ハットリシンヤのオフィシャルブログです

Twitterでブログの元ネタを毎日つぶやいています。







これから来たるAI時代ににボロ勝ちできる人

 
  2018/11/28
 
ai







この記事を書いている人 - WRITER -
ハットリシンヤ
マーケティングコンサルタント服部慎也としてではなく、プライベートの服部慎也として書きたいことを書きたいように書いているブログです。とはいえ、ビジネスもプライベートもあまり分けていないのでビジネス系やマーケティング系の記事が多いかもしれませんが、肩の力を抜いて読んでいただければと思います。「○○について書いてほしい!」などあればTwitterで気軽に絡んでください。
詳しいプロフィールはこちら

先日、家族で西宮ガーデンズに買い物に行き、フラッと立ち寄ったユナイテッドアローズでの話。

嫁が、気に入った刺繍のTシャツがあったみたいなんで、「エエやん、買えば?」って言って店員さんにサイズを聞いてみたら、フリーサイズだったんですけど、店頭に出ている1点しかないと。
 

で、うちの嫁はちょっと潔癖なところがあって、基本的に店頭に展示してある商品は買わないんですよ。

必ず新しいものを出してもらって買うんですね。

女性(に限らず)はそういう人多いんかな?

まぁ、あと、せっかくお金を出して買うんだから誰も着ていない新しいものが欲しいというのもあるようで。
 

ちなみに、僕は全く気にしないんですけどね。

展示品だろうが多少キズやほつれがあろうが気にしない(笑)
 

なので、嫁はいつものように、店員さんに「これ新しいのありますか?」って聞いて、調べてもらったら店舗には在庫がなかったみたいで。

まぁ、でも、パッと見問題なさそうだったんで、「別にこれでエエんちゃうん ?」って言ったら、嫁は「うーん…」って感じで(笑)

そしたら、すかさず店員さんが

「刺繍ですし、新しいものが良いですよね〜♪ お急ぎでなければお取り寄せして郵送しましょうか?」

と、なかなか良い感じの対応を。
 

女性の店員さんだったんですが、嫁は話しやすかったようで、いろいろコーディネートを聞いたり、プライベートの話をしたりしていました。

息子も連れていたんで、「今おいくつですか?」「明後日で1歳なんですよ〜」みたいな会話もしていましたね。
 

そんなこんなで気分良く店を後にし、後日、丁寧に包装されたTシャツが届いて、嫁が受け取りました。

で、書斎で仕事をしていたら、リビングから嫁の声が…

「うぉーーーっ!!!」

って(笑)

何なにー?どないしたーん?とリビングに行ってみるとこれが。

 
めちゃくちゃ素晴らしいなと。

日にちも言っていない数秒の会話で息子の誕生日を把握し、プチギフトをつけて誕生日当日に送ってきて、しかも手書きの手紙つき。

もう完璧じゃないですか。
 

僕自身、SNSでは影響力は無いですし、ビジネスモデル的にも影響力は求めていませんが、こういうことを拡めるための影響力なら欲しいなと思った次第です。

まぁ、僕自身が影響力がなくても、影響力のある人とつながっていれば「本当に良いもの」には反応してくれるのでそれで良いんですけどね。

 
あと、僕自身のフォロワーが少なくても、自分の言葉を乗せて拡めてくれるフォロワーがいれば質の高い情報が拡がっていくので、ムダにフォロワーのアタマ数だけ多いより全然良いかなと。

 
この素敵な対応は、あらゆるビジネスにおいて、大きなヒントになりますよね。

IT革命がガンガン進み、ほとんどのことがPCやスマホで解決する世の中だからこそ、人間にしかできないアナログなアプローチはインパクトとあたたかさを提供します。

そして、そのオフラインの取り組みがオンラインに拡がり、オンラインの情報を元に店舗に足を運ぶという好循環になると。
 

インフルエンサーとかプロブロガーとかが販売員もAIに仕事奪われるどうのこうの言ってますが、こういった素晴らしい仕事ができる人は、より「選ばれる人」になるんだろうなと。
 

こういう人がどんどんオンラインに参入してくると強いですよ。

だって、こんなレベルの高い視点を持って、考え、毎日膨大な人と接している人に、PCに向き合っているだけの人が「商売」で敵うわけがないじゃないですか。

しかも、Twitterを見ていてもわかるように、クライアントやお客さんの気持ちがわからないエセインフルエンサーだらけなので、なおさらです。
 

WEBマーケティングをかじると、どうも「WEBマーケティングで人を動かす」みたいな考えになりがちですが、今回の例からもわかるように、本来はそうではないんですよね。

ほとんどの場合、現場でのアナログなアプローチがWEBマーケティングを司っているということです。

もっと現場での取り組みによって得られた言葉や情報をWEBに反映させなければ、と僕もリマインドになりました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ハットリシンヤ
マーケティングコンサルタント服部慎也としてではなく、プライベートの服部慎也として書きたいことを書きたいように書いているブログです。とはいえ、ビジネスもプライベートもあまり分けていないのでビジネス系やマーケティング系の記事が多いかもしれませんが、肩の力を抜いて読んでいただければと思います。「○○について書いてほしい!」などあればTwitterで気軽に絡んでください。
詳しいプロフィールはこちら




Copyright© SHINYAHATTORI.COM , 2018 All Rights Reserved.