ASKAのようになろう

決して覚せい剤を推奨しているわけではなく、覚せい剤に頼らずにアホになろうということです。

ASKA容疑者のニュースを受けて、NewsPicksのコメントで小室哲哉さんが、

「音楽は気分が悪かろうが、良かろうが、才能があれば、感受性さえ研ぎ澄ませばみんなに愛される楽曲は創れる。僕がひとりの音楽家として断言できる。」

と、言っていたんですがまさにこれは本質なんですね。
 

ビジネスをする上ではアホになること、つまり、プライドや恥を捨てることによって可能性が広がります。

そしてアホになったりハイになったりすることは本来、自分自身でコントロールできるものです。
 

ただ、コントロールするためには、自分のプライドや恥にとことん向きう合う必要があります。

例えば、自分の中で絶対に譲れないという、守るべきプライドや信念を明確にして、それ以外は全部やると決めてしまいます。

恥に関しても同じで、ビジネスや自身ののブランディングのために、セーブすべき情報のラインだけは決めておいて、それ以外は全て晒してしまうということです。
 

プライドにしても恥にしても、

「これは絶対に捨てられない」
「これ以外は捨てられる」

というラインを決めていないことによって、いざというときに足止めを喰らうんです。

イコール、チャンスを逃すわけですね。

投資すべき時や箇所に投資しなかったり、あるいは、自分の信念にそぐわないことにお金や時間をかけてしまったりというふうに。
 

もっというと、アホになるということは変態(変人)になるということです。

で、変態というのは、ドSでもドMでも良いので、いずれかに振り切っているということです。

特にブログなどで情報発信する上では、コンテンツの質も大事ですが発信者のキャラも重要だったりします。

ドMで愛されキャラを目指すのか、ドSで指導者としての箔を出すのか、いずれの立ち位置でもないキャラは弱いです。

宙ぶらりんなキャラ設定で進んでしまうとどちらの客層にも響かないので、集客に苦しむ事になるのは当たり前です。
 

ちなみに、ブログ集客において成約率は低いけどアクセス数が多いのは、ドMのアプローチが多い傾向にあり、アクセス数は少ないけど成約率が高いのはドSのアプローチの傾向のあります。

アクセス数も少なくて成約率も低いのであればコンテンツを見直すことはもちろんですがキャラ設定も見直してみましょう。

The following two tabs change content below.
コンサルタント歴11年(フリーでは4年目)。プロフィット・ミックスも順調。毒舌だけどネガティブ思考。でも楽観主義。本業はコンサルタントでありながらブログは30万PVを超える月もある。セミナーが大嫌いなマーケティングコンサルタント。

最新記事 by 服部慎也 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  2. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  3. クリエイター(起業家)の勇気
  4. コンサルタントの財布にならないように
  5. 農家も武器を持とう

関連記事

  1. コンサルタント

    年収は出逢いのクオリティに比例する

    たまにはプライベート自慢の話も交えて。 なぜ、僕がそこそこ稼が…

  2. ニュース

    強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう

    当たり前の話ですが会社または個人の「赤字=悪」ではありません。…

  3. コンサルタント

    ビジネスは利回りの良い箱をつくること

    骨折話の続きになりますが、骨折しようが倒れようが相も変わらずビジネスは…

  4. メディアリテラシー

    クリエイター(起業家)の勇気

    目標設定をする上で重要なことは、実は「今年何をするか」ではありません。…

  5. メディアリテラシー

    トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報弱者であり続ける」理由

    僕のブログを何度か読んでいただいた方から、「情報弱者という言葉…

  6. コンサルタント

    架空の病名を宣告するコンサルタント

    半分遊び、半分仕事というファジーな感じで、3日間ほど宮古島に行ってまし…

人気の記事

  1. お見合いはどんな服装で行くのが正解?
  2. 【※警告】今すぐFacebook(SNS)の友達をブロックせ…
  3. ほとんどの人が目を背ける起業家の”時給”の話
  4. 年収は出逢いのクオリティに比例する
  5. 沖縄の貧困の本質は「稼げない人間関係」にある

ピックアップ記事

  1. パレートの法則を崩す方法
  2. 自分教という宗教をつくりたい人へ
  3. 楽しい時間の罠
  4. シングルマザーの仕事選び。
  5. クリエイター(起業家)の勇気
PAGE TOP