ファッションコンサルタントの致命的な失敗

機会があればYouTubeで喋ろうと思うんですが、Twitterで流れてきたファッションコンサルのツイートに「うーん」と思ったのでひとまずブログで。

 
僕はファッションは好きですが専門家ではないので、コーディネートがどうこうに関してはツッコミを入れるつもりはなくて。

まぁ、ビジネスパートナーはアパレル業界でバリバリコンサルしているトッププレーヤーだったり、フォロワーさんにアパレル業界の人が多かったりするので、一般的な人よりは目は肥えていると思いまし、アンテナも張ってるつもりですが。

ただ、所詮は素人の域を出ないのでエラそうに言うつもりはありません。
 

ぶっちゃけ言うとアフターの方が「ダ、ダセー!」と思いますし、情報商材系の人間とか、胡散臭いコンサルとか、売れてないホストがオフでしてそうな格好なので良い印象は持ちません。

(あ、言っちゃったw)

とは言え、それを好む女性もいるのは確かだと思うので、このコンサルの依頼者がこの格好をすることで理想の女性をゲットできるのであればそれでOKなんです。

実際、街に出れば、こういう格好をしている男性と歩いている女性はたくさん見かけますもんね。
 

なので問題はそこではなく、コンサルタントとしてこれ以降のツイート。

 
リプ欄で散々フルボッコにされてしびれを切らしたのか、自身をフォローするためのツイートをしたんだと思いますが、言っていることがよくわかりません。

この辺りのツイートでは、わりと良いこと言っているんですけどね。

 
コンサルタント、アドバイザーとして権威を保つために「これはこういうことだから」とフォローのツイートをしているわけなんですが、決定的に抜け落ちているところがあって。

それは何かと言うと、お客さん(コンサル依頼者)のメンタルのフォローです。
 

僕が依頼者だったら、「いや、もうツイート消して…」となります。

散々ダサいと言われて一番傷つくのは、やはりアドバイスを受けてコーディネートのビフォアーアフターを晒されている依頼者じゃないですか。

Twitterで何十人の人から「ダサい」と言われ、拡散されて何万人の人に「ダサい」と思われて傷つき、「コンサルタントとしてこの人を選んだのは失敗だったんだ」と自分の人を見る目の無さを責めて傷づくわけです。
 

依頼者が気に入っているならまだしも、コンサルタントが「これは受講者さんの好きでもなく…」と言っちゃっている以上、依頼者はこのコーデに納得していないわけですよね。

理想とする人にモテるなら…とガマンしているわけです。

周りからどう言われようとこのコーディネートが気に入っているなら、「オレはこのコーデ気に入ってるし、このおかげで彼女もゲットできたからOK!」となるわけですが、本人も気に入ってないわ、圧倒的多数から「ダサい」と言われるとかもう地獄ですよ。

で、コンサルタント自身のステータスや権威性も落ちるわけですから、コンサルタントがフィーをゲットできる以外、誰が幸せになるのっていう話で。
 

このファッションコンサルを受けたことによって「彼女ができた」という成果だけが唯一の救いなので、成果報告を待ちたいところ。

当人同士では何かしら話をしているのかもしれないし、依頼者はこのコンサルタントのことを尊敬していて「全然大丈夫です!」と言っているのかもしれませんが、それでもさすがにこれは依頼者がかわいそうです。
 

専門家(ファッションコンサルタント、その他のコンサルタント)と言えど失敗はあります。

少し前も「美人は辛い」みたいなので、田端信太郎と誰かがプロデュースして炎上した女性が一瞬で燃え尽きてたりしたじゃないですか。

これはツイ消し(アカウント削除)で正解でしたよね。

「美人は辛いよ」で炎上した松浦由紀がTwitter削除 田端信太郎が仕組んで盛り上げようとしていた?

今回の話で言うと、コーディネート云々ではなくSNSのアプローチ(想定外の反応、バッシング、その後のフォロー、火消しなど)の失敗ですね。

その際にクライアントを一番に守る気があるのかどうかというのは、コンサルタントの資質として非常に大事な部分です。

そんなことを気にも留めず、自身のプライドや事例アピールを優先し、「こんなに広めてもらえるし感謝しかない笑」とか言っている時点でコンサルタントとしての信用を失い、「あのコンサルタントはヤバい」と認知が拡がるだけです。
 

炎上にお客さんやフォロワーさんを巻き込んでしまっている場合は、「何よりも優先的にお客さんやフォロワーさんのフォローをする」、それが理論武装した完璧な説明なのかツイ消しなのかはケースバイケースだと思いますが、反面教師にすべき事例でしたね。

僕も、他人を巻き込むことが無いように注意していますが、基本的には思っていることをストレートにズバッと言うので、気をつけたいと思いますw
 

PS

 
これもそうなんですけど、自分(自社)の認知度アップばかりに目がいって、そこに関わっている人のことを考えられていない発信が多いなと思う今日この頃。

まぁ、だからこそ炎上するんでしょうけど。

Twitterでの反応は?

いろんな意見があっておもしろかったので、Twitterでの反応も転載しておきます。




記事一覧

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルサイトです。 以前から、オピニオンよりのブログ(個人的な情報発信)と写真を融合させたサイトを作れないかと思っていたところ、ベストなWordPressテーマ...

関連記事