年に一回12時間だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる映画『パージ』がヤバイ

  • HOME
  • BLOG
  • COLUMN
  • 年に一回12時間だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる映画『パージ』がヤバイ

画像:映画『パージ:エクスペリメント』オフィシャルサイト

僕はリサーチも兼ねて本屋にもTSUTAYAにも映画館にも足を運ぶんですが、けっこう直感で本を買ったりDVDを借りたりするんですよね。

誰かもわからない、人気なのかどうかもわからないけど、本の前書きを読んでピンときたとか、DVDのパッケージの裏側に書いてあるあらすじに興味を持ったりとかで。

で、最近気になって観たらなかなか面白かったのが『パージ』なんですが、とりあえず予告編を観ていただければあなたも興味をそそられるかとw

 
内容はシンプルです。

タイトルにもガッツリ書いた通り、「年に一回12時間だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる」というなかなかクレイジーな設定の映画で、もう少し細かく言うと、使える武器の制限がされているのと、政治家などのある特権階級の人を殺してはいけないというルールがあります。

R15だけあって、なかなかハードな内容(そんなにグロくはない)です。
 

ネタバレになっちゃうとダメなので詳しくは言えないですが、ただただ人が人を殺しまくる映画ではなく、それぞれの立場の人の心情がリアルに描かれているので、ある意味ヒューマンドラマでもあります。

パージの標的にする人、標的にされる人、高みの見物をする人、良心と葛藤する人…などなど。

結局、政治家は守られますし、富裕層はお金をかけて家を武装するので被害に合いにくいので、パージの標的とされるのは貧困層や一般市民なんですよね。

むしろ、国の政策ですから「世の中から貧困層を排除することでムダな資金の使用を減らす」ということが目的だったり、みんな身を守るために武器を買い漁るので、全米ライフル協会へお金が流れる仕組みになるなど、今の時代や近い将来を予見しているような内容だったりします。

うーん、無いことも無いよなと思ってしまうような、ちょっとリアルな政策でもあるんですよね。

日本ではありえない…?

とはいえ、「まぁ、日本ではありないよな…」と思っていたところ、“ある主張”をしいていた“ある存在”が頭をよぎりました。

N国・立花孝志党首「あほみたいに子どもを産む民族は虐殺」「差別やいじめは神様が作った摂理」などと言及

はいこれ。

こんな映画みたいな話ありえないよなと思っていたんですが、この発言があった以上、もしN国党が政権を握ったら近いことは起こるんではないかと思ってしまいますよね。
 

あくまで個人的な意見であり想像の域は出ませんが、映画の中で「人間はそもそも暴力的で攻撃的な生きものであり、それを開放することによって精神が保たれる」的な言葉があって、それがN国党とリンクしてゾクっとしました。

平和や治安を守るためにはある程度の犠牲はしょうがないという論理ですね。

パージは全部で4作あります

パージには続編があって、全部で4作あります。

そのうち1つはパージ法ができる前の話、エピソード的な作品ですが、これも内容は言えませんが「こんな感じで計画的かつ緩やかに導入されていくんだな」とさらにリアルさを感じました。 
 

これが2作目の「パージ:アナーキー」

パージが富裕層の娯楽となるなど、最悪な進化を遂げていきます。

 
そして3作めの「パージ:大統領令」

パージ法を廃止すべく戦う議員さんと現政権との話ですね。

 
4作目の「パージ:エクスペリメント」

時系列で言うと、一番最初なので「いかにしてパージ法が出来上がったか」の話になります。
 

という感じで、どれもけっこう考えさせられる作品で、かなり見応えがありました。

死刑制度に良い面と悪い面があって賛否が分かれるように、パージ法にもその両面があって、闇を抱える人にとっては非常にありがたい制度だったりするかもしれません。

例えば、僕の妻と息子を無惨に殺されたとして、でも犯人を見つけて殺したところで2人は帰ってこないですし自分が罪人になるだけなので留まると思うんですが、もしパージ法があったとしたら…ちょっとわからないですよね。
 

映画の中でもそういった考えさせられるシーンがけっこう出てくるので、ホラーものに強い大事な人と一緒に観ると、いろいろと考えるきっかけになって面白いかもしれません。

ちなみに、ジョーカーを観た人は、貧困層や無敵の人といった深い闇のテーマとけっこうリンクする部分も多いかもしれませんね。


記事一覧

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルサイトです。 以前から、オピニオンよりのブログ(個人的な情報発信)と写真を融合させたサイトを作れないかと思っていたところ、ベストなWordPressテーマ...

関連記事