沖縄の楽園、小浜島の『はいむるぶし』が最高だった

どうも、ハットリです。

毎年、2ヶ月に一回くらいのペースで沖縄に行ってるんですが、今年はコロナの影響でそうもいかず、モヤモヤな日々を過ごしていました。

で、今年はもう沖縄に行けないかなと思ってたんですが、国も地方も「そろそろ経済回さないとヤバいんじゃね?」みたいな空気に変わってきて、異常なまでに観光客や帰省者を排除する地方がある一方、ウェルカムなところも出てきたんですよね。

その一つが、石垣島から船で30分のところにある楽園『小浜島』でございます。

 
こりゃ行くしかないなと。
 
自粛はもうウンザリですし、僕が仕事をしている間、家事に子育てにがんばってくれている嫁にそろそろご褒美もしなくちゃなと思っていたので。

はいむるぶしかリゾナーレか

小浜島には代表的なリゾートホテルが2つあって、1つがはいむるぶし でもう1つが星野リゾートが運営するリゾナーレ です。

リゾナーレは行ったことがないので正直わかりませんが、いろいろと情報収集をして条件を決めたところ、我が家はの宿泊先は嫁がずっと行きたがっていたはいむるぶしにしなりました。

条件①:ホテルから出ないで楽しめる

下の子がまだ小さい(6ヶ月)ので、レンタカーであちこち行くのではなく、ホテル内で食事もアクティビティも絶景も全て堪能できることがマスト。

条件②:部屋はオーシャンビュー

せっかくリゾートホテルに泊まるわけなので、やはり海が見える部屋が良いなということで、部屋の条件はオーシャンビュー。

さらに言うと、長男が「みんなでお風呂に入りたい!」としきりに言っていたので、できれば大きめの露天風呂付きの部屋があれば最高。

条件③:スタッフの対応が丁寧

どんなに環境が良くても接客やサービスが悪ければ全て台無しになってしまうので、やはりスタッフの対応が良いことは絶対条件。

などなどを考慮した結果、はいむるぶしのオーシャンビュースイートという部屋に決定しました。

はいむるぶし

はいむるぶし

はいむるぶし

はいむるぶし

はいむるぶし

はいむるぶし

画像:はいむるぶし公式サイト

オーシャンビュースイートの特典

オーシャンビュースイートに泊まると部屋と景色(下の画像はバルコニーからの景色と夜の星空)が最高なだけではなく、いくつか特典?特別待遇?があります。

はいむるぶし

はいむるぶし

特典①:クラブランジの利用

はいむるぶしでは、部屋のグレードごとに棟が分かれていて、スイートの部屋が並ぶ『てぃだ棟』にはスイート宿泊者のみが利用できるクラブラウンジ があり、7:30〜20:00までソフトドリンク、お酒、スナック、オードブルなどが無料で楽しめます。

また、チェックアウト後もホテルを出発するまで利用できます(帰りの送迎の時間ギリギリまで泡盛を飲んでいましたw)

はいむるぶし

画像:はいむるぶし公式サイト

特典②:カートの無料貸し出し

ホテルの敷地面積が東京ドーム8個分くらいあるらしく、小さいお子さんがいる人はカートが必須になるんですが、これも付いています。

こちらもチェックアウト後も乗れます。

はいむるぶし

画像:はいむるぶし公式サイト

特典③:チェックイン&送迎

チェックインとチェックアウトはフロントではなくクラブラウンジで受け付けをしてくれるので、人と接触することを最小限にできるのはこの時期は良いかもしれません。

行きは港からバスですが、帰りは専用車で家族ごとに送ってくれます。

また、帰りは軽く島の案内をしてくれるので、次泊まりに来たときはどこへ行こうかなんて想像も膨らみますよ。

楽しみ方

今回は家族で行ったんですが、小さい子がいるため、島内をウロチョロしなくてもゆっくり楽しめることが絶対条件だったので、オーシャンビュースイートという選択をしました。

