新しい命

超プライベートな話なんですが、実は第二子を授かりまして。

このまま順調にいけば来年の春には産まれる予定なので、この記事を読んでくれているあなたと、もしお会いすることがあればぜひ可愛がっていただければ嬉しいです。

ということで、お祝いのPolcaをお願いします。

https://bit.ly/2kofiTt

というのは冗談で。
 

第一子の時は僕も妻も初めての経験だったし、子どもはできないかもしれないと言われていた矢先の妊娠だったので、妻は超ナーバスになるわ、僕は勉強不足で妻のことをわかってあげられていなかったわで、いろいろぶつかったんですよね。

そんな時、けっこう救いになったのがコウノドリ(ドラマ&漫画)だったりして。

いやー、これは全父親必見ですね。
 

ただ、コウノドリを知ったのが出産後だったので、(コウノドリに限らず)もっと早く勉強していれば、妊娠中ももっといろいろと妻のケアしてあげられたのになと、我ながら深く後悔しました。

なので、第二子はある意味リベンジでもあるわけです。

妊娠中、出産後のケアをどれだけできるか、しかも以前とは違って2歳の息子もいるわけですから、また話は変わってくると。
 

僕、けっこうMなところがあるので、育児、家事、妻のケア、仕事を完璧にこなせれば、これは人間的にかなり成長できるなと今から燃えていたりするんですよね。

サラリーマンだと、どうしても大半の時間は家にいないので、家族のサポートをできる時間や範囲は限られてきますが、僕の場合、仕事に取り組む時間も家族との時間も全て自分のさじ加減次第。

という状況を、できるだけ感情的にならずに全てをどうマネジメントしていくか、これを考えることがなかなか楽しみで。

 
まぁ、コンサルタントという職業病ですね。

とはいえ、誰もが制約条件のある中でやらなくてはならないことがあるわけですし、制約があるからこそ限られた時間を大事にすることができる面もあります。

サラリーマン生活があるからこそ限られた時間を大事に集中し、副業が上手くったりもしますし、休みが少ないからこそ、限られた時間は全力で家族に愛情を注いだりします。

時間は量より質ですからね。

子どもと接する時間が少なくても、がんばっている背中を見せることで絆が強まったりしますし、尊敬の念が芽生えたりします(少なくとも僕の両親はそうでした)。
 

…っと、話が脱線していきましたね。

また長期間、代わりのきかない大仕事を妻にはしてもらうことになるので、それ以外の部分は全力でサポートをしながら、世のお母さんとお父さんに役立つようなことは積極的にシェアしていこうかなと思っています。

もちろん、仕事も引き続き「狭く深く」のスタイルでがんばります。

家族や子どもは仕事以上に人を成長させる部分があると実感しているので、今後さらにパワーアップしていくハットリにご期待ください!
 

たくさんのコメントありがとうございます。

アクティブにつながってくれている人、そして他人の幸せを祝ってくれる人がこんなにいたんだと思うとめちゃくちゃウレシイです。




記事一覧

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルサイトです。 以前から、オピニオンよりのブログ(個人的な情報発信)と写真を融合させたサイトを作れないかと思っていたところ、ベストなWordPressテーマ...

関連記事