マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルブログです

Twitterでブログの元ネタを毎日つぶやいています。

買って良かったシリーズ①:BOSE SOUNDTOUCH®︎ 300

 
 
BOSE SOUND TOUCH 300







この記事を書いている人 - WRITER -
マーケティングコンサルタント服部慎也としてではなく、プライベートの服部慎也として書きたいことを書きたいように書いているブログです。とはいえ、ビジネスもプライベートもあまり分けていないのでビジネス系やマーケティング系の記事が多いかもしれませんが、肩の力を抜いて読んでいただければと思います。「○○について書いてほしい!」などあればTwitterで気軽に絡んでください。
詳しいプロフィールはこちら

最近他の人のブログでよく見かける「買って良かったシリーズ」ですが、僕もやろうかなと。

ただし、アフィリエイト報酬をギラギラ狙っているわけでもないので、せっかくなのでサラッと買えるものじゃなくて「悩んだ末に大いにフトコロを痛めて買う商品」にしようかなと。
 

ほら、高額商品ほど失敗が許されないじゃないですか。
 
で、そういった商品を紹介する方が信ぴょう性も高いでしょ。

 
ということで、服部の「買って良かったシリーズ」第一弾は、ホームシアター兼リビングスピーカーで使用するための『BOSE SOUNDTOUCH®️ 300』 です。
 

 
詳細はBOSEのホームページでSoundTouch 300 soundbar へ。

引越しを機会にテレビとスピーカーを買い換えようと思っていたわけなんですが、ポイントが5つありました。

理想のスピーカー5つのポイント

① スピーカー周りの配線がゴチャゴチャしていない
② できればサウンドバーとウーファーでだけで解決したい
③ サラウンドスピーカーに負けない音質と低音が欲しい
④ iTunesやSpotifyなどの音楽を聴くことがメイン
⑤ 後々カスタマイズや買い足しが可能な音響システム

 
いやー、ワガママですねw

まぁ、音楽をやっていたし、ベーシストなのでそこそこ音質と低音にはこだわりますが、追求しだすとキリがないですし嫁には一切共感されないので節度は持ってますよ。
 

で、その節度のあるワガママを全部叶えてくれたのがBOSEの『BOSE SOUNDTOUCH®️ 300』でした。

設置した図はこんな感じです。
 

 
テレビの前にあるのがサウンドバー、左手前にあるのがウーファーですね。
 

 
たまたまネコが写り込んできたので、コンパクトなサイズ感もわかるかと。

ちなみに、テレビはこれです。

サイズ感やテレビ台(画像のテレビ台は180cm)とのバランスの参考にしていただければ。
 

 
はい。テレビに関してはそこそこデカくてキレイであればブランドにこだわりませぬ。

テレビ番組自体はほとんど見ないですしね。

こだわりのないところはノンブランドにして、その分こだわりたいところ(画面の大きさ、画質、音など)に適度にお金をかけるというのが僕の信念ですw
 

映画鑑賞の際の音質はどうか?

サウンドバーを使う前は、同じくBOSEの左右にスピーカーを配置するタイプのホームシアターシステムを使っていたのですが、レベルは同じかそれ以上です。

サウンドバーだけなので不安はあったんですが、実際にBOSEの直営店に行って音質を確かめたら、何の問題も無いどころかむしろ予想以上にクリアでした。
 

というのも、最初に5箇所で自動で音場調整をしてくれるんですね。

例えば、正面のソファ、キッチン、ダイニング、リビング、地べた、みたいな感じで、それぞれの場所で自動調整をしてくれるので、どの場所にいても”ついでに聞こえてくる感”は無いし、映画の場合は普通に音が回り込んできます。

全ての場所でしっかり鳴ってくれるので、スピーカーが1つであることの音質の不満は全く無しです。
 

音楽鑑賞の際の音質はどうか?

映画鑑賞でそこまでのポテンシャルを持っているので、当然、音楽鑑賞に関しても全く問題無しです。

普通にBluetoothでiPhoneやPCから音楽を流せるのはもちろん、このシステムはWiFiでも音を飛ばせるんですね。

で、便利なだけではなくて、ぶっちゃけWiFiの方が音は良いです。
 

文章で音の魅力を伝えるのはなかなか難しんですが、下手な2スピーカーのステレオやホームシアターを買うくらいであれば、これを買った方が良いです。

映画も楽しめるし、音楽も楽しめるわけですからね。
 

追加のスピーカーは必要か?

