ハットリシンヤのオフィシャルブログです

Twitterでブログの元ネタを毎日つぶやいています。







未来の人間関係をも破壊するブロガー

 
 
mlm







この記事を書いている人 - WRITER -
ハットリシンヤ
マーケティングコンサルタント服部慎也としてではなく、プライベートの服部慎也として書きたいことを書きたいように書いているブログです。とはいえ、ビジネスもプライベートもあまり分けていないのでビジネス系やマーケティング系の記事が多いかもしれませんが、肩の力を抜いて読んでいただければと思います。「○○について書いてほしい!」などあればTwitterで気軽に絡んでください。
詳しいプロフィールはこちら

最近よく見るのが、「過去にアムウェイをやってました」みたいなことを平気で言うブロガーたち。

巷ではMLMとかマルチ、ネズミ講と言われるものですね。

厳密に言うと、ネットワークビジネス、ネズミ講は違うものなんですが、今回はそこは言及しないので、興味がある人は下記のリンクでも見ていただければ。

 
まぁ、これも間違っている部分があるんですが…。

また、アムウェイの商品が良いか悪いかに関しても、論点ではないので今回は言及しません。

実際、アムウェイにかかわらず高額でも良い商品はあるので。
 

アムウェイ経験者をカミングアウトするブロガーの話に戻りますが、彼らは何でもさらけ出すことと「人生をコンテンツ化」することを完全に混同していますよね。

インターネット(ブログやSNS)を使って、しかも「個」を全面的に押し出してビジネスをしていきたいのであれば、セーブすべき情報はちゃんとセーブすべきなんですよ。
 

マルチにハマったことがあるということは、こういうことなので。

 
こいう体質ができあがってしまっているということです。

マルチでガッツリ稼いで、リタイアして悠々自適な生活を送っているのであれば、そんな体質も消え去っているのかもしれませんが、途中でドロップアウトしているということは、また同じことを繰り返す可能性大なわけです。

まぁ、稼いでいればブロガーとかやらないと思いますし…。
 

要するに、「私は過去にアムウェイしていました」とカミングアウトするということは、「私は過去に怪しいビジネスをしていました」ということ。

…ではなく、「私はお金のためなら今まで築いてきた人間関係を平気で破壊する人間ですよ」と言っているようなものだということです。
 

で、実際、同じことを繰り返しているじゃないですか。

人間、そんな簡単には変わりませんからね。

 

ネットワークビジネスの問題点は何かというと、ネットワークビジネスにおける実際の商品というのは、実は売っているその商材そのものではないということです。

本当の商材というのは、実はビジネスモデルそのものです。

勧誘している相手には、「これをやれば儲かりますよ」と言って勧誘しているわけですから、その勧誘されている子会員にとっての本当の商材というのは「ネットワークビジネスのビジネスモデル」であって、それ自体を買っているというわけです。
 

例えばそのネットワークビジネスが扱っている商材が石鹸だとした場合、子会員は石鹸そのものが欲しいわけではなくて、そのビジネスモデルに乗っかることで、金銭的に豊かになれると思って勧誘に乗るわけですよね。

ということは、その子会員にとっての商材は石鹸ではなくてそのビジネスのビジネスモデル自体だということです。
 

ネットワークビジネス最大の問題点は、子会員自体が集客装置にされていることです。

逆を言えば、集客があまりにも弱いビジネスなんですね。

組織から見れば、子会員がどんどん増えていき孫会員がどんどん増えていくとなると、それぞれが集客してくれるので組織としての集客装置としては機能しているんですが、もしあなたがネットワークビジネスを始めたとしたら、あなた自身にとっては集客装置がなさすぎことが最大の問題なわけです。
 

結局、集客の手段がないわけですから、子会員自身はじゃぁどこからお客さんを集めて来なければならないのかというと、当然、友人だとか家族のところに行くしかないわけですよね。

もともと顔が広くて、あるいは元営業マンでガンガン一件一件営業にいけるというような個人的な資質を持っている人であれば別ですが。

そうではなくてビジネスモデルとしての集客の部分がないわけですから、もともとの資質だとか環境がない人にとってはやりようがないので、人間関係、それまで築いてきた人間関係を犠牲にして何とか自分の子会員を増やすしかないわけです。

要は再現性がないわけですね。
 

で、子会員にとっての商品というのは、先ほども言ったように石鹸など商材そのものではなくネットワークビジネスのビジネスモデル自体なわけですから、子会員は情報弱者を取り込んで、上の層の人たちが儲かるための集客装置の一部にされてしまうビジネスモデルだということです。
 

ビジネスで使える洗脳テクニック

 
最近のブロガーも同様に、自分の商品を持たず「稼げます」「稼いでいます」というビジネスモデルを売るために、キャンペーンを打って情弱のフォロワーをかき集めたり、中身空っぽのパフォーマンスをして注意を引いたりしているわけです。

そういえば、最近もTwitter上で「ベジシャワー」を売ろうとしてブロガーもいましたが、彼も元アムウェイを名乗っていましたね。

 
ちなみに、マルチとブロガービジネスですが、似たようなものだと思っている人も多いみたいですが、全然違いますよ。

人間関係の破壊力はブロガービジネスの方が断然強力です。
 

なぜかと言うと、マルチが破壊する人間関係は、友達や家族など、せいぜい過去〜現在の人間関係程度なのに対し、ブロガービジネスはこれから出会うであろう人たち、つまり未来の人間関係をも全て破壊するからです。
 

だって、ツイートやブログ記事は、デジタルタトゥーとして未来永劫世界中にバラマキ続けられていくわけですからね。

SNSのアカウントやブログを削除しても、スクショされて残ります。

たった一枚のスクショが、何万枚、何億枚とコピーされて世界中の壁に貼り付けられていくわけです。
 

これらのデジタルタトゥーは、今後、再就職をする際、何かしらのビジネスを立ち上げて協力を仰ぐ際、借金をする際、結婚する際、子どもの未来をつくる際、あらゆる場面に置いて弊害になりますよね。

もちろん、自分の商品をつくり、まともなビジネスを展開しているブロガーは何も心配することはありません。

が、自分の商品をつくる努力をせず、自分の人生を切り売りして虚構ビジネスをしているブロガーは、この警告はガチで頭に叩きこんでいる方が良いと思いますよ。

というか、もうちょいビジネスの勉強をしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
ハットリシンヤ
マーケティングコンサルタント服部慎也としてではなく、プライベートの服部慎也として書きたいことを書きたいように書いているブログです。とはいえ、ビジネスもプライベートもあまり分けていないのでビジネス系やマーケティング系の記事が多いかもしれませんが、肩の力を抜いて読んでいただければと思います。「○○について書いてほしい!」などあればTwitterで気軽に絡んでください。
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© SHINYAHATTORI.COM , 2018 All Rights Reserved.