はオフィスでしていますが、それは来客対応のためだったり、インプットのための資料が豊富だったりと、要は、仕事のしやすさを追求するためにオフィスを置いているというだけの話なので、

情報やデータはクラウドで共有できるので、欲しいものだけオフィスに取りに行って、じっくり仕事をする場所をオフィスから自宅に変更したくらいです。

まぁ、僕はオフィスという空間が好きなので、そこに行けないことは「トホホ」ですが。
 

しかし、慌てることも不安もありません。

それもこれも、現物の仕入れも必要無く、管理すべきスタッフもいない、コンサル・情報発信ビジネスの特権ですね。
 

で、マーケティングの仕組みができていればなおさら何の心配も要りません。

例えば、リストを獲得するのに、広告を出しステップメールに登録してもらいフロント商品を購入してもらう。

その中から資質の高いクライアントにコンサルティングを実施して儲けてもらい、次のステージに行くためにさらに投資をしてもらう、といったバックエンドにつなげていくフローです。

このフローはかなりシンプルです。

利回りが良い箱に投資さえ続けていれば、何倍にもなって利益が出てくるというシンプルなマーケティングの仕組みです。

魔法の箱でもなんでもなく。
 

このお金をつぎ込めばつぎ込むほど、青天井でお金が増えて行くという考え方は、ビジネスのスタートアップの人はなかなかピンとこないかもしれませんが、この仕組みができてこそやっとスタートです。

来月どうなるかわからないようなビジネスは、もはやギャンブルでしかないわけですから。
 

もちろん、体がボロボロになって、クライアントの対応ができなくなったら、コンサル契約を切られることもあるでしょう。

それも、資産型のブログを複数所持して、アフィリエイトなどの広告収入の確保やコンテンツ販売からの収益を確保するなど、収入源を複数化していれば問題ありません。
 

コンサルタントは労働集約型ですが、他者と価格や労働量でしか差別化できない、単価の低い”奴隷コンサルタント”だけが苦しんでいるだけです。

単価を上げたり”一対多”にするなどすれば、労働時間を減らして収入を増やすことはいくらでも可能ですからね。
 

今のビジネスはあなたが倒れても収入は減りませんか?

もし立ちいかなくなる危険性があるのであれば、コンサルティングビジネスや資産型ブログを運営するなど、今のうちに収入の柱を増やしておきましょう。
 

目先の売上ももちろん大事ですが、将来を見据えて時間とお金を投資できる人しか勝ち残っていけないのがビジネスです。

特に、マンパワーでどうにもならない個人ビジネスやスモールビジネスは、この未来への取り組みこそが重要になります。

あなたの明るい未来の展望を聞かせてください。

それを形にするための基本的な方法を階段を上るようにお教えします。

The following two tabs change content below.
コンサルタント歴11年(フリーでは4年目)。プロフィット・ミックスも順調。毒舌だけどネガティブ思考。でも楽観主義。本業はコンサルタントでありながらブログは30万PVを超える月もある。セミナーが大嫌いなマーケティングコンサルタント。

最新記事 by 服部慎也 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. パレートの法則を崩す方法
  2. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  3. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  4. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  5. 楽しい時間の罠

関連記事

  1. コンサルタント

    コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒す秘密の質問方法

    情報発信をする上でも、情報を受信する上でも、質問力というのは重要になっ…

  2. コンサルタント

    年収は出逢いのクオリティに比例する

    たまにはプライベート自慢の話も交えて。 なぜ、僕がそこそこ稼が…

  3. マインドセット

    ”やるかやらないか”自己啓発と決別する日

    多くの指導者は、最終的によくこう言います。「あとはやるかやらな…

  4. コンサルタント

    楽しい時間の罠

    自分の時給分かりました?先日書いたブログの内容がなかなか好評で…

  5. コンサルタント

    あなたの綱渡りの高さは?

    ビジネスが上手くいっていない状況、つまり、「失敗」という状況に陥るパタ…

  6. ビジネス

    100万人に1人のレアな人になる方法

    個人でビジネスをしていく場合、年収の目安としては1000〜2000万円…

人気の記事

  1. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話
  2. 本当の「モテるファッション」の選び方
  3. お見合いはどんな服装で行くのが正解?
  4. コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる
  5. 沖縄の貧困の本質は「稼げない人間関係」にある

ピックアップ記事

  1. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  2. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  3. コンサルタントの財布にならないように
  4. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  5. シングルマザーの仕事選び。
PAGE TOP