サウンドバーの他に、左右のスピーカーとウーファーを接続できます。

ぶっちゃけ言うと、左右のスピーカーはいりません。
 

そもそも、僕自身、サウンドバーで解決したかったというのと、配線をゴチャゴチャしたくなかったというポイントがあったので、サラウンドスピーカー買うつもりはなかったというのもありますが、実際に聴いてみてもさほど音質は変わらなかったので必要無いと思いました。

一応ワイヤレススピーカーですが、ワイヤレスの元になるパーツが大きく、さらに言うと、それ自体が有線なのでアウトですw

これですが、気になる人は一度BOSEの直営店に行って確認してみると良いです。
 

  
たぶん、「いらねー」ってなると思いますが。

というか、サウンドバー1つで解決してしまうほどクオリティが高いということですね。
 

追加のウーファーは必要か?

問題は、ウーファーです。

これは好みに分かれますが、レビューでは「サウンドバーだけで十分低音が鳴る」と書いてあるものが多いですが、僕には物足りなかったんですよね。

これも購入前に試しに聴いてみたんですが、サウンドバーだけでBASSの効きをMAXにしても物足りなかったのでサウンドバーと同時購入しました。

まぁ、あくまで僕がベーシストなので、低音が鳴らないとイヤだというのもありますが…。

 
で、確かに、ウーファーを接続して効きをMAXにしたらヤバイくらいに鳴りすぎます。

メタルとかをBASSをMAXで聴いてたらゴワンゴワンしますし、ポップスでもそこそこのボリュームで音楽を流したら、低音だけが近所迷惑になるくらいw
 

 
ただ、低音好きにはこれは必須だと思いますし、映画の迫力を決めるのはサラウンドだけではなく低音だったりするので。

多く鳴っている低音は抑えることはできますが、MAXでも低音の鳴りが物足りない場合は上乗せすることはできないですからね。

ウーファー本体はかなり重たいですがコンパクトなので、音楽好き映画好きで、しかもこのサウンドバーに興味を持ったのであれば、フトコロが許すのであれば個人的には買った方が良いかなと思います。
 

追加情報の希望お受けしています

さらっと買えない「買って良かったシリーズ」どうでした?

アフィリエイトリンクは貼ってますが、どう考えてもビックカメラとかヨドバシカメラとか家電量販店で購入した方が商品も安いしポイント還元率も良うと思うので、ちゃんと比較して一番お得なお店で買ってくださいw

時期とかタイミングとかによってもいろいろと変わってきますしね。

 
ということで、この記事が情報として何かしらの役に立てば幸いです。

さらに欲しい情報とかがあればTwitter(@FACTDEAL)でDMでもしてもらえればお答えするのでお気軽にどうぞ!

 
PS

僕は基本的に、音楽、映画、旅行くらいにしかお金を使わないので、「買って良かったシリーズ」はほぼシリーズ化されない気がする…。

すぐにネタが尽きて

・聴いて良かった
・観て良かった
・行って良かった

シリーズになっていきそうな予感。

 

真逆のマーケティングで一人勝ちするための全ての情報がここに

SNSに依存せず(フォロワー数に頼らず)、インフルエンサーに媚びず、ブランディングに疲弊せずに勝てるマーケティングを実践するための情報を発信しています。

これらの情報は、一人勝ちポジションを手に入れたい現役コンサルタントの人も、これからコンサルタントを目指す人も、マーケターを目指す人も、ビジネスオーナーも、ビジネスに取り組む全ての人にとって新しい武器になること間違いありません。


この記事を書いている人 - WRITER -
マーケティングコンサルタント服部慎也としてではなく、プライベートの服部慎也として書きたいことを書きたいように書いているブログです。とはいえ、ビジネスもプライベートもあまり分けていないのでビジネス系やマーケティング系の記事が多いかもしれませんが、肩の力を抜いて読んでいただければと思います。「○○について書いてほしい!」などあればTwitterで気軽に絡んでください。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© SHINYAHATTORI.COM , 2018 All Rights Reserved.