地震におけるSNSのリスク

僕自身、阪神大震災の被災者であり全壊した家で本棚の下敷きになっていました。

ほんの数件となりの家では亡くなられた方がたくさんおられたので、僕は運よく助かったわけです。

その後はボランティアをしながら毎日余震に怯えていたのを憶えています。

で,当然、そのころはSNSなんかなかったので現場では情報が不足していたわけです。

ただ、今の熊本の状況を見ていると情報があればあるほど良いというわけでもなく。

情報が溢れかえっているおかげで被災地にいろんな救援物資が届いたりいろんな人が駆け付けたりできるわけですが、実際は、優先度の低いものばかりが届いたり、自己満なボランティア救援の車が緊急車両のジャマをしたりしているわけです。

もっと言うと、被災地の情報が開示されればされるほど被害が酷い場所やお年寄りが多い場所、女性が多い場所、家に戻れない場所など、”狙い目”がわかってしまいます。

つまり、犯罪がしやすくなるということです。

しかも、リアルタイムでわかってしまうので、やはりSNSは諸刃の剣なんですね。

で、こういったことは災害時に限ったことではありません。

例えば、子育てに関するビジネスをしている人は、子どもの画像をガンガン出してたりしますが、ほとんどの画像は位置情報を含むので、SNSでリアルタイムで配信している場合、場所が特定されるリスクがあります。

しかも、Facebookでご丁寧に「●●さんは▲▲にいます」とか表示させている危険な人もいますね。

子育てのビジネスに限らず、旦那がサラリーマンで家にいない状態で写メで「子供と遊んでいます」「仕事してます」とアピールしている人もいます。

SNSはメリットもありますが、犯罪に巻き込まれるデメリットもあります。

まぁ、それを教えている指導者はいませんが。

何とかの一つ覚えみたいに「ガンガン個を出せ」というばかりで。

世の中が便利になればなるほど、犯罪もしやすくなるということも肝に銘じて発信、行動していただければと思います。

犯罪者は悪いことばっかり考えているので善人より頭がキレるんですよ。

もし、読者さんの中で、熊本地震の被害に遭われた方がいましたら、むやみやたらに

「助けてください!」
「ここにいます!」

を発信しないように気を付けてください。

特に女性は気を付けてくださいね。

犯罪者は人間心理を知り尽くしているので少し落ちついてひと安心した時などを狙って巧みに罠を仕掛けてきます。

何らかの助けが必要であれば、遠慮なくご連絡いただければと思います。

このメールに返信のカタチで構いません。

今回はビジネスの話は少ないですが、僕自身が経験したことや震災の際に目にした悲惨な犯罪を思い出しお伝えしました。

The following two tabs change content below.
コンサルタント歴11年(フリーでは4年目)。プロフィット・ミックスも順調。毒舌だけどネガティブ思考。でも楽観主義。本業はコンサルタントでありながらブログは30万PVを超える月もある。セミナーが大嫌いなマーケティングコンサルタント。

最新記事 by 服部慎也 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  2. 架空の病名を宣告するコンサルタント
  3. コンサルタントの財布にならないように
  4. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  5. ASKAのようになろう

関連記事

  1. 宗教

    ユダヤでは、妊娠40日までは堕胎してもよい

    ユダヤでは、妊娠40日までは堕胎してもよいとされてます。 授か…

  2. WEBマーケティング

    永遠に検索され続けるブログの書き方

    「ブログ」とひとことで言ってもいろいろあります。・WordPr…

  3. メディアリテラシー

    トランプVSヒラリーのアメリカ大統領選に見る「情報弱者が情報弱者であり続ける」理由

    僕のブログを何度か読んでいただいた方から、「情報弱者という言葉…

人気の記事

  1. 第一印象で選ばれる「明るい」「元気」に見せるファッションのコ…
  2. 超絶ヤバいビーバーの鳴き声を収入に変える方法
  3. パーソナルカラーに縛られすぎるとファッションが退屈になる理由…
  4. 服選びが苦痛で家から出なくなりました。
  5. 好きな色も生かしてパーソナルカラー(似合う色)とうまく付き合…

ピックアップ記事

  1. クリエイター(起業家)の勇気
  2. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  3. メルマガ購読のやめ時
  4. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
  5. 架空の病名を宣告するコンサルタント
PAGE TOP