マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルブログです

Twitterでブログの元ネタを毎日つぶやいています。

逆張りマーケティングのメソッド

 
  2018/01/17
 
インフルエンサー







この記事を書いている人 - WRITER -
マーケティングコンサルタント服部慎也としてではなく、プライベートの服部慎也として書きたいことを書きたいように書いているブログです。とはいえ、ビジネスもプライベートもあまり分けていないのでビジネス系やマーケティング系の記事が多いかもしれませんが、肩の力を抜いて読んでいただければと思います。「○○について書いてほしい!」などあればTwitterで気軽に絡んでください。
詳しいプロフィールはこちら

僕は逆張りのマーケティングをするのが好きです。

その理由は、マーケティングコンサルタントだからというわけでもなく、ギャンブル好きというわけでもなく(ギャンブルは一切しません)、ただ単に、
 

楽しいし、儲かるから
 

です。
 

トレンドになってるマーケティングなんて、クソおもしろくないじゃないですか。

空気を読んでみんな同じことをして、同じ方法で同じ方向を目指すマーケティングなんてもはやマーケティングでもなんでもないですよ。
 

だって、マーケティングって「優良顧客を継続的に獲得する仕組み」ですよ。
 

本来マーケティングって、他とは違う仕掛けやそれに対する反応、ブラッシュアップを楽しむものだと思ってるんですね、僕は。

マーケティングにクリエイティブの要素があるからこそ最高のお客さんと長い付き合いができると思っているので、マーケティングは遊んだもん勝ちなんですよ。

 
だから、すでにルール化されて「誰かがこれをやってるからうちもやらなきゃ」みたいな空気を読み合うマーケティングなんて全くおもしろいくない。

誰もやってないことで結果を出すからこそマーケティングっておもしろいんですよ。
 

で、トレンドのマーケティングなんて、一瞬は儲かっても継続できないですから。

一発屋でもリタイアできるくらいバカ稼ぎできなければメリットなんかないですし、むしろリスクだらけです。
 

ただの逆張りはただの天邪鬼

この話はメインブログ note の方で書こうかなと思ったんですけど、このオフィシャルブログのテーマである

Play More Marketing!プレイ モア マーケティング!

にちなむ話なのでこっちにしました。

で、メソッドと言っても内容は至極シンプルです。
 

逆張りマーケティングで成果を出すためには、「逆じゃない方」の勉強をメチャクチャするということと、学んだ内容に対して「ほぉ、これをどう覆してやろうか」と考えることを楽しめる人でなければならないということです。
 
ただ単に流行っているものの逆を打ち出すただの天邪鬼やギャンブルであって、マーケティングでもなんでもないわけなので。

 
逆張りをするには、「逆じゃない方」のメリットを超えるメリット、デメリットをカバーできるメリットを提示し、なおかつそれで成果を出しているという証拠を提示できなければ、ただのデマにしかならないですからね。

そのためには「逆じゃない方」、つまりトレンドの情報を集めて、リサーチして、「でも、こっちの方が良いですよね」と伝えられなければならないわけです。
 

エビデンス強化のためにトレンドを学ぶ

例えば、僕であれば、コンテンツの伴わないブランディング、インフルエンサーマーケティング、プロブロガーなどを批判して、

「いつなくなるかわからないSNSに依存するのはやめましょう」
「フォロワーなんか少なくても稼げますよ」
「ブロガーという肩書きはマイナスブランディングになります」

と、世間の流れとは真逆のマーケティングを推奨しているわけですが、実際にその逆張りマーケティングで成果を出すことはもちろん、他に類似の主張をしている人を見つけたり、インフルエンサーマーケティング自体を勉強して掘り下げたりしています。

プロブロガーのブログを読んでみたり。
 

で、新しいインプットをするたびに「そう来るならこっちはこうだ!」とか「そのメリットを凌駕するためには…」とかを考えることによって逆張りマーケティングが強化されていくわけです。

「世間一般的にこれが流行ってきているから、とりあえず逆を提唱しよう」

じゃ、誰も反応してくれないですし、反応してくれても、その逆張りで上手くいく根拠や裏付けなどがなければブッ叩かれて終わりですからね。
 

最近の反逆派インプットと正統派インプット

同じような逆張りマーケティングを主張をしているのは、例えばこんな本。
 

 
今のトレンドや、多くの人が信じていて向かうであろう未来について書かれているのは、例えばこんな本。
 

 
やはり同じ傾向の本は同じ色にするのか、正統派はなぜか黄色い本だらけw

同じ色と言えば、最近の幻冬舎は赤い本ばっかりですけどね。
 




 
たぶん赤い本は売れ行きが良いんでしょうねw
 

逆張りマーケティングで成果を出し、なおかつ継続性も確保したいのであれば、「逆じゃない方」を常に学んで、常に新しいメリットやデメリット解消法を提示しましょう。

そうすることで、トレンドに対して潜在的に違和感を感じている人たちがあなたの元にやってきます。

 
もし僕のマーケティングがトレンドになったら、そこそこ学んだら、ぜひそれとは真逆のマーケティングをしてください。

マーケティングをもっと楽しみましょう。
 

Play More Marketing!

 

真逆のマーケティングで一人勝ちするための全ての情報がここに

SNSに依存せず(フォロワー数に頼らず)、インフルエンサーに媚びず、ブランディングに疲弊せずに勝てるマーケティングを実践するための情報を発信しています。

これらの情報は、一人勝ちポジションを手に入れたい現役コンサルタントの人も、これからコンサルタントを目指す人も、マーケターを目指す人も、ビジネスオーナーも、ビジネスに取り組む全ての人にとって新しい武器になること間違いありません。


この記事を書いている人 - WRITER -
マーケティングコンサルタント服部慎也としてではなく、プライベートの服部慎也として書きたいことを書きたいように書いているブログです。とはいえ、ビジネスもプライベートもあまり分けていないのでビジネス系やマーケティング系の記事が多いかもしれませんが、肩の力を抜いて読んでいただければと思います。「○○について書いてほしい!」などあればTwitterで気軽に絡んでください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© SHINYAHATTORI.COM , 2018 All Rights Reserved.