コタツから抜け出せない

いや、最近オンラインサロン以外Facebook全然見てないんですけど、たまたま見た知り合いのFacebookの投稿があまりに的を得ていたので、せっかくなのでシェア。

Facebookの狭い世界だけで置いとくのはもったいないと思ったので。

このソーシャル時代に「起業テーマ見つからない」って何年も言ってる人が不思議すぎる。

Twitter見れば「こういう人いない?」とかで、コメント欄でプロジェクト発生してるし、ビジネス系のサロンに入ればマッチングも起きるし、交流会に参加すれば色んな社長にも会うし。

まるで自分で引きこもっていながら「結婚したいけど出会いがないんです」と言ってるようなものだ。たぶんどれもやってないと思う。

単独でやりたいなら、無料で始められるアフィリエイトとかインフラも整ってる。スキルがあるなら、サービスを売るマッチングサイトもある。ブログやって売ってもいいし。なんなら、クラウドでスキル持ってる人に依頼もできるのだから、案件を横流しするだけでビジネス始められる。

まるで「痩せたいけど時間をかけたくないんです」みたいな。「お金はないけど投資で稼ぎたいんです」みたいな。

ちなみにアフィリエイトは未だに怪しいと思われてるからチャンスだ。世の中にある大企業の有名商品、ほぼ全てのジャンルの商品サービスを、1円もなくても取り扱いできるということが理解されていないのか不思議すぎる。これ以外にスキルと資金がない人が最初に取り掛かる仕組みはないと思うけど。

リアルにこだわるなら提携先を自分で開拓すればいい。「これ売ったらいくらちょうだい」という相手が一件でもあればいいだけ。

目の前の人にニーズを聞いて、その人を稼がせようとすればいいだけなんだけど、自分のことしか頭にないからビジネスにならないんだよ。

起業には資金かスキルが必要だって分かってるかな?それがなくてもできるビジネスなんてそうとう限られる。

資金があるなら使って普通に始めればいいし
ないならスキルを売ればいいし
それもないならスキルとか人に借りればいいし
それも嫌ならコツコツ時間をかければいいし

これだけコンビニエンスな選択肢があって、いったい何なのか?

「色々やってるけどうまくいかない」
というのは全然、救いようがあるが
「何もしていない」
は、人脈も経験もスキルも何もかも一ミリも進んでいない。

食べたいものがありすぎて選んでるうちに1日が終わる、みたいなことになってないか。

 
元ネタこれね。

この人もSNSの影響力とか特に持たずにビジネス展開している人。

 
Facebookは未だに運気がどうとか波動がどうとか当たり前のように投稿する人がいて、それに共感する人でコメント欄が埋め尽くされて…みたいな世界だから、こういう超リアルなメッセージはそういう人には受け入れられないけど刺さる人には刺さるよね。

いつまでもコタツに入ってねーでさっさとやれやっていう話ですわ。


記事一覧

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルサイトです。 以前から、オピニオンよりのブログ(個人的な情報発信)と写真を融合させたサイトを作れないかと思っていたところ、ベストなWordPressテーマ...

関連記事