リライトの本当の意味

某ブロガーが、「ブログはオワコン、これからはYouTube」と喧伝していることもあって、YouTubeに参入するブロガーが増えてきていますね。

まぁ、動画の重要性に関しては、数年前からずっと言われていたことなので今更感はありますが。
 

かくいう僕も、ビジネス系(マーケティング、コンサルティング)の動画をYouTubeで400本くらい公開していたんですが、現代に当てはめた場合、内容が少し古いなと感じ始めてきたので、つい最近ですが全部非公開にしました。

時代に合わせて内容を修正して再アップロードしようとも思ったんですが、ブログのリライトのように簡単に編集・加工はできないですからね。

そこに多大な時間や労力を注ぐくらいであれば、ブログをガンガン書いた方が良いなと。
 

よくある自己啓発系や心理学系の動画であれば普遍性や情報鮮度の継続性は高いので、細かく修正する必要も無かったんですが、そっち系に走るとどうしても胡散臭くなりますし、結局誰かの劣化コピーになってしまうので、あえて避けてノウハウ系やテクニック系を配信していました。

その結果、「ビジネス系の動画で、継続的にYouTubeを運営してくのはけっこうキツイな」という結論に至ったわけです。
 

まぁ自己啓発系というのは「何を言っているか」ではなく「誰が言っているか」がポイントなので、厳密にいうとビジネス系ではなくエンタメ系に分類されるんですけどね。

なので、インフルエンサーでもない限りビジネス系の動画で広告収入で儲けるのはかなり難易度は高いですし、時間や労力をかけるほどのリターンは得られないんですよ。

YouTubeからリストを獲得して、自分の商品を売るとかであれば有用だと思いますが。
 

さらにいうと、リターンが得られないどころか、かなり気合いを入れて運営しなければ、収益や信用を失うリスクが常に付いて回ります。

もちろん、ビジネス系以外、例えば、エンタメ系や健康系、恋愛系、人間関係系、技術系などであればそこまで気にする必要もありませんが、ビジネス系でYouTubeに参入しようと思っているのであれば注意が必要ですね。

トレンドのツールが頻繁に変わる、集客ノウハウや政治情勢、経済情勢に左右されやすい投資系などはわかりやすいでしょう。

過去に「Facebook集客法!」「アメブロで稼ぐ!」「仮想通貨は稼げる!」「これからはICOだ!」といった内容の動画をガンガンアップしていた人が今どうなっているかというと、、、ということです。
 

自分はYouTubeはやらないから今回の内容は他人事だと思った人は要注意です。

というのも、ブログのリライトに関しても、単にPVを伸ばすためのだけの施策ではなく、過去の古い情報や間違った情報をアップデートして信用を失わないための施策でもあるので。

なまじアクセスがあるからといって、情報がアヤしい状態の記事を放置したままにしておくと、「PV数=失われている信用の数」になりますからね。
 

そういった、いつもと違う視点を持って、この連休は「失われる信用対策」としてブログ記事のリライト活動に力を入れてみてはいかがでしょうか。


関連記事