米津玄師の『パプリカ』に隠された壮大な裏テーマとは?

うちではほとんでテレビを見ないのでどこで見かけたのかは忘れましたけど、NHKの子ども向け番組「おかあさんといっしょ」で流れていた『パプリカ』という曲。

NHKの2020応援ソングプロジェクトで米津玄師が作った応戦ソングらしいですが、最初の印象は「なんか子ども向けっぽくない曲だなぁ」と「ハネたリズム(特にベース)がカッコイイ曲だなぁ」と「この曲の世界観はなんかクセがあるなぁ」でした。

2020応援ソングプロジェクトとは
 

僕自身ベースを弾いたりするのでリズムやベースラインに耳がいったのだとは思いますし、実際にベースを弾いてみると面白いし難しかったです。

ただ、それを除いてもこの曲はなかなか奥深いというか興味深いんですよね。

 
この曲はFoorin(フーリン)という子どものユニットが歌っているんですが、可愛い声とダンスに対するグルーヴ感のあるリズムとのギャップが何とも言えない心地よさを生み出していて、息子よりも僕がハマりました。
 
で、パプリカをかけたら2歳の息子がめちゃくちゃ歌うし踊るんですよね。

まぁ、この曲で使われているメロディや音階が民謡や童謡などでよく使われているものなので、日本人にとっては馴染みのあるというかDNAレベルで刷り込まれているので当然と言えば当然なんですけど。

そのメロディをヒップホップなどで王道のハネたリズムの上に乗せているので、そりゃ歌いたくもなるし踊りたくもなるかなと。
 

少々マニアックな視点ですが、こういう視点で書いている人いないかなと思って調べてみたら、めちゃくちゃ詳しく書いている人がいました。

米津玄師が書いた“パプリカ”が世代を問わず愛される4つの理由
 

専門的な話もけっこうしているのでわからない部分もあるかもしれませんが、音楽的な解説はこれで十分かなと。

それよりもこの曲について気になった点がいくつかあったので、ネットで囁かれている考察も踏まえつつ僕はその話をしようかなと思います。

パプリカは原爆と平和をテーマにした歌なのか?

冒頭で「子ども向けっぽくない曲だなぁ」と思ったと書きましたが、何かこう違和感というか変な気持ち悪さがあったんですよね。

確かに日本人に馴染みのあるメロディだけど「陰」の要素が強いなと、歌詞とか世界観に目を向けると少なくとも「陽」の曲ではないなと。
 

子どもが歌っているからポップに聴こえるけど、けっこう闇がある曲なんじゃないかと思っていろいろ調べ始めたら、米津玄師バージョンのパプリカのMVに行き着きました。

正直、僕は米津玄師に興味が無くて今までノータッチだったんですが、今回アッサリ「え、コイツヤバイな」と思ってしまいましたね。

 
再生回数ヤバイですね(この記事を公開した時点で4830万回)。

この動画を見て「ああ、こういう切ない世界観だったのか」と思ったわけですが、それプラス「ん?」という違和感があったので、さらにいろいろと調べ始めたらこんな情報が。

このMVが公開された8月9日は長崎に原爆が落とされた日
赤いマントをつけた女の子は原爆で亡くなった子
パプリカの花言葉は「君を忘れない」

などなど、さらにGoogleで「パプリカ 原爆」で検索するとその見解について述べられた記事がいくつも出てくるんですよね。

応援ソングや子ども時代を懐かしむ歌だと思わせといて、裏にそんなメッセージを入れてたのかと思うと、「米津玄師、コイツヤベーな(褒めてます)」ってなります。

彼岸花と鶴

米津玄師バージョンのパプリカは、ヒカキンさんもYouTubeでコメントしていますがアレンジがめちゃくちゃカッコイイです。

なので、グルーヴ(リズム、ビート、ベース)、和楽器の音、こぶしの効いた歌い方などに意識を持っていかれがちなんですが、アニメーションに世界観やコンセプトのヒントが散りばめられているんですね。
 

