【お悩み相談】就職せずにお金を作りたいけど方法がわかりません

  • HOME
  • BLOG
  • CONSULTING
  • 【お悩み相談】就職せずにお金を作りたいけど方法がわかりません

相談をいただくようになってきたので、合間を見てボチボチ答えていこうと思います。

今回のお悩みはこちら。

とにかく若いうちにお金を作って、就職しないで自分の会社をつくったり様々なビジネスをしていきたいです。ですが、お金の作り方もビジネスノウハウの学び方もわからないのでアドバイス頂ければと思います。
まずこの考えに誤りがあればご指摘の方お願い致します。(21歳 男性)

 
お悩み相談はこちらのフォーム(匿名可)からお願いします。

※氏名の公開に不都合がある方はニックネームで書いてください
※ビジネス相談、人生相談、恋愛相談などジャンルは問いません
※特殊な専門知識が必要な相談にはお答えできない場合があります
 

情報量が少ないので的確な回答になるかどうかはわかりませんが答えていきますね。

まず、21歳でTwitterをしていて、これからビジネスをしようと思っている時点で、それだけでかなりのアドバンテージがあるかなと思います。

しかもどこからか僕のことを見つけてくれたわけでしょ。

質問内容はザックリですが、言葉遣いは丁寧だし謙虚なので、不躾なDMをしてくるフリーライダーの大人たちよりもよっぽど将来の見込みはあるかなと。

起業すべきかどうか

すぐに市場に出せるような商品やサービス、あるいは自分のスキルがあるのであれば、就職せずに起業しても良いんじゃないかなと思います。

その場合は、Twitterをやっているわけですから、

「こういうことをしようと思っています」
「こういう商品を売りたいと思っています」

と宣言してフォロワーさんの反応を見てみれば良いです。
 

ただ、何かしらの反応をもらうにしても母数は必要になってくるので、そのためのフォロワーを増やすことは必要になってきます。

正しい増やし方としては、自分がやろうとしていることは、何に困っているどんな人の問題を解決できるか、何を求めているどんな人を幸せにできるのかをツイートしたり、文字数が足りないのであればブログを書いて伝えていくことです。

フォロワーがなかなか増えないという場合は、そのテーマに需要が無いのかもしれないですが、多少はリサーチには協力できるので、よかったら活用してください。

 
お金の作り方とかビジネスノウハウの勉強はそれからで良いです。

まずは、自分が世の中に提供できる価値があるかどうか、それが自分の思い込みではなく本当に受け入れられるものなのかどうか、必要とされているものなのかどうか[/keikou]を知りましょう。

それさえわかれば、後からいくらでもマーケティング(集客、プロモーション、セールスなど)を強化して売上を増やしていくことはできますし、誰かと組んだりクラウドファンディングなどを活用して一気に拡大していくことができます。

まずは小さくテストをして現実を知るというところからですね。

何も武器が無い場合

すぐに市場に提供できるような商品やサービス、知識、経験、スキルが見当たらない場合は、就職することをオススメします。

自分でビジネスをやろうと決めて就職をすることで、「とりあえず給料もらえれば良いや」と思って働いている会社員とは視点や視野が全く変わってきます。

それを給料をもらいながら学べるわけなので、こんなオイシイ環境は無いです。
 

注意点としては、

・自分のビジネスに費やす時間が確保できる
・自分がやろうとしているビジネスの学びになる

という職場を選ぶことですね。

ブラックな環境や全く関係の無いカテゴリーの会社でも学べることはあるんですが、それはあくまで結果論でしかないので、毎日の労働に疲弊して自分のやるべきことややりたいことができなくなるのは本末転倒なので。
 

会社は、自分が歯車として回っている間は得られるものは少ないですが、ちょっと引いて見てみることでお金の作り方やビジネスノウハウは十分学べる環境です。

だって、会社には(将来自分がなるであろう)社長がいて、(将来自分が雇うであろう)従業員がいて、(将来自分が売るであろう)商品やサービスがあって、(将来自分が向き合うであろう)お客さんがいて、リアルタイムでビジネスが動いているわけですから。

そういった視点を忘れずに就業すれば良いんです。

ノウハウを集めることに躍起になって頭でっかちになる前に、まずは自分が信じるように動いてみて、現実を見て、それから自分に足りないものを埋めるために情報やノウハウを集めていきましょう。
 

お悩み相談はこちらのフォーム(匿名可)からお願いします。
 
※氏名の公開に不都合がある方はニックネームで書いてください
※ビジネス相談、人生相談、恋愛相談などジャンルは問いません
※特殊な専門知識が必要な相談にはお答えできない場合があります