第三の視点で自分をみて、感情ではなく思考で行動する

感情のコントロールが難しい。

ということを、よく耳にします。

目にもします。

わたしは、もちろん感情を持っています。

でも、感情的に行動することは、結構少ない方だと思っています。

話しが混線するといけないのでちょっと整理しておきますと・・・。

「感情のコントロールが難しい」とおっしゃる方の中には、「感情そのもののコントロールが難しい」場合と、「感情から直結した行動をしてしまいがち」という場合の2パターンの方がいらっしゃると思います。

今日書くのは、「感情そのもののコントロールが難しい場合」についてではなく、

「感情から直結した行動をしてしまいがち」な場合に、「感情ではなく、思考から行動する場面を増やす」ことについてです。

意識的な感情と無意識的な感情

今回、取り上げてみる「感情」は、意識的な感情(feelingもしくはemotional feeling)です。

感情とひとくくりでよく言われますが、分類のひとつに、無意識な感情(emotion, 情動)意識的な感情(feelingもしくはemotional feeling)が、あります。

無意識な感情(emotion, 情動)の方だと、身体感覚などと深く関わってきて、話しがとっても大きくなるので今回の「感情」は、意識的な感情(feelingもしくはemotional feeling)の方です。

コミュニケーションも感情ではなく思考で

こういう風に書くと、計算高いな・・・とか、非人間的だな・・・とか。そういう風に受け取られるかもしれません。

でも、思考を働かせてとるコミュニケーションは、相手の人を大切にすることにつながります。

感情にまかせた行動をしてしまって、後から、「しまった・・・」という事が減るので、自分を大事にすることにもつながります。

最近経験したことです。

出張先の病院で、「大変なご家族様」という前情報の方に対応しました。

非情に感情的になられて、全ての説明や提案を否定されるということでした。

わたしの任務は、状況を説明して、その中での最善と思われる方針にご了承をいただく。というものでした。

スタッフは、それまでのやりとりで、その方に対して、「怯え」を感じるほどになっていました。

もしくは、「怒り」に近い感情を持っているスタッフも少なからずいました。

対応させていただいた結果、こちらの提案はご理解いただけて、ご協力もいただけることになりました。

こちらが、感情では対応しなかったことが大きいと考えています。

その方が、なぜ、提案を拒絶するのか。

なぜ、スタッフが怯えるほどの言動をなさるのか。

対応させていただく時に、その方が話される内容ではなく、どこからその言動が出てきたのか・・・というところにフォーカスしました。

これは、共感という技法も用いていますが、感情を感情で受け止めて反射的に応答することはせず、自分の言動は思考でコントロールする。

行動を思考でする。

ということです。

結果的に、わたしは嫌な思いをすることもなく、その方の笑顔すらみせていただくことが出来ました。

うれしい気持ちになりました。

うれしい気持ちとか、悲しい気持ちとか、ふたはしません。

ちゃんと味わっています。

第三の視点で自分をみてみる。たとえば、交流分析を使ってみる。

以前、何回か記事にしたことがあるのですが、わたしの場合は、交流分析の「自我状態」「交流」という概念を、コミュニケーションの際に意識しています。

意識する時点で、感情が行動に直結することは少なくなります。

別に、交流分析や、自我状態、という概念を使わなくてもいいのです。

自分をみる、もう一人の自分。

第三者の視点を、出来るだけ持つようにしてみると、感情から直結した行動を減らして、思考による行動を増やせると思います。

たとえば、この記事を読まれて、今、どういう風に感じていらっしゃるか。

それを、「今、こういう風に考えているな」「今、こんな風に感じているな」と、映画の登場人物をみるような感じで、みてみるのです。

めちゃくちゃ凹んでいる時にも、「あ~。むっちゃ、凹んでるわ~」「リカバリに、3時間はかかりそう・・・」と、ちょっと冷めた目で自分を見守る視点を持つ。

どなたでもしているのかな?と思っていましたが、あまりそうでもないらしい。

・・・ということを知りましたので、書いてみました。

第三者の視点で、感情を味わっている自分ごとみてみる。

そうして、思考で行動する。

ぜひ、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. コンサルタントの財布にならないように
  2. メルマガ購読のやめ時
  3. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒す秘密の質問方法
  4. 強制的に赤字を経験して投資対効果に危機感を持とう
  5. クリエイター(起業家)の勇気

関連記事

  1. マインドコントロール

    エモーショナル・プランニング

    当たり前ですが、人間には「喜怒哀楽」の感情があり、それらの感情たちは人…

人気の記事

  1. ユダヤでは、妊娠40日までは堕胎してもよい
  2. ”やるかやらないか”自己啓発と決別する日
  3. モテファッションはTPPOに合わせるだけでは完成しない
  4. 今日からアメブロにハッシュタグをつけるのはやめましょう
  5. 好きな色も生かしてパーソナルカラー(似合う色)とうまく付き合…

ピックアップ記事

  1. noteを使って集客の横展開をする楽にする方法
  2. シングルマザーの仕事選び。
  3. ASKAのようになろう
  4. ビジネスは利回りの良い箱をつくること
  5. コンサルタントやコーチのポテンシャル(価値)を120%使い倒…
PAGE TOP