先ほどの「パプリカ 原爆」で検索すると、いろんな記事でいろんな箇所がピックアップされているんですが、僕がめちゃくちゃ印象に残っているのが「鶴」と「彼岸花」です。

最初に米津玄師バージョンのMVを見たとき、「なんでこんなに鶴と彼岸花が出てくるんや?これはもしや…?」と思ったわけです。

MVの中で何度も何度も出てくるんですが、パプリカの花よりも彼岸花の登場回数が多いってなかなかの違和感ですし、「応援ソングなのに鶴って…?」と。

米津玄師 パプリカ

花火は彼岸花が弾けます。

米津玄師 パプリカ

誰かを弔うかのように彼岸花がはじけ続けます。

米津玄師 パプリカ

そこに鶴も混じります。

米津玄師 パプリカ

男の子の花火からはロケットが出て、赤いマントの女の子の花火からは鶴が出ます。

米津玄師 パプリカ

その直後に男の子の花火からも鶴が出ます。

米津玄師 パプリカ

本物の彼岸花も出てきます。

米津玄師 パプリカ

赤いマントの女の子と一緒に何度も鶴が舞います。

米津玄師 パプリカ

何度も何度も鶴が舞います。

米津玄師 パプリカ

MVの最後にも鶴が舞います。
 

ここまであからさまだと、かなりの高確率で裏テーマは「原爆に関すること」「平和への願い」「戦争を風化させない」で一貫していますよね。

ちなみに、彼岸花自体は死を連想させるもの、何かおどろおどろしいものとして一般的に認知されていますが、実は赤い彼岸花の花言葉には

『情熱』『独立』『再会』『あきらめ』『転生』『悲しい思い出』『思うはあなた一人』『また会う日を楽しみに』

【本当に不吉な花なの?】ヒガンバナ(彼岸花)の花言葉、特徴や種類は?水戸市植物公園園長に聞いてみた!

といった意味があるそうです。

で、鶴はというと「平和の象徴」や「平和への祈り」として認知されていて、行ったことがある人はわかると思うんですが、広島の平和記念公園やその近辺には大量の千羽鶴が祀られていたりします。

戦争を語り継ぐきっかけ

米津玄師自身が何か見解を出しているわけではないので、実際のところはどうか分かりませんし追求する必要もないかもしれませんが、こうやっていろいろ考察をするのは楽しいですよね。

岡田斗司夫さんの『火垂るの墓』の考察とかかなり面白かったですし、こういう裏テーマを探るのがきっと好きなんですね僕は。

 
あなたの『パプリカ』の見解はいかがでしょうか。

ただの応援ソング、流行りの歌と思いきや、実はこういったテーマやメッセージがあるんだよという話を子どもとできれば良いですよね。

戦争の実体験を伝えられる人がどんどん減っていく中で、パプリカのようなポップな切り口が戦争のことを話題にあげるきっかけを作り、風化させない流れになっていくのは良いことだと思います。
 

これがNHKを利用した戦略だとしたら天才ですね、米津玄師。

子どもと楽しく歌って踊って、その後は裏テーマである「戦争」に触れて平和を愛する心を育み、子どもの考える力を養うという壮大なコンセプトだとしたら面白い。
 

PS

あと、印象に残っている部分が、この子どもと赤ちゃんには風の子(赤いマントの女の子)は見えているけど大人には見えていないという場面。

米津玄師 パプリカ

縁側に並ぶ親子三世代、そして赤ちゃんが命のバトンタッチを思わせます。

そして風の子が「日本のために戦ってくれた人がいたのよ」「ご先祖様がつないでくれた命を大事にしてね」といっているようにも感じます。



記事一覧

ハットリシンヤ

マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルサイトです。 以前から、オピニオンよりのブログ(個人的な情報発信)と写真を融合させたサイトを作れないかと思っていたところ、ベストなWordPressテーマ...

関連記事