KAZMAXオンラインサロン騒動からマナブべきこと

1649

内部告発を受けて文春砲が放たれ、Yahoo!ニュースにもなったことでこの案件が炎上しています。

《金融庁も重大関心》資産50億円トレーダー・KAZMAX氏の手口を元側近が告発 サロン生を食い物に「サロン砲五分後に打ちます」で“意識高い系”美容師・木村直人、芸人・かまいたち山内も利益を得ていた

この情報自体あまりどうこうとは思っていませんが、KAZMAXの過去の情報をちょっと調べただけでもいろいろとヤバいのが出てくるので、むしろそっちの方が問題なんじゃないかなと個人的には思っています。

その辺のことを含めて「ヤバいインフルエンサーとつるんでいたら痛い目に合いますよ」という内容を喋ったので、良ければ観てください。

 
動画とか観るのめんどくせーなという人は、動画内容を元に記事にもしたので下記を読んでいただければ。

高額なお布施は信仰心を強める

このオンラインサロンが立ちあがった当初、実は、僕は1ヶ月ほど潜入したんですよ。

というのも、このオンラインサロンをプロデュースした木村直人(@air_kimura)さんとはTwitterで何度か絡んませていただいて、彼の考え方や生き方、仕事への姿勢など共感できる部分が多々あったので、このオンラインサロンにも興味を持ったんですね。

月額3万円でどんな価値を提供するのかなというのと、どんな属性の人が集まっているのかリサーチをしたいというのもあって。
 

で、入ってみたらわかりました。

月額3万円なので、リテラシーが高い人が集まっているのかなと思いきや、信仰心が異常に強い人が大半だったんですね。

高額だからリテラシーが高いんじゃなくて、高額だから信仰心が強かったというパターンなので、「あ、このオンラインサロンの参加者は何でも言うこと聞くんだろうな」と思いました。

オーナーは何でもできちゃうんだろうなと。

それこそ、最初に小さく確実に勝たせて信用させてしまえば、5000人の信者を使って一気に相場を動かして自分の利益を上げることもこともできるんだろうなという話を、ビジネスパートナーと話していたりしました。
 

まぁ、僕は被害者でも何でもないので、別にぶっ叩いてやろうとか真実を追求してやろうとかは無いですし、真偽のわからない文春ネタについては深く掘り下げるつもりもありません。

さすがに、過去の情報商材とか脅迫とかはアカンやろとは思いますけど。
 
その辺りも含めて法が裁いてくれるんで、被害者の人はそれを待つしかないですし、仮想通貨に関してはまだ法整備されてないんで、裁かれるとしたら詐欺案件か脅迫案件としてでしかないでしょうけどね。

良い情報とお金は上層部にしか配られない

そもそも投資って、オンラインサロンに入って「稼げせてもらう」という姿勢でやるものではなく、あくまで自己責任でやるべきことなので、そこからして間違っているんですね。

オンラインサロンのほとんどは、上下関係(オーナー、幹部、中堅、下っ端)があるコミュニティなので、基本的には会社と一緒で、オーナーは何かしら絵を描いてやっているわけですよ。

今回に関しては、オーナーから情報商材とかを売りつけられるわけじゃないので、描かれている絵はわかりにくいですけどね。

参加者がオーナーに直接お金を貢ぐわけではなく、オーナーと幹部連中がグルになって相場を動かしたりアフィリエイトをしたりして利益を得るという流れはわかりにくいです。
 

それを別としても、普通に考えたらわかるようなもんなんですけどね。

コミュニティのオーナーというのは、当然、自分や組織にとって利益になる人は優遇するし、下っ端には下っ端の扱いをするわけですよ。

会社で言うと、執行役員と新入社員が同じ給料なわけじゃないですし、同じ情報が届けられるわけがなく、やはり上の人間には良い情報とお金が行き、下っ端にはセーブされた情報しか行かない、そして搾取もされるというのが基本です。
 

そんなこともイメージできない人は、投資に限らず、オンラインサロンになんて入ったらダメなんです。

どうしても入りたいなら、それまでにオーナーとかその側近とかとある程度の関係性を築いて、本性見抜いてから、優遇されるポジションに立ってから「利用してやる」くらいでないと。

そういう意味では「金返せ!」と粘着している人はどうなのかなと思います。

つるみたいなら自立とモラルと目利き力を

それから、これは当たり前のことなんですが、とりあえずヤバい人には近づいたらダメです。

KAZMAXとか、ネットで調べれば過去のヤバい情報とか出てくるわけなんですが、常人からすればこれ見て信じる方がアホだとしか思えないんですよ。

並のネットリテラシーがあれば普通なら絶対に近づかないレベルなのに、そういう光景を目の当たりにすると「おいおい、正気か?」となります。
 

まぁ、VIPや幹部連中の人も騙されていたのかグルだったのかはわかりませんが、教祖(インフルエンサー)が詰んだら周りの近しい人間も巻き添えを食らうという良い例だったんじゃないですかね。

自身の潔白を証明するために木村さんは声明を出していますが。

 
かまいたちの山内さんはダンマリですね…。
 

脱社畜サロンとかもそうでしたよね。イケハヤと絡んだことで「コイツなんかアヤシイな」ってロックオンされて潰された人がいたじゃないですか。

あれも他人のインフルエンスに便乗したことでダメになった典型的なパターンでしょ。
 

オンラインサロンに限らず、Twitterってそんなんばっかりですよね。

ヤバそうなヤツに媚び売ってフォロワー増やそうとしたりお金を稼ごうとしてる人がいっぱいいるわけですが、そういう人たちが痛い目合うのはもう時間の問題ですよ。
 

ということで、他人の看板や影響力を借りることは短期的には一定の効果はあるんですけが、人をちゃんと選ばないとリスクがンパないですよ、ということです。

お金も影響力も楽して手に入れようとしても良いことなんてないので、自力でコツコツやりましょう。
 

最近は、相変わらず就職やバイトをdisってるインフルエンサーもいますけど、あんなものに乗っかってる人とか論外ですからね。

 
結局、そこと絡むことで同類と見られて、まともな人はどんどん離れていってしまいます。

そうならないようにはまずは自立し、どうしてもつるみたかったり仲間が欲しいのであれば、自分と同じレベルかそれ以上の実力を持っている人、かつ過去〜現在までモラルに一貫性がある人とつるむのが良いでしょう。

その経験がヤバい人を見極める「目利き力」につながりますからね。


記事一覧

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルサイトです。 以前から、オピニオンよりのブログ(個人的な情報発信)と写真を融合させたサイトを作れないかと思っていたところ、ベストなWordPressテーマ...

関連記事