夫婦で子どもに対する教育方針を統一しない方が良い

YouTubeにアップした「夫婦で教育方針を統一しない方が良い」ですが、いつものように文字起こししておくので、動画を観るのが面倒臭い人はザッと読んでいただければ。

 
Twitterで話した内容なんですが、周りの人を見ていると「うちはこういう教育方針だから」みたいな声をよく聞くんですね。

テレビでも「〇〇家の子育て方法」みたいなのはよくありますが、これに関しては僕は変だなと思っていまして。

なぜ、家庭で教育方針を統一しなければいけないのかなと。

 
シングルマザーやシングルファザであれば親は1人しかいないので、それであれば「うちはこういう教育方針です」というのはわかります。

でも、夫婦2人で子育てする場合は統一する必要は無いんじゃないのかなと思うわけです。

せっかく親が2人いるのに、別々の価値観や考え方を持っている人間が常に2人いるのに、一本化してしまうのってもったいないですよね?

それぞれ、妻はこういう方針、夫はこういう方針、で良いんじゃないかなと。
 

もちろん、方針とか価値観が合致するところは統一すれば良いとは思うんですが、「パパがこう言ってるからこうしようね」とか「ママがこう言ってるからこうしようね」とかいうのは何か違いますよね。
 

うちの家庭でもあるんですよ。

例えば、妻が息子に「それやったらパパに怒られるよ!」とか言うんですけど、「それは僕の価値観だから、君が叱らないといけないと思ったところで叱れば良いし、褒めたいと思ったところで褒めれば良いし、むしろ僕と同じことをしなくても良いよ」と言っています。

逆もあって、息子が僕に何か尋ねたときに「あー、それママに聞いて」とか言ってしまうんですが、「妻がどう言おうが、自分が思ったことを伝えれば良いんだ」といつも反省してします。
 

当然、そういう場面になると、子どもは矛盾を感じて混乱することもあると思うんですが、僕はそれで良いと思っています。

むしろ、「パパもママも言っていることが違う、じゃぁ自分はどうするか」という矛盾や理不尽な場面をストレスにならない程度に用意し、考えさせる機会をたくさん与えてあげれば良いと。

そこで、矛盾で混乱してる子どもを見て、夫婦同士が「ママが間違ってるんだよ!」とか「パパが間違ってるの!」みたいなことを言うからダメなだけで。
 

もちろん、夫婦がお互いの価値観や考え方を尊重しあえる関係性じゃないと、こういった取り組みは難しいです。

じゃないと、夫婦が揉めている姿を子どもが見ると「もうどっちなん?ちゃんと決めて!」ってなるじゃないですか。

ただ、この「もうどっちなん?ちゃんと決めて!」という反応をしてしまうのがそもそもダメで、なぜならこれは自分で考えるということを放棄している他責思考だからです。
 

まぁ、子どものことを考えたらもめる必要も無いんですけどね。

というのも、子どもは最終的には巣立って1人で社会の中で生きていくわけですし、であれば、できるだけ多くの社会経験、それこそ理不尽なことや矛盾を家庭の中でも経験させてあげた方が良いからです。

家族はチームではあると思うんですが、それ以前に小さい社会なので。
 

で、社会で生きていくためには、自分で考えて、調べて、選択して、行動して、結果を受け止めて、それが良い結果であれさらにアップデートさせて、それが悪い結果であれば反省して修正して、前に進まなくちゃいけないわけです。

人生、それの連続なわけですよね。

やりたいこととか、やりたい運動とか、やりたい仕事とか、もっというと応援したい人や支持したい政党も自分の責任でもって選ばないといけない。

それができない人が、社会の隅に追いやれていくわけじゃないですか。

自分で考えない、調べない、選ばない、行動しない、結果を自分の責任として受け止めない、そんな大人がいっぱいいるわけです。
 

だからこそ、そうならないように、「パパはこう思う、ママはこう思う、キミはどう思う?」っていう機会をたくさん与えてあげるべきじゃないかと。

理不尽でも良いと思うんですよ。

そもそも社会は矛盾だらけですし、理不尽なことだらけですから。
 

習い事なんかもそうで、例えば、「パパは音楽をやった方が良い」、ママは「スポーツをやってほしい」と伝えた時に、「いや、僕は絵が描きたい。なぜなら〇〇だから」と言える子供じゃないと、知らずのうちに親が自分の価値観や願望を押し付けちゃったりするわけです。

なので、僕は「何をさせるか」とか「何を習わせるか」とかはさほど重要では無いと思っていて。

それよりも誰に何を言われようと自分で考えて、調べて、選び、自分で決めたことは自分の責任として行動する、といったことをたくさん経験することの方が大事だと思うんですよ。

もちろん、そのためにいろんなものやいろんなことに触れさせるということは大事ではあるんですが。

ということで、夫婦で力を合わせて子どものために何かをしてあげるというのは大事なことだとは思うんですが、それ以外に関しては「うちはこうしよう」みたいに教育方針を統一する必要はないかなと。

父親、母親の違った価値観や考え方に触れ、どちらかに傾倒するのではなく自分で考える機会を多く持つ方が、他人の意見を参考にしたり尊重したりしながらも自分の軸をしっかり持って生きられる人間に育つと思っています。

あなたはどう思うでしょうか。


記事一覧

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルサイトです。 以前から、オピニオンよりのブログ(個人的な情報発信)と写真を融合させたサイトを作れないかと思っていたところ、ベストなWordPressテーマ...

関連記事