お金の使い方が分からないから稼げない

そうそう、今日こんなツイートを見かけたんですよ。

 
これには僕も大賛成でして。

じゃぁ、「稼ぐ力」ってどうやって身につけさせれば良いのかなんですが、僕の考えはこうなんですね。

 
何にどれくらいお金と時間を使ったら、何をどれくらい得られるのか、逆に、何をどれくらい損するのか

これを知るために、いろんな経験を死ぬほどさせたいなと。
 

だって、これ、商売の基本じゃないですか。

世の中にはいろんな「稼ぎ方」の情報があるわけですが、これを知らない人はみんな稼げていないわけですよ。

つまり、「何にどれくらいお金と時間を使ったら、何をどれくらい得られるのか、逆に、何をどれくらい損するのか」を知らないのに、得体の知れない「稼ぎ方」なんかに一点集中でお金や時間を使っているからいつまでたっても稼げない。

世の中は「何にどれくらいお金と時間を使ったら、何をどれくらい得られるのか、逆に、何をどれくらい損するのか」をたくさん知っている人が稼げているという、至極簡単なルールで回っています。

で、稼いでいる人はなぜそれを知っているのかというと、

①自分で試しまくって情報を分別していっている
②お金をたくさん使って網羅的に情報を仕入れている

というサイクルを延々実践しまくっているからなのは言うまでもなく。
 

稼ぐ力は稼ぐ方法を学んでも身につかないんですよ。

稼ぐ力は、どれだけの時間、そしてお金を何にどれくらい使えば何得られるか、何を失うかを知ることで身につきます。

で、その稼ぐ力をよりクリエイティブ、イノベーティブにして、稼げるお金を大きくするために勉強や遊びというスパイスを投入すると。

ということで、自分の息子には、小学生になるまでにはこの基本は身につけさせたいなと思っています。

これとマシュマロテストクリアは、今の僕の目標でもありますね(笑)

 
ツイートもしましたが、小学生に入るころには、100円のお小遣いを使って友達から「何か」買い、その「何か」を必要としている別の友達に200円で売る、くらいのことはできるようになって欲しいなと。

で、その200円を使って、次は200円級の「何か」を仕入れるのか、100円で仕入れる相手を2人に増やすのか。

間違っても、お小遣い100円を与えたら、うまい棒10本を買って終わりというガキんちょにはしたくないですね。

もしそれをやってしまったら、5本は自分で食って、残りの5本は大事な友達や好きな女の子にプレゼントしなさいと言うでしょう(笑)

あるいは、うまい棒10本全部をスゲーと思うヤツにあげて、そいつの「 スゲーと思うこと」をパクってこいと。


記事一覧

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルサイトです。 以前から、オピニオンよりのブログ(個人的な情報発信)と写真を融合させたサイトを作れないかと思っていたところ、ベストなWordPressテーマ...

関連記事