子どもが3歳と0歳ということもあって、長時間炎天下では遊べないのでまったり過ごしましたが、子どもが大きくなった家族やカップルはいろいろと楽しめます。

アクティビティ

絶景のビーチがあるので、そこで泳げますし、時間が全然足りないくらいアクテビティやプラン が充実しています。

動物と触れ合えるところもあるので、小さい子どもも楽しめると思います。

レストラン&カフェ

食べるところも(レストランやカフェなど)いくつかあるので、朝食付きプランにして夕食は日によって変えるのがオススメです。

家族連れはやはりブッフェが一番良いと思いますが、朝食付きプランにすると朝食もブッフェなので、夜は人気の星空cafe に変えてみるというのもありです。

はいむるぶし

何もしなくても良い

ちなみに、我が家はというと、

朝食を食べる
カートでホテル内散策
ビーチを散歩する(少し泳ぐ)
昼食を食べる
部屋の露天風呂に入る
クラブランジでお酒を飲む
夕日を見ながら夕食を食べる
露天風呂に入りながら星を見る

みたいな感じでまったり過したんですが、子連れでもストレスなくこういった過ごし方ができるのは、はいむるぶしのスイートならではかなと。

注意点①:ウェルカムな空気?

知り合いが過去にはいむるぶしで働いていたこともあって、ウェルカムな空気なのか来てほしくない空気なのかを、現地で働く人に聞いてもらったんですね。

僕もホテルに電話して確認を取ったら「例年通りウェルカムな感じなのでぜひお越しください」ということだったので、今回は旅行に行きましたが、同じ沖縄の離島でも島によって違いますし、小浜島でも時期やタイミングによっても違うと思うので、事前に確認にした方が良いと思います。

行って楽しめなかったら残念ですし、何より島の人に迷惑をかけてはダメですしね。

今回、僕が行ったタイミングは、どこに行っても煙たがられることはなく、タクシーの運転手さんとも楽しく話できましたし、石垣空港のスタッフさんも気さくに話しかけてくれました。

もちろん、はいむるぶしのスタッフさんもみなさん接客は素晴らしかったですし、いろんな人種のスタッフさんが子どもとフレンドリーに遊んでくれて(ずっと子どもの名前を呼んでくれていた)最高の2泊3日でした。

注意点②:乗り継ぎと移動

関西空港から直行便で石垣空港まで行き、そこからタクシーに乗って石垣港まで30分、そこから高速船で30分、小浜港から送迎バスで5分で、はいむるぶしに到着しました。

ポイントは石垣空港に着いてから、高速船に乗るまでの時間ですね。

飛行機の遅れや荷物の受け取りに時間がかかった場合などなど、ギリギリだと絶対に船の時間に間に合わないので、船の時間 を確認の上、余裕を持って到着をしておく方が良いです。

もしくは前日は石垣島に泊まって、朝イチの船で小浜島に行くというのもありですが、そもそもはいむるぶしのチェックインが15時なので、早く行ってもいろいろ不便な可能性があります(スイート宿泊者はチェックイン前もVIP待遇かもしれませんが)。

料金はどのくらい?

オーシャンビューバススイートの料金は時期によっても違うので要確認ですが、家族4人(うち子どもは3歳と0歳)朝食付きパックに移動費(タクシー、船、空港の駐車場)や食費(昼、夜)を含めてで50万円、そこからGo To Travelキャンペーンが適応になって40万円くらいです。

ちなみに、今回は子どもの夕食代や宿泊代はかかっていません。

パックによってはかかってくるところがあったりなかったりという状況だったので、はいむるぶしに直接確認をしたところ、3歳でも添い寝であれば無料で、夕食代もキャンペーン中で無料とのことでした。

ここはその都度確認した方が良さそうですね。
 

沖縄のこと、その他の離島のことなど、何かわからないこと、知りたいことなどがありましたらTwitter(@FACTDEAL)で気軽に相談してください!

それでは良い旅を!

はいむるぶし

記事一覧

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルサイトです。 以前から、オピニオンよりのブログ(個人的な情報発信)と写真を融合させたサイトを作れないかと思っていたところ、ベストなWordPressテーマ...

関連記事