楽しい時間の罠

自分の時給分かりました?

先日書いたブログの内容がなかなか好評で

「こんなに現実に向き合たことはなかった」
「ザワザワするけどやるべきことが明確になった」
「サラリーマンでは一生目標年収に届かない」
「もう1本ビジネスの柱をつくる参考になった」

など、メッセージをいただいています。

まだの人はぜひチャレンジしてみてください。

■あなたが目標年収を達成できるかどうかが確実に分かる計算方法
http://wp.me/p59mCH-3xT
 

で、この記事の中で、
「1年以内に時給を回収できれば良い」
という話をしましたが、
ブログなどを書いていると
その作業時間が楽しかったりするので
時間を忘れがちになってしまいます。

SNSを触っている時間も同じですね。

結果、1年以内どころか
いつまでたっても回収ができなくなります。
 

ビジネスを楽しむことは良いことなんですが、
そういった楽しい時間こそ
時給を意識しておくことが必要なんですね。

というのも、
売上をあげるためにがんばっている時間で、
かつそれが苦痛やストレスに近い場合は
イヤでも「これはムダじゃないか」と考えます。

「この作業が成果をもたらすのかどうか」を
ある意味、時間にシビアに考えるんですね。
 

が、楽しい時間は瞬間の満足度が高まるので、
人は将来のことを考えなくなります。

これは私生活でも同じことです。

旅行や飲み会など
楽しい時間を過ごしているときというのは、
リターンなどは考えないですよね。

ですが、会社で残業をしている時間などは、
「ちゃんと給料に反映されるのかな」など
リターンに対して敏感になります。
 

ビジネスが上手くいっている人というのは、
我を忘れるような楽しいことであっても
マネタイズするチャンスを常に考えています。
 

もちろん、必要時給は達成できていて
目標年収も達成できるという人は
それ以外の時間は何も考えずに過ごすことも
全然構わないと思います。

が、そこが達成できていないのであれば
楽しいこともリターンを意識してみてください。

楽しんでマネタイズにつなげることができれば
必要時給の底上げにもなるので一石二鳥です。

The following two tabs change content below.
コンサルタント歴11年(フリーでは4年目)。プロフィット・ミックスも順調。毒舌だけどネガティブ思考。でも楽観主義。本業はコンサルタントでありながらブログは30万PVを超える月もある。セミナーが大嫌いなマーケティングコンサルタント。

最新記事 by 服部慎也 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  2. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  3. パレートの法則を崩す方法
  4. 農家も武器を持とう
  5. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法

関連記事

  1. コンサルタント

    ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話

    夢を追いかけて日々必死にがんばることは人生において素晴らしいことですし…

  2. メディアリテラシー

    トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報弱者であり続ける」理由

    僕のブログを何度か読んでいただいた方から、「情報弱者という言葉…

  3. コンサルタント

    ビジネスは利回りの良い箱をつくること

    骨折話の続きになりますが、骨折しようが倒れようが相も変わらずビジネスは…

  4. メディアリテラシー

    クリエイター(起業家)の勇気

    目標設定をする上で重要なことは、実は「今年何をするか」ではありません。…

  5. マインドセット

    なぜ人を殺してはいけないのですか?

    固定観念は今まで生きてきた経験によって、あなたが「これはこうだ」と思い…

  6. お金の話

    コンサルタントの財布にならないように

    当然ですが、人には問題や欲求があります。で、その問題や欲求とい…

人気の記事

  1. コンサルタントを雇った経験さえもお金に換えることができる
  2. 今日からアメブロにハッシュタグをつけるのはやめましょう
  3. 髪は女の命というけれど、日本人女性の7割が髪で損をしているら…
  4. 脱若作り! 年齢を重ねても若々しく見えるために必要なこと
  5. モテファッションはTPPOに合わせるだけでは完成しない

ピックアップ記事

  1. メルマガ購読のやめ時
  2. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  3. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  4. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
  5. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
PAGE